スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険予知

私は、自動車運転免許を地方試験で取得しました。
教習場には行かなかったので、実技は免除にならず、学科も教則本を買ってきて自学しました。
教則本には、車間距離は20km/hで10m、40km/hで20m、60km/hで60m、80km/hで80mとあったように記憶しています。
今では、車間距離は「速度計の示す数字から15をひいた数」と教えているようです。

私は古い人間なので、60km/hで走っていたら、前の車との距離を60m以上確保しています。
60mという距離はけっこう遠くて、世界は僕のものという感覚にもなるのですが、他者から見ると前の車に付いて走っているようには見えないようで、対向車の右折や交差点からの進入が目の前に繰り広げられることが良くあります。

先日、70mぐらいの車間距離で某国道を走っていたら、信号の無い交差点で右側から10tぐらいのトラックが私の車の前に入ってきました。
私は速度を緩めましたが、そのトラック(1号)の後に同じ会社のトラック(2号)がまた、私の前に無理に入ってきました。
仲が良かったのか、道を知らなかったのか、1号と2号は離れたくなかったようです。

その後、私は2号の後ろを走っていたのですが、何を運んでいるのか知りませんが、50制限の道を40km/hぐらいで走るし、フラフラしているのです。
私はヘタな車が前に居る時は、もらい事故の恐れを減らすために追越すか距離を取るかするのですが、この時は対向車線の交通量が多かったので、さらに速度を緩めて2号から離れて走ることにしました。
次の交差点で、1号と2号は直進したのですが、私の前で信号が赤になったので、私は2号と離れることができました。
これが危険予知運転というものです。


〔回答編〕
それからしばらく(2分ぐらい)走っていると、前方の交差点の先で2号がハザードランプを点けて停まっていました。
抜くときに見ると、2号の前には、右折の方向指示を出したままの軽自動車が前面を大破させていました。
右折車両(軽)と直進車両(2号)とが正面衝突したようです。
双方が赤で進入したものだと思われます。
平坦な直線道路だし、20mぐらい押し戻していたので、2号は50km/h以上出していたのでしょう。

ちなみに、1号の姿はどこにも見当たりませんでした。
あれほど慕われていたのに、ちょっと薄情だぞw

スポンサーサイト

Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【危険予知】

私は、自動車運転免許を地方試験で取得しました。教習場には行かなかったので、実技は免除にならず、学科
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。