スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2010鑑賞(013:元気)

「013:元気」(TB~236)。

013:元気(冬鳥) (ことのはうた)
絵本のクマ、ハリネズミに会う かげろうを追いかけて池に落ちる。
元気で。


ある日、ハリネズミがクマの家を訪れました。
「住む所に困っているので、クマさんの家に一緒に住ませて欲しい。」
クマは自分の穴ぐらの家に、ハリネズミを招き入れました。
でも、クマの家は狭いので、ハリネズミが動くたびに無数の針がクマの体を引っ掻くのでした。

ハリネズミは裁縫が得意だったので、特技を活かしてブティックの仕事をしていました。
「あと3人お客さんが来れば、いつもお世話になっているクマさんに美味しいハチミツをご馳走してあげることができる。」
今日も、店頭に飾る商品をせっせと縫い続けていました。
ひとり またひとり お客さんが来て、夕方にはようやく目標の売上げを達成しました。
帰りにハニーショップに寄ってハチミツを買い、綺麗に包装してもらいました。
家に着くと、家の前に張り紙がありました。
『しばらくたびにでます。かさぶたがなおるまで。(クマ)』
ハリネズミはその場に立ちつくし、泣きました。
ハリネズミの涙は、一夜のうちに池になりました。

クマは、家に張り紙を残して自由の旅に出ました。
そのようなクマの前に、かげろうが飛んできました。
クマは、ふわふわしたものが好きなので、かげろうを追いかけて行きました。
どこまでもどこまでも、かげろうの後をついて行きました。
足元に注意を払わないまま。

〔中略〕 ~この段落は、R15指定につき公開できません~

クマさん、お元気で。


冬鳥さんの歌、絵本の世界が三十一文字に凝縮されていて、とても新鮮でかつ心が洗われる気がしました。
物語の骨格がしっかりしているので、そこから想像力を働かせて世界を広げるのは少し難しかったですw

以前、当ブログにおいてモグラとヤマアラシの話をしましたが、そこではヤマアラシはわがままな役回りでした。
ハリネズミのもつイメージは、どう見ても「災難」だと思うのですが、欧州では幸せの象徴とされているようです。
かげろうとは、ふわふわしたもの。
『せっかく手に入れた幸せを手放し、いつもふらふらしているようでは足を掬われる。』
そのような観点で鑑賞してみました。
楽しかったですw
スポンサーサイト

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Re:

こんばんは
またよろしくお願いします
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。