スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書週間 二日目(その2)

矢口敦子 著 『家族の行方』
矢口作品というだけの動機で借りてきた本書。
氏の初期の作品なので、いろんなことへの挑戦は読みとれるのですが、『償い』を読んだ時のような衝撃はありませんでした。
ミステリーとしての効果を狙って物語の進展に伴って文章を変化させているようですが、矢口文学の最大の特徴である文章自体の持つ「優しさ」が、後半になってようやく出てきたのが惜しいです。
本書では、私は読みながらもっとすごい事を考えていたのですが、びっくり結末ではありませんでした。
いくつかの「謎」がすべて繋がっているわけではなくて、最後は、「さらにこの後日談があるにしても、いまはまだ語るときではない。」と、締めくくっています。
ちょっと、気になる(笑)
スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。