スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠blog2010 091~100の解説

091:旅 『10年の旅券を取得できたから釜山の街でお茶会をする』
私、この年になるまで海外に出たことが無かったのですが、この度晴れてパスポートを取得しました。
海外出張が入りそうだったのですが、出張の予定は無くなり、パスポートが残りました。
さて、どうするか(笑)

092:烈 『烈風が春にデニムのスカートの少女を飛ばす天狗の団扇』
春霞の空を、少女が飛んでいました。
ふわふわと、楽しそうに。
あまり高く飛ぶと、僕の手が届かないよ。

093:全部 『哀しさも辛さも全部抱きしめていつも隣りで笑っているよ』
ゴールがすぐそこに見えてきたからか、お題消化の歌になってしまいましたw

094:底 『底抜けに明るい僕に隠された底があるのを君は知ってた』
「苦しさはその苦しさを経験した人にしかわからない」と言う人がいます。
しかしながら、哲学の世界ではソクラテスの時代から「対話による経験の共有」を重視しています。
話を聞くだけで経験を共有できて、その分人間としての幅が広がるわけでもないのでしょうけれど、少なくとも、話を聞いてもらうことによって苦しさが楽になるということはあると思うのです。
もうひとつ、「ピエロにはピエロの苦悩がわかる」ということ。
ステージでは明るく振舞っていても家に帰ると撃沈するピエロは、この話を仲間にしたとき、仲間のピエロは「知ってた」と言いました
人は、自分と同じような人と一緒にいるだけで安心できるのです。
自分のことを深く理解してくれる人と巡り逢うことは、このうえなく幸せなことなのです。

095:黒 『黒猫の眼に黒猫は虹色に見えると猫が教えてくれた』
お題は、「黒」。
・カラスは、昔は神様の使いの白い鳥でした。
ところが、欲張っていろんな色で自分を飾ったために、体が黒くなってしまいました。
そういうことがあったので、カラスの網膜にはカラスの羽毛が虹色に映るのだそうです。
他の動物には、カラスは黒色にしか見えません。
・シマネコは、私に言いました。
以前、居酒屋でマタタビ酒を飲んでいたとき、隣りに座った黒猫が僕に話しかけてきたんだ。
黒猫が黒猫に惹かれるのは、黒猫は、自分と同じ黒猫の良さも悪さもすべてを理解し受け容れることができるからなんだって。
僕なんか三日前の恩も忘れてしまうんだけどね。
・私は思いました。
シマネコには、自分と同じシマネコの心が澄んでいるのが見えているんだろうな。
シマネコが私に教えてくれたことによって、私にも黒猫の良さが理解できそうな気がしたのです。
なお、歌と解説に科学的な根拠はありませんw

096:交差 『離れてもほとんど同じ核酸の螺旋が交差している僕ら』
DNA(デオキシリボ核酸)は、絵に描くと離れたり交差したりしているように見えますが、三次元的には二重螺旋構造です。
離れていても、交わることがなくても、繋がっているのです。

097:換 『来年はふたりで来ると言ったのに今年もひとり花換えの道』
来週はふたりで行くと言ったのに桜は散って風のいじわる

098:腕 『二の腕の「陸王命」の刺青は三日に一度張り替えている』
シールは貼るものですが、命は張るものです。って、誰も聞いてない?
一生消えないのも三日毎に貼り替えるのも、どちらも永遠です。

099:イコール 『君からのコイコイコール無いままに釣ッタ魚ニ餌ハ要ラナイ』
ここまで解説を読んでいただいた人には、「コイ」には「来い」と「恋」と「鯉」の意味があるのがわかりますよね?
私に「イコール」で詠む力量が無かったこともわかりますよねw

100:福 『運命の人なら何があろうとも最後にふたり幸福になる』
"ふたりで幸福になりたいものだ"とか、"ふたりは幸福になるに違いない"という願望とか推量の歌にしたかったのですが、最後なので断定で終わることにましたw


長きにわたり、駄文へのお付き合いありがとうございました。
皆さまに幸せが訪れますようお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。