スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完走報告(陸王)

完走しました。
百首を読み返してみて、自分でも暗い作品が多いなぁと思います。
最初の頃は、どうしようかとまで思ってました(笑)
たぶん、この作風は2010限定で、来年はまた違った陸王を紹介できるかもしれません。

好きな歌、七首。
005:乗、013:元気、045:群、060:漫画、086:水たまり、090:恐怖、095:黒。
ちなみに、「060:漫画」を除いて全てフィクションですw

長い間、ありがとうございました。


001:春
立春と云えども芽吹く気配さえなく携帯をあけてはとじる

002:暇
いつも貧乏金なしと言っているくせにとっても暇なあのひと

003:公園
寒空に窓のあかりが消えるのをワン切りし待つ児童公園

004:疑
一枚の領収書から膨らんだ猫の尻尾のような疑問符

005:乗
乗るバスを間違ったひと 乗車券失ったひと 旅に出ようか

006:サイン
秘め事のサインを決めていないから言わなくていい繰り言ばかり

007:決
アブラムシ根こそぎ落すおくすりを買ってください決別します

008:南北
南北の河は水浴びする子らの姿もなくて38℃

009:菜
肩ならべきみが野菜をカゴに入れぼくが支払うだけのしあわせ

010:かけら
目の前にぶら下げられた据え膳にけしかけられていたのはわたし

011:青
青い鳥みつけたけれどぼくだけが幸せなのがすごく悔しい

012:穏
独房の灯り落として携帯の電源切れば静穏なとき

013:元気
きみのいう元気は所詮ひとり聴く中島みゆきと似たメカニズム

014:接
プリンタをうまく接続できなくて印刷キューはまるく膨らむ

015:ガール
喉元を過ぎればオバマガールズもわたしのことも忘れ去られる

016:館
入館券欲しかったけど子どもには無理だと領事さんが言ってた

017:最近
氷河期の訪れを聞き三百年恋をしたことのない最近

018:京
京友禅竿に通してチマチョゴリ箪笥に仕舞う二十五の春

019:押
苛められ泣いて帰った三日後の朝の記憶を押し花にする

020:まぐれ
たわむれにきせてみましたあいけんにきみとおそろいまぐれがのしゃつ

021:狐
かつて轢き殺めた狐。狐には嘘はつけない、騙せはしない。

022:カレンダー
3年後 用済みになるマヤ暦のカレンダー あと 今の旦那も

023:魂
会えない日には人魂で来るけれどちゃんと話を聞いてあげてる

024:相撲
ほんとうは仲良くしたいだけなのに意地を張り合いひとりで相撲

025:環
近づいてしまうと何も見えないよみんな土星の環になってあそぼ

026:丸
「おうさまは 丸はだか」とか「たんじょうび おめでとう」とか穴を掘ってる

027:そわそわ
そわそわ星生まれの君は百光年離れた僕に短期滞在

028:陰
携帯の飾りを替えていないかと椰子の陰から目を凝らし見る

029:利用
利用していただけだったと言うきみの眼には涙がつるつるいっぱい

030:秤
秤量法百三条の計量器検査基準を遵守して恋

031:SF
「今、紀元何年ですか?」街頭で人に聞かれてSF気分

032:苦
苦しさは掌(たなごころ)からあのひとの左頬には移らなかった

033:みかん
「この蜜柑 食べてみかん?」の一言に君は心を閉ざしたままで

034:孫
孫ができたら抱いてみて足の裏には「大」の字を落書きしたい

035:金
鉄の斧落としたと言うきみのため純金の斧贈り続ける

036:正義
風船に「正義」と書いて放したら空まで飛んで壊れて消えた

037:奥
つなぐのもさしのべるのもあげるのもかすのもみんな有為の奥の手

038:空耳
「好き」だとか「お礼に顔をお食べ」とか「もう会わない」もたぶん空耳

039:怠
走ること怠けたぼくはもう足を止めてたきみの背中を小突く

040:レンズ
レイバンのレンズの傷は夏の日の事故でわたしを護った証

041:鉛
携帯のアドレス帳に彼の人の連絡先を鉛筆で書く

042:学者
科学者が恒温槽で玉子茹で黄身のことだけ考えている

043:剥
指先の傷は3日で治るけど癒せぬ痛み瘡蓋を剥ぐ

044:ペット
駅裏のペットショップで成獣のベンガル虎がわたしを見てた

045:群
南極で道に迷えば明後日の方向示すペンギンの群れ

046:じゃんけん
じゃんけんをしたことはない ゆびきりをしたことはある 変わらないもの

047:蒸
ストーブの蒸発皿に牛乳を入れれば銀杏並木が香る

048:来世
来世にてきっと一緒になるようにヒトとしてまた生まれるように

049:袋
もしもいま四次元袋があったならもしもボックスでやり直したい

050:虹
虹を架けたいので水と屈折と光の邪魔をせず引きこもる

051:番号
電流と鉄条網に囲まれて番号で呼ぶ愛しのあなた

052:婆
海辺でのデートの帰り高速で追い駆けてくる老婆伝説

053:ぽかん
あのひとに捨てられた訳わからずにぽかんと口をあけてる埴輪

054:戯
「フランスパン殺人事件」戯曲読み演じてみれば残るパン屑

055:アメリカ
アメリカに行くためフカを並ばせた兎は羽田沖で疲れた

056:枯
最後まで残されたサボテンも枯れ棘が生ゴミ袋を破る

057:台所
もう眠るから台所洗剤を使いシャネルの指輪を外す

058:脳
表情に出さないけれど脳にしわ寄せいつまでも忘れはしない

059:病
はじめてのおつかいのときネギとヤギ間違えてからぼくは臆病

060:漫画
5才児の頃に作った漫画本読んで笑ってくれた5才児

061:奴
爺ちゃんは大好物の冷奴食べて突然さし歯を折った

062:ネクタイ
ネクタイを頭に巻けば思い出す運動会で落としたバトン

063:仏
仏滅は一割引になるのよと意中の人に電話する姉

064:ふたご
どうしたら?ぼくのふたごのいもうとは幸せになることができるか?

065:骨
姫さまのためにクラゲの骨探す海に居たのは初恋の人

066:雛
雛壇の二段目という束の間の平和を守る五人の戦士

067:匿名
密室や凶器や不在証明がトリックな匿名のともだち

068:怒
君のため畑の瓜を盗ったから僕は追われた怒らないでね

069:島
あの島にいるとうさんにあいたくてどうぶつえんをぬけだしたぼく

070:白衣
前世紀 理科の教諭のものまねに白衣を着てた子は二児の父

071:褪
色褪せた服にビールが効くようにどうか戻ってきてくれないか

072:コップ
「スコップ」は英語で言えば「掬う」だと教えてくれた雪かきの日に

073:弁
弁護士と会社社長と役人は好きになれない、不正義なひと

074:あとがき
あとがきにさくらのさいたほうこくとこのさきずっとまってるとかく

075:微
誕生日にはお願いをひとつだけ叶えると聞き君は微笑む

076:スーパー
きみの唇に醤油が匂い立つスーパーからのかえりの車内

077:対
君のこと以外は「特殊相対性理論」すらもう信じない僕

078:指紋
十対の指紋を焼いて焼け跡に別の指紋が生えるといいな

079:第
天竺で逢った第一印象は変わらぬ僕と変えない君と

080:夜
白昼に蝋燭を消す誕生日夜は独りでサザエさん観る

081:シェフ
長いほど邪魔になるだけシェフ帽のようねあなたと過ごした時間

082:弾
きよみずのいちねんまった桜よりきれいな笑みにこころ弾かれ

083:孤独
寂しさを共有できたあのひとのために生きたい 孤独ではない

084:千
僕に針千本じゃなく包丁を買っておいてね無駄になるけど

085:訛
「おおきに」は訛ではなく京ことばだというきみにカムサハムニダ

086:水たまり
旅立った日の水たまりガソリンに浮かんだ虹がきらきらひかる

087:麗
八十を過ぎた今まだ二十本歯が残ってるわたしは綺麗

088:マニキュア
マニキュアを塗ってもらえばストレスも時間も恋も全て忘れて

089:泡
叶わない恋より海の泡になる人魚のようにあなたを守る

090:恐怖
死神がわたしを迎えに来た恐怖もう嫌だからあなたが欲しい

091:旅
10年の旅券を取得できたから釜山の街でお茶会をする

092:烈
烈風が春にデニムのスカートの少女を飛ばす天狗の団扇

093:全部
哀しさも辛さも全部抱きしめていつも隣りで笑っているよ

094:底
底抜けに明るい僕に隠された底があるのを君は知ってた

095:黒
黒猫の眼に黒猫は虹色に見えると猫が教えてくれた

096:交差
離れてもほとんど同じ核酸の螺旋が交差している僕ら

097:換
来年はふたりで来ると言ったのに今年もひとり花換えの道

098:腕
二の腕の「陸王命」の刺青は三日に一度張り替えている

099:イコール
君からのコイコイコール無いままに釣ッタ魚ニ餌ハ要ラナイ

100:福
運命の人なら何があろうとも最後にふたり幸福になる

101:みやげ
東ティモールのおみやげと同じ匂いのあのひとを誰か助けて
スポンサーサイト

お疲れさまでした

こんばんは。
完走おめでとうございます!
今年の短歌は暗かったと陸王さんは仰っているようですが、私には今年の短歌はとっつきやすく感じました。
読みごたえがありましたw

陸王さんの今年の短歌で私が気に入ったものは、009、059、074、090、094、100です。
100の福の短歌は、これぞ締めくくりって感じの短歌でスッキリしましたw
今回も101があるんですねw
みやげ・・・何故に?

題詠blog2010、お疲れさまでした。
この先の記事がどうなるのか、春菊の陰から見守っています。(ただ今5ミリサイズ)

のーさん

こんばんは
毎度のご愛読ありがとうございますw
選んでいただいた歌に、プチ解説をつけます。

009:菜 『肩ならべきみが野菜をカゴに入れぼくが支払うだけのしあわせ』
この歌はけっこう人気が高くて、西中眞二郎さん、斉藤そよさん、鳥羽省三さん、夏実麦太朗さん、理阿弥さんにも選んでいただきました。
テーマは「肩をならべるだけのしあわせ」です。
手をつないだり鍋をつついたりデートしたり、いろいろな幸せがありますが、それらに勝るとも劣らない「日常」という幸せのことを考えながらこの歌を詠みました。

059:病 『はじめてのおつかいのときネギとヤギ間違えてからぼくは臆病』
お題に投稿された作品を読めば、その多くが何らかの「病気」を詠むものでした。
私はあまのじゃくなので、「病」とは言えない「臆病」、「臆病」とは言えない「うっかり」を、お笑いの歌に仕立ててしまいましたw
ヤギを連れて帰ったときの光景を想像すると、けっこう笑えます。

074:あとがき 『あとがきにさくらのさいたほうこくとこのさきずっとまってるとかく』
解説のようなものをほきいぬさんのコメントレスに書きましたが、この歌の狙いは「ふわふわ感」のようなものです。
あとがきは続編のはじまりですね。

090:恐怖 『死神がわたしを迎えに来た恐怖もう嫌だからあなたが欲しい』
これは、百首のなかで最も悲しい歌です。(第二位は「086:水たまり」です。)
歌として成立させるために「あなたが欲しい」としましたが、ほんとうに書きたかったのは「生きて行きたい」なのです。

094:底 『底抜けに明るい僕に隠された底があるのを君は知ってた』
私の詠む歌には二重構造になっているものがいくつかありますが、この歌は二重底を明示的に扱ったものです。
じつは、095の黒猫の歌と連作になっていて、「わかる人にはわかる」というのがテーマです。

100:福 『運命の人なら何があろうとも最後にふたり幸福になる』
このお題では、"福井"を詠み込みたかったのですが、安直に"幸福"としてしまいましたw

今年の百首は、口語体・現代カナ遣いに拘りましたが、これでは表現の限界が浅いような気がしています。
でも、もう一年、来年はびっくり短歌を目指したいものですw
なお、101番を「みやげ」にしたのに意味はありません。
「東ティモール」では詠み難いからです(笑)
Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陸王さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 陸王さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 009: 菜 肩ならべきみが野菜をカゴに入れぼくが支払うだけのしあわせ 026:丸 ...

陸王さんの百首から

056:枯  最後まで残されたサボテンも枯れ棘が生ゴミ袋を破る 003:公園   寒空に窓のあかりが消えるのをワン切りし待つ児童公園 008:南北   南北の河は水浴びする子らの姿もなくて38℃ 009:菜   肩ならべきみが野菜をカゴに入れぼくが支払うだけのしあわせ 054:戯...
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。