スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2009鑑賞(030:牛)

「030:牛」(TB~207)。

030:牛(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
後ろから牛が来てます失った思い出だとか背負っております

ひとは誰も、背後にウシを連結しています。
3歩歩めば、ウシも同じ間隔でもれなく付いてきます。
走って逃げても、振り向けばそこにウシw
で、そのウシがいつも自分では見ることのできない私の背中を見ているものだから、私以上に私のことを良く知っていたりします。
嫌だなぁ。
そんなのが嫌なので、私は滅多なことでは振り向きません。
でも私には、あなたの背中も、あなたの背後のあなたのウシも見えてしまうのです。
自分のことでさえわかりたくないのに。
スポンサーサイト

小賢しい名前で失礼いたします。
この度は拙作を取り上げていただきありがとうございました。またその深い解釈に深い感銘を受けました。
まだ駆け出しのドのつく素人ですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

纏亭写楽さん

こんにちはw
いやいや、たいへん面白い歌でした。
できれば人の背中って見たくないものです。
人のしっぽには、毒がありますので(笑)

017:解(陸王)
できるならこっちを向いて
君の尾に合う解毒剤持ってないので
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。