スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2009鑑賞(025:氷)

「025:氷」(TB~168)。

025氷 (惠無) (なんでもない一日)
なぜそれが氷屋さんかわからずにひっくり返した三輪車


とても懐かしい匂いのする歌です。
子どもの頃特有の、自分の知識の浅いことからくるいたいけな残酷さ。
ひっくり返されたほうはおそらく覚えていないはずなのに、あのときの三輪車はかき氷機に見立てられていたことに気付いた時の、ひっくり返したほうにいつまでも漠然と残る後悔の念。
おとなになってふと思い出す、あの時の子はどうしているだろうという感覚と、自分は優しくなかったという想い。

人は、辛かったことを経験したとき、それらにちゃんと向き合い反省すれば、人に優しくできるようになります。
人のせいにしないこと。人を恨まないこと。
この積み重ねが自らに幸せをもたらすと、私は信じています。


~もうひとつの昭和風解釈~
昭和40年代のころ街中には氷屋さんがあり、大きい氷をのこぎりでカットし、オート三輪の荷台に積んで配達するという光景がありました。
そのようなことから、ダイハツミゼットなどのオート三輪には、氷屋さんのイメージがあります。
その子は三輪車の後部に小さい箱を置いて氷に見立て、氷屋さんごっこをしていました。
でもわたしには、三輪車が氷を積んだオート三輪とはつながりませんでした。
仲良く遊んでいたのに、遊びが理解できなかったわたしは三輪車をひっくり返しました。
そのような子どもがそのまま大人になると、星一徹の称号が授けられますw

なお、オート三輪は よく横転したと言われ、この遊びは力学的には正しいのですw
スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。