スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完走報告(陸王)

今年は一ヶ月半で百首を詠み終えました。そのおかげで、残り2ヵ月を遊んで暮らすことができました。
「心の共有」をテーマとして、心象を素直に表すことばを選びました。
できた短歌は、私が感じたことや経験したことを切り取った備忘録になりました。
そのようなわけで、比喩、押韻、繋がり、リズム、もののあはれ、オノマトペ、これら短歌の基本を全く無視したものばかりです。
今後の課題ということにしておきましょう。

一番好きな歌 048:逢
一番最初に浮かんだ歌 100:好
実話そのものの歌 035:ロンドン
製作期間の一番長い歌 086:符
ちょっと面白いと思った歌 052:縄
特に意味の無い歌 073:マスク、他 多数
転機となった歌 030:牛、047:警、066:角、077:屑、そして、皆さまからのあたたかいおことば

長い間、ありがとうございました。


001:笑
はじまりの君は笑っていて好きのまま終わるのが私のねがい

002:一日
十七時五十五分をフクロウが告げ一日が終わり始まる

003:助
ウミガメを助けたはずが気がつくと私のほうが救われていた

004:ひだまり
ひだまりで君に寄り添い寝る猫に 勝負挑めば勝てるだろうか

005:調
調子乗りと言はれて今日も木の枝を振った私の手に枝は無く

006:水玉
愛らしいクマの刺繍の白いとこ埋める水玉模様のわたし

007:ランチ
アンティークドォルのごとく澄んだ眼をランチタイムのカフェでみつめて

008:飾
飾らないことと天然入ってることに相違はあるのかないのか

009:ふわふわ
風邪を召しふわふわ夢見てる君にただいちどだけものを言はばや

010:街
クリスマスに華やぐ街のパーティーに賑わう店で孤独なわたし

011:嫉妬
世の中の平和をまもるヒーローの辞書に「嫉妬」の項目は無い

012:達
「友達」の 歌をわすれて 冬の日に ぬくもり残し 独り冷たく

013:カタカナ
歌姫は伊太利の香り漂えどオーケストラの音はカタカナ

014:煮
評判の関東煮(おでん)を前にサラダ食(は)む君を見ていて元気になれる

015:型
太いとか短いと人を笑うけど血液型のO型なひと

016:Uターン
牡(おす)馬をつなぐ椿の木をもとめUターンする北国街道

017:解
できるならこっちを向いて 君の尾に合う解毒剤持ってないので

018:格差
原子間距離ヲ縮メテ星ト星格差ヲ埋メリHe-3(ヘリウムスリー)

019:ノート
このノート M子が持っていてほしい 2ヵ月だけの交換日記

020:貧
世の中に似て非なるものあまたあり 「貧」と「貪」とか 「姉」と「柿」とか

021:くちばし
浅底の皿くちばしでスープ飲む君の力になれない私

022:職
転職の神殿へ行きケーキ屋になりたいときの「はぴばあすでい」

023:シャツ
シャツの襟片方だけが立っていること直すのはわたしだけなの

024:天ぷら
遠足にアイスクリームの天ぷらはお菓子じゃなくておかずじゃなくて

025:氷
白雲と夕日の小さじ半分に氷を浮かせ桃のチューハイ

026:コンビニ
コンビニで水着ギャルには目もくれず「ウコンの力」求めゆく朝

027:既
既視感と心理学者は云ふけれど次の場面の予言もできる

028:透明
透明になれたとしてもいたずらにしか使えないことのあさはか

029:くしゃくしゃ
くしゃくしゃの文(ふみ)てのひらで伸ばしてはあとにもどれぬもとにもどれる

030:牛
明晩の牽牛のため精をつけ 7月6日はカルビ記念日

031:てっぺん
幸せのてっぺんのとこ豆粒のしこりがあってつまんでもいい?

032:世界
松の木にしるしをつけたそのあとの記憶が飛んだ世界の果てで

033:冠
前向きに倒れたキミへのごほうびと蟹の鎧に冠(かんぶり)添えて

034:序
5回ほどワープ航法入ります 順序を追へど所要2時間

035:ロンドン
吾 試験勉強をする庭先で ロンドン橋の歌唄う母

036:意図
7月の君独創なデザインのドレスに蜘蛛の意図は絡まる

037:藤
ぼくらより背丈の低い先生がようやくできた藤のむらさき

038:→
隙開けて見れば田鶴の機織りてをり携帯の→(はっしんりれき)

039:広
広角のレンズでアタシを撮らないで クッパ大王の顔になるから

040:すみれ
ともだちのままいたいからわがままを告げられぬまますみれ花咲く

041:越
僕が引き君が押したら勢いで車止め石越えた後退

042:クリック
この歌を読まれた方は[拍手]ボタンクリックしてねお願いします

043:係
近ごろの恋愛小説においては階乗数の関係ありて

044:わさび
チューブ入りのやつほんとは本わさびじゃなく山わさびって知ってた?

045:幕
幕の内弁当梅とアジフライ取換へて行く海ラララライ

046:常識
常識をくつがへすうた詠めるのが短歌初心者かなラララライ

047:警
林檎食べ白馬の王子待つ姫の眠りを覚ます「警笛ならせ」

048:逢
逢えたからとてもしあわせだったからわたしはひとり京都へ行くの

049:ソムリエ
うどん屋の隣にできたフレンチのソムリエさんてどういう漢字?

050:災
胸元の火災報知器押したならベルが鳴るとか思ってらして?

051:言い訳
このお題ひらがなで応募したんだよねぇ、ぶつぶつとごちる言い訳

052:縄
縄文の地層のなかに探してたぼくの上履きやっと見つけた

053:妊娠
妊娠のお題、男子は外へ出てソフトボールで三振・四球

054:首
首肯く(うなずく)を首傾く(くびかたむく)と読みそうな勢いのある首相がんばれ

055:式
一期なる星人式の二次会は地球遠征乗り遅れし僕

056:アドレス
意味の無い覚えられない特別なアドレスにしたスパム野郎め

057:縁
白無垢でほほ笑みし君 今 昼の光の色に縁側で笑む

058:魔法
さみしさのきみには雨をすきになる魔法をかけてみたいと思ふ

059:済
ちょっといま手が離せない元彼の清算済ませ掛けなおすから

060:引退
「さようなら、引退します。」満月を見上げる度に姫の呟く

061:ピンク
ピンクとか青とかのやつ10円で市内であれば何時間でも

062:坂
坂転げ落ちてくる君見て指を咥えていたら夢から覚めた

063:ゆらり
静寂の海に鎮めてもらはむや心ゆらりとしそうになるを

064:宮
いにしへを思ひて花の散りゆけば可愛き君の古都松の宮

065:選挙
衆議院議員選挙のポスターはフーイズヒーがふたりの話題

066:角
しみこんで膨張してはとろけゆく角砂糖など昔のものね

067:フルート
演奏会迫りたるらむニット帽歩きながらにフルートを吹く

068:秋刀魚
ペンギンのバケツになってめぐらせる秋刀魚と鯵とどちらが好きか

069:隅
片隅に大切にしまい込みいまもそこを動かず無数の菌糸

070:CD
CD(クリスチャン・ディオール)の服裏側に着てしまう朝B面の歌

071:痩
「ちょっとだけ痩せたのよw」って青白き君にジャスコで電池を買へり

072:瀬戸
「瀬戸焼は美味しいですか?」先生と大人の話したい十歳

073:マスク
「マスクマンだぞ~」ってわたしを笑わせる、けど、それ、ちょっと、マジ笑えない

074:肩
肩触れることより明日の雪のこと話弾んで雨の日は好き

075:おまけ
君がぜひ欲しいと言ってた風船のガムのおまけについてきちゃった

076:住
10分で行けるけどもう10年間行くに往けない君の住む町

077:屑
千万のときを越え来し瞬(またた)きは満天の屑、ひとつの希望

078:アンコール
しっかりと聞こえたけれど 頬つねるのは嫌だから、ねぇ、アンコール

079:恥
賢人に混ざり自ら恥っ子と言ひつ転がるきみは紅顔

080:午後
午後を切り取るなら720分DVDに丁度収めて

081:早
文盲のオモニは「早くきてねぇ」としたため里は若芽の香り

082:源
電源はしっぽを引くと入るけど電池切れまで止められないの

083:憂鬱
そういえば背びれ5枚目右側にペンで憂鬱って書いてあった

084:河
70's宇宙銀河の煌きを吾輩の仔に太陽の塔

085:クリスマス
クリスマスケーキにろうそく挿しゆけばイヴの終わりてあと五百本

086:符
点付けただけで五割増量の音符のような藤岡弘、

087:気分
恋人がデュエットすれば別れると伝わる「恋の電気分解♪」

088:編
編み針に心を映しあのひとへ想いはふかく眠りにおちる

089:テスト
偽りの優しさ溢る我まるで既婚者アリのミスコンテスト

090:長
水滲みた長ぐつのなか肉球のすき間を埋める音の楽しさ

091:冬
半袖の服一枚でよく冷えたびぃる一気に呷っても冬

092:夕焼け
この夏は一生忘れることのない夕焼け空に逢いたいものだ

093:鼻
偽りに伸びた鼻の木よじ登り打倒巨人にジャックとふたり

094:彼方
ごわごわのラッコの上着手に入れてきみと別れた宇宙の彼方

095:卓
門前でピンポンしては夕暮れの黒猫大和の卓球部員

096:マイナス
襟足のマイナスイオン惹かれないように座席のベルトを締める

097:断
男装の婦人の断層写真には悔し紛れに立てた中指

098:電気
電気飴(わたがし)を縁日の夜に事務的にたゞ忠実に作る機械人形(ろぼっと)

099:戻
長旅を終えて戻ってきた鳩に緑の豆を山盛りにする

100:好
これほどに長きを生きてふたたびの伝へしことば好きですあなた

スポンサーサイト

No title

おはようです。
完走おめでとうございます!
速いですね、僕なんかまだ3分の1w

DILIさんの歌は、僕にとっては不思議短歌が多いです。
だから、一言添えてある解説を見て、勉強させてもらってます。
でも、僕は詠めそうにないですw

今日、改めて百首見てみると、

> 072:瀬戸
> 「瀬戸焼は美味しいですか?」先生と大人の話したい十歳

が一番好きかも。

明日からはどんなブログになるのか、楽しみですw

hokiinuさん

こんばんは。
去年は、とりあえずのものができたらそれで良しとしていました。
今年は、実体験とひらめきをテーマとして、いくつかは納得のいくものもできました。
でも、基礎を勉強する気が無いので、まともなものは詠めません。

短歌鑑賞の記事は二百首もの歌をすべて読むので時間はかかりますが、とても勉強になります。
まだ016なので、あと半年でどこまで進めることができるでしょうか。

なお、来週以降のブログの方向性は、まだアイデアすらありませんw
また、公募しようかな(笑)

完走おめでとうございます。

長旅、お疲れさまでしたv-275
確かに去年の短歌とは違いますね~。
いろいろと妄想させていただきました☆

こうして見ると、陸王さんの短歌は誰かに話しかけるような歌が多いですね。
なのに解説がついてても難解なものも多いという、不思議な短歌ですw

058、099が好きです。
そして022が麦太朗さんに選ばれて嬉しいですw
ちなみに私は、雨が降ると優しい何かに包まれるような気持ちになります。
ほっとします。

のーさん

漏れると地球の平和が大変なことになりますので、本心は極力隠してますw
解説も種明かしではないものが多く、そのような解釈もできるということでww
なにか解っても内緒にしておいてくださいe-319
Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陸王さんの歌

題詠blog2009を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 陸王さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 ☆006:水玉 愛らしいクマの刺繍の白いとこ埋める水玉模様のわたし 016:Uター?...

陸王さんのうた

陸王さんの歌から8首。 021:くちばし 浅底の皿くちばしでスープ飲む君の力になれない私 024:天ぷら 遠足にアイスクリームの天ぷらはお菓子じゃなくておかずじゃなくて 057:縁 白無垢でほほ笑みし君 今 昼の光の色に縁側で笑む 058:魔法 さみしさのきみには雨をすきに...
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。