スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2009鑑賞(010:街)

「010:街」(TB~187)。

010:街(ノサカ レイ) (のーずのーず)
少しずつ街を追われていったのです 最後のグスクも失いました


ノサカさんは、私の短歌のお師匠さんです。
ノサカさんがブログで短歌を公開しているのを見て、私は短歌の世界に右足を踏み入れました。
ノサカさんは常々、「短歌は元来、恋文である」と言っています。


さて、グスクとは、沖縄ことばで「城」のことです。

1609年、薩摩藩は明(当時の中国)との交易利権を狙って琉球へ侵攻、3月26日に沖縄本島に上陸し、4月1日には首里城にまで進軍した。4月5日に首里城は墜ち、琉球王国は薩摩藩の付庸国となった。
その後も琉球は独自の国と文化を維持していたが、1871年の廃藩置県によって鹿児島県の管轄となり、1879年の琉球処分により沖縄県が設置され、王統の支配は終わった。
第二次世界大戦では、1944年10月10日の激しい空襲によって那覇市の90%が壊滅し、1945年4月1日に米軍は55万人の兵力で沖縄本島に上陸し、すさまじい砲撃と空襲を加え進攻してきた。そこでは壮絶な地上戦が行われ、多くの一般人も戦闘に参加し日本軍と共に亡くなった。実質的な戦闘は7月4日に終了し、9月7日に降伏文書が取り交わされた。(出典:Wikipedia)


陸王作の突然詩「弁証法」

わたしが恋をするなら、ヘーゲルのような恋をするでしょう。
家に帰ってひとりになったら、あのひとのことを考え続けることでしょう。
あのひとが、わたしのことを世界の誰よりも好きで、
あのひとが、わたしのことを世界の誰よりも嫌っていて。
でも、このような恋は、恋とは言えないのでしょう。

わたしが恋をするなら、ヘーゲルのような恋をするのです。
家に帰ってひとりになったら、あのひとのことを考え続けるのです。
あのひとと、いつだって一緒にいることができて、
あのひととは、滅多に会うわけにはいかなくて。
あ、これなら、恋かな。
心が通い合っているのを確かめることができたら、恋と言えるのかも。

あのひとがわたしの心のなかにどんどん入って来て、
あのひとの心が私からどんどん離れて行って。
でも、楽しかったことは忘れても、幸せというものは忘れることはない。
いつだって、君と一緒に歩く。


さて、恋の歌人 ノサカ レイさんの「010:街」の歌。
大切なものをひとつまたひとつ失ってゆくことの哀しさが読み手の心を打つ、たいへん素晴らしい歌だと思います。
これを恋の歌であるとした場合、上の詩の一部分に相当するのでしょうか。
短歌は、一首だけを取り上げて鑑賞なんてできないということです。

参考記事:ヘーゲル弁証法(Always Walking with Yu)
スポンサーサイト

No title

こんばんは。

これまでDILIさんの鑑賞されている短歌を見ていて、私の短歌がたった一つとして取り上げられることはないだろうなと思っていました。
私の短歌はDILIさん好みのキラキラしたのが、少ないんでw
って思ってたのに、まさかこの短歌で感想を書かれてしまうとは・・・!
すっかり油断していました><
DILIさんの注意深さ、アンテナ感度に驚くやら恐怖するやらです。
でも、こんなふうに感想を書いてもらえて、とても嬉しいですw ほんとうに。
ありがとうございますw

DILIさんにお師匠だなんて呼んでもらえるのは光栄ですが、私がDILIさんに教えられることなど、最初から一つもなかったと思います。
ただ思ったことや妄想したことを時々気まぐれに書くだけですw

DILIさんは、リアルとネットの素晴らしい出会いの中で、いつも自分の感性を磨くことを怠らず、そのうえここしばらくは、自分の中の妄想だけでなく、妄想協会に入っていない相手に伝える技をも磨いていこうとしているように見受けられます。
スポンジですね、まるで(笑)

突然詩、良いですね。
じっくり読ませてもらいました。
最後はブログタイトルで〆てるしw
DILIさんのブログタイトルはDILIさんの気持ちが表れている、とても良い名前だと思います。

短歌は元来、恋文です(笑)
短歌に恋を詠み込むことがなく、日常のひとコマ、風景を詠むのであっても、それを読んでほしい、伝えたい誰かが見えてくる歌に、私は特に心を動かされます。

去年、沖縄に行って、私は何度も胸が苦しくなりました。
沖縄は美しくて良いところだけど、少し怖かったです。
私のこの短歌は、沖縄へ行っていなかったら、恋をしなかったら、詠むことのなかった歌です。

>これを恋の歌であるとした場合、上の詩の一部分に相当するのでしょうか。

これは私への質問ではなく、DILIさんの独り言なのかも知れませんが、こんなに素敵な感想を書いていただいたお礼に、私の好きな歌を置いていきますw

http://www.youtube.com/watch?v=4ko54wynA2E(←音でます♪)

のーさん

こんばんは
私は、師匠からはたくさんのものを学んでいます。
もうひとつの秘密の短歌を見つけた時などは、たいへん感動したものですw

さて、この鑑賞シリーズで私は、私の心に入りたそうな顔をしている短歌を選んでいます。
その観点では、のーさんの「009:ふわふわ」。
私のその後の短歌感を変えることとなったこの歌でぜひ観賞記事を書いてみたかったのですが、二日間悩んだ挙句断念しました。
やっぱ、私はお子さまですw

リンク先の「They Can't Take that Away from Me」、私のヒアリングのレベルでは太刀打ちできませんでしたw
歌詞を探して、何度も読み返しました。
私は、ジャズは物悲しくなるのであまり聴かないのですが、この希望に満ちた曲はとても好きになりました。
私は臆病者なので、涙は笑いに隠してしまいます。
私の百首は、新喜劇のようなものですw
ま、「明るさ」だけが取り柄のDILIですのでw
ここらで、私のネガティブの限界にある返し歌を披露しますw

運命に出会った〈街〉がこれほどに苦しいなんて逢うんじゃなかった(DILI)


私が沖縄に出張で行った時は、リゾートホテルと出張先のヤンバルクイナの森との往復だけだったので、哀しい史跡は訪れませんでした。
南の島国の良い所だけを味わってきたのですが、暑い所が大好きなので、いつかここに永住したいと思っています。住んでいるひとが皆明るくて親切なイメージを持っているのです。

最後に、うちなーぐち(沖縄ことば)で一首。

なあ歩っちいふっさあやあクララ自ひ歩っちいふんばあやはやあ!
(訳 : もう歩けるのよ、クララ、自分で歩けるんだわ!)
出典:くちびるに島言葉を
http://www.lequio.co.jp/dialect/dialecttxt040527.html
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。