スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェイの森

歌合戦を見ていれば良いものをw
2008年12月31日、一年で最も余裕のないこの日、村上春樹の「ノルウェイの森」 を読み終えました。
先日の私の駄文、「小説・銀河鉄道」に、"村上春樹もびっくり"というコメントが付いたものですから。
あ、村上先生、たいへん失礼しましたw。

こんなに弱っている時に読むんじゃなかったと思ったのですが、後の祭りですw
でも、とても良かったww

確かに彼の文章は、「心」に訴えるものでした。
読んでいて、書いてあること全てに加えて書いて無いことまでも、「心」を感じ取ることができました。
こういう文章は好きだと思ったのです。
それが第一章~第三章まで。
第四章から、ちょっと世界が変わって、登場人物の落ち着きの無い会話もどこにでもあるものとして、人物たちの心の揺れを十分に楽しんでいました。
ところが、
最終章になって、私と書物の間には水膜があって、なぜか、うまく読めなかったのです。

この年になって、「恋」はできないな、
恋なんて、20年も前に終わったんだな、
と、感じました。

私には何も見えていません。
緑が、髪型を変えたことに気付いてもらえなかったことになぜあれほどこだわったのか。
小説の終盤、シワをここに持って来たかぁ~と思ったのですが、私はそこで訳が分からなくなりました。
十月って何??
私を忘れないでって、誰のこと??
近い来年、もう一度自分の目で読み直してみたいと思います。
スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。