スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の谷を治すかヤワラちゃん

「人生山あり谷あり。億万長者になるか、貧乏農場へ行くか。」
〔タカラ(現、タカラトミー)、「人生ゲーム」CMより。〕
TVの画面では、雷のとどろく中で男が貧乏農場を耕しているってCM、知らない?(笑)
幼少時にあのCMを見た年代は、貧乏農場へ行くのは嫌だから一生懸命働かなければならないという幻想と、一生懸命働いていても自分の頭上には常に雷雲が渦巻いているという妄想が、トラウマとなっているのです。

この3ヶ月間のこのブログにおけるシリーズ記事、『題詠blog → かぐや姫 → 迷惑メール → トロッコ問題 → 今年の反省と来年の目標 → 2008年10大ニュース → 銀河鉄道』というぐあいに来てます。
おおむね「山」シリーズの多いなか、本日は、唯一「谷」シリーズと言える「迷惑メールシリーズ」の続編です。

11月14日。
携帯への迷惑メールが日に日に激化していました。
何も悪い事していないのに、なんでこんな酷い仕打ちを受けなければならないんだって、ほんとは大したことなかったのですけどw
転んでもただでは起きないDILIとしましては、携帯メールの変更に当たり、新アドレスの連絡を誰にしようかという楽しい作業に取り掛かりました。
前の職場の人で電話や面会で用の済む人、半年以上行っていない飲み屋のママなど、徹底的に除外して新アドレス連絡先を厳選し、送信しました。
家族からは、即返信がありました。携帯電話は、平日を離れて暮らす家族とのコミュニケーションに優秀なツールだと思います。
その後、各人の都合の良い時にそれぞれの個性で、メッセージを送ってくれたのでした。

一週間も経てば世は落ち着きを取り戻し、私は次のシリーズ記事に取り組んでいたのです。
一ヶ月が経ち、先週になって2通のメールが到着しました。
1つはこれまでメールを送ればすぐに返信をしてくれたAからの、めずらしく返信まで1ヶ月かかったメール。
もう1つはこれまでメールを送ってもあまり返信をもらえることの無いBから、わずか1ヶ月で来た返信メール。

~都合により、中略~

この話が広がりを見せ、先週いろいろとあって、親友と思っていたAとBと私との間に溝ができました。
善意のつもりのAの行動で皆の心が傷つき、私も同じようないらぬ節介で多くの人を傷つけてきたかと思って自分を責めているのです。
AとBとはこれまで通りに接して行けるのですが、自分とはどう接して行けば良いのか。
スポンサーサイト

No title

 相手の事を思い過ぎての思いやりの行き違い…って結構多いんですよね。
 あたしは人間関係が上手に出来る方ではないので、何もアドバイスできないんですけど…。
 でも、DILIさんが心で思った事で出た行動は、相手にちゃんと通じると思うので今まで通り、自分の気持ちを信じたDILIさんの行動に出ればいいと思いますよv-22
 

No title

風の谷のぉ~ナウ~♪シカ~♪髪を軽くなびかせ~♪
風の谷のぉ~ナウ~♪シカ~♪眠る樹海を飛び越え~♪
          (song by 安田成美のほうでお願いしますw)

今回、親友と思っていたAさんとBさんとDILIさんとの間に溝ができたように、突然、溝が埋まる日が来るかも知れません。
地殻は常に変動しています(笑)。
その日が来るまで、AさんBさんとはこれまで通りに接して、自分とは本音で、自分の気持ちを大切にし(好きは好き、楽しいは楽しい、嫌はいや)、思い込みや勘違いの可能性も考慮しながら付き合って行けば良いと思います^^

e-465

にこまるさん&のーさん

私には、喋っている相手の心を読み取る能力があります。もう、封印してますけど、今回封印のお札をちょっとだけ剝してみました。
見えたものは、
Aの、私のことを友達と認めて、私のことを大切に思う気持ち。
Bを含む周囲の人の心の痛み。

Aの善意による行動であることは分かっていて、そのうえで、私はAと同等以上の「自分のことしか考えていない空気の読めないお節介」なのですww


私の周囲には素晴らしい人達がたくさんいて、その人達から私は心をたくさん貰っていました。
私の日本語は意味不明瞭なので、相手にうまく伝わらないことがあります。
すれ違いや勘違いがあって、でも、大抵ははあとで気になった所を聞いてくれて、都度私は解説を続けてきました。補足説明ならお互いの理解と未来の発展が期待できるのですが、「言い訳」は過去の取り繕いで、特に相手の思い込みが激しい場合は「言い訳」は両者にとっての時間の無駄なのです。
多くの人は、対人関係の中で拒絶や拘りの部分を持っています。関係が深くなるほど拒絶や拘りの部分も増幅してきます。相手を好きになるほど嫌いな部分が見えて大きくなってくるのと同じ理屈です。
妥協や諦め、忘却などは、わだかまりが残ります。
てなわけで、拒絶や拘りはわずかたりとも持ってはいけないもので、「愛と受容」だけで私は生きています。

多くの人は拒絶や拘りの部分を持っているので、「愛と受容」は押し付けるものではありません。
思い違いがあって相手が悲しんだ場合、相手は私を非難してくるのですが、私はただ謝ることしかできません。
自分の意思伝達能力の乏しさが悲しくなり、その夜、枕が濡れるのです。
たくさんの素晴らしいものを貰い、私も人間として成長することができたと思うのですが、もう「言い訳」に疲れました。

年末に当たり、すべての行きつけの飲み屋さんに「さよなら」しました。
谷は埋めたので、そこにDILIの樹の林を作ろうと思っています。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。