スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年の目

本日、私は時空を越えた。

デジカメを持つ息子と、新幹線ホームに居た。
対向ホームに、本日より営業運転を開始した、博多行きのN700系新幹線が入線してきた。
迎えるホームは、写真小僧であふれていた。

アルミニウム合金製車体に身を包まれ、世界最先端技術のハイテク車両である。
携帯を持つ手が震えた。

N700


この後、息子の持つデジカメを奪い取ったのは言うまでもない。

発車して姿が見えなくなった後、約30分後の次の東京行きホームに人の波は移動した。

東京行きホームは最も端で、人の波が2倍になることが想定されたため、新大阪駅を後にした。


次に向かったのは、大阪 北新地の「恋道路(RETORO)」である。
平日は、18時から翌3時までの鉄道バーであるが、期間限定で日曜日の午後、子供にも開放している。
店は、周回線路のレイアウトが配置され、カウンター10席、4人ボックス席2つで、こぢんまりとしている。

ソフトドリンクを頼み、鉄道模型が走るのをずっと眺めていた。
店は暗く、ムード音楽が流れている。
携帯ではうまく写真が撮れなかったので、↓

http://www.kitashinchi-retoro.com/top/index.html

至福の時間を過ごすことができた。
息子は、「僕が二十歳になるまで、この店がつぶれなければいいな」と言っていた。

いつまでも、十三歳の目を持っていて欲しい。
スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。