スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修了アンケート

昨夜、長年の夢が叶いました。
湯上りのコーヒー牛乳w
夢中のうちに、飲み干してしまいました。


以前、当ブログで紹介した、良寛和尚の長歌「月の兎」

ある時、サルとウサギとキツネが老人の空腹の訴えを聞き、サルは木の実、キツネは魚を持って来ましたが、ウサギは何も見つけることができずに戻って来ました。
老人は「ウサギは気持が他の者と違って、思いやりがない」と言いました。
ウサギはしばらく考え、焚火の中に飛びこんで、親しくもない老人に自分の肉を与えました。
老人は、心もしおれるばかりに天を仰いで涙を流し、地面に倒れ伏し、しばらくして、「お前たち三匹の友だちは、誰が劣るというのではないが、ウサギは特に心がやさしい」と言いました。
天帝(神)の姿に戻った老人は、ウサギの亡骸を月の世界の宮殿に葬ったのでした。


神さまも、むごいことをされる・・・

ウサギの行動は、「本能の愛」です。
冷静に考えれば、サルもキツネも食糧を調達してきたので、ウサギが親しくもなく空腹でもない老人のために、焚火の中に飛び込む必然性はありません。
月の世界で餅をつきたかったわけでもありません。
相手と心を通わせ合いたくて、本能だけで行動したのだと思います。

自然に、「優しく」できることは、すばらしいことだと思います。
それ以上に、「命」は大切にするべきです。
自分が死んだら、皆が悲しむのですから。
このお話では、天帝もサルもキツネも、「自分が空腹と言わなければ」、「自分が食べ物を持って来なければ」と、自分の言動を反省し、ウサギの死をたいそう悲しんだことでしょう。

皆が考え浅くて、皆が悲しんで。
でも、皆が相手のことを思い、皆が優しいのです。

私は、「おもてなしの心」というものが好きです。
友達と飲みに行っても、私は極力陽気にふるまい、相手が楽しめそうな話題を選びます。
おもてなしの心は、相手が楽しんでいるのを見ることにより、自分が楽しい気持ちを受け取るものです。
相手が楽しんでいなかったら、次はもっと楽しんでもらえるように芸を磨かなければなりません。
そこでは、「優しさ」や「相手を尊重する気持ち」は手段であって、目的は「相手が楽しんでいるのを見ること」なのです。
そう考えれば、兎の行動は「何も考えていない」としか言いようがなく、自らを犠牲にすることはあってはならないことだと思うのです。


さて、トロッコシリーズも最終回になりましたw。
ここで、皆様からアンケートをいただき、シリーズを締めたいと思います。

【問題】
『○○が川で溺れているのを見つけた時、私は××する。』
いくつかの○○に対して、××を答えてください。

条件:
季節は10月上旬ぐらいで、水温は泳ぐにはちょっと冷たいかな。(心臓麻痺の可能性は10%ぐらい)
あなたはプールで、50m以上を泳ぐ能力があります。
川幅は広くて流れはゆっくり、○○は岸から10mぐらいの所で溺れていて助けを求めています。
××は、以下から選んでください(複数選択可)。
 a.即座に飛び込む
 b.上着を脱ぎ、携帯電話と家の鍵と財布を岸に置いて飛び込む。
 c.入念に準備体操をしてから飛び込む。
 d.携帯で救急(レスキュー)の出動を要請する。
 e.おとなのひとをよぶ。
 f.藁(わら)を投げる。
 g.沈むまで見ている。
 h.用事を思い出した振りをして家に帰る。
 i.その他(    )

では、○○を出題します。
 1.小学校低学年の子ども
 2.異性のブログ仲間(多分顔を知らないので、自分のHNを叫びながら溺れています)
 3.見ず知らずの絶世の美女(美男)
 4.チンパンジー
 5.鉄道作業員
 6.北島康介
 7.麻生総理
 8.石原さとみ(小池徹平)

なお、お寄せいただいたアンケートの結果は、本日の記事以外の目的には使用しません。
スポンサーサイト

No title

一番、のさかりう、参ります!

『○○が川で溺れているのを見つけた時、私は××する。』

○○が
 1.小学校低学年の子ども
 2.異性のブログ仲間
 3.見ず知らずの絶世の美女(美男)
 4.チンパンジー
 5.鉄道作業員
 6.北島康介
 7.麻生総理
 8.石原さとみ(小池徹平)
の場合、周りに人がいればその人に救急車を呼んでもらうか、人がいなければ
d.携帯で救急(レスキュー)の出動を要請
してから、
b.上着を脱ぎ、携帯電話と家の鍵と財布を岸に置いて飛び込
みます。

溺れているのが誰であれ、溺れていて助けを求めているなら助けます。
これについては記事にしようと思っているのですが、危険な目にあっているのが子供とか動物だとかは、助けるかどうかに特に影響ありません。

のーさん

DILIの回答。

 1.子ども - a.即,飛び込む
 2.ブログ仲間 - a.即,飛び込む
 3.絶世の美女 - b.、c.上着等を置き、準備体操の後飛び込む
 4.チンパンジー - d.公的機関の出動を要請する
 5.鉄道作業員 - i.その他(声を掛ける)
 6.北島康介 - g.私の出番はありません
 7.麻生総理 - e.SPにお任せしましょう
 8.石原さとみ - a.即,飛び込むw

机上の考えでは、このようになってしまいました。
不真面目なO型の自分が恥ずかしいです。

消防法、労働安全衛生法、道路交通法、その他の多くの法律で、災害、二次災害、被害拡大の防止と救命のための処置、管理、教育(講習)・訓練等、多くの必要なことと業務上の義務が定められています。
しかしながら日本の法律では、溺れている人を発見した一般の人に人命救助の義務はありません。
その行為には専門性があることと、二次災害等の危険を伴うからです。

毎年夏になると、海や川、プールなどで多くの水難事故が発生しています。
小さい頃の知人のお父さんも、海水浴で、流されたビーチボールを取りに行って命を落としました。
私は昔競泳をしていましたが、船が沈没した時には浮遊物等につかまって体力の消耗を抑えるべきと言われてました。
競泳の金メダリストが溺れることや、溺れても助けを求めることは考えられませんが、溺れている対象によってはリスクが増減してしまうのです。
絶世の美女が私に助けを求めていようものなら、違った意味でリスクが生じる可能性があります。

私は気が小さいので、有事の際にはパニクって突飛な行動にでることでしょう。
だからこそ、自他の安全を守ることを、常に勉強し考えていたいのです。
人が溺れているのを見つけた時、知らない人が線路上に落ちた時、そこにどのようなリスクが潜在しているのかも含んで、自分がどうすべきかってことを。

日本国憲法 第十一条
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。


のーさんの考えはとても人間らしくて、「困っていたから助ける」、「助けを求めていたので助ける」、これが一番良いことです。
私も有事の際には見習うこととします。
コメント、ありがとうございました。

No title

自分も大体のーさんと同じですねー。基本的には人間がおぼれていれば、すぐに飛び込むと思います。

ただ動物はそこまで親身になれず、たぶん、助けを呼ぶに留まるでしょう。

人間についても、も少し緊急性が低ければ、やはりレスキューを呼び、上着や靴を脱いでから川に入るかな。人間を抱えて泳ぐ、というほど泳力に自信がないので。

lepさん

お寒うございますe-252
先週なんか、峠道の外気温2℃でした。
タイヤも冬用に履き替えました。

もう、誰が溺れていようとも、川に飛び込む勇気はありません。
人の心は、一週間で変わるもののようです。

No title

↑それって人の心というより、条件が変わってるじゃないですかw
私の答えはあくまでも、

条件:
季節は10月上旬ぐらいで、水温は泳ぐにはちょっと冷たいかな。(心臓麻痺の可能性は10%ぐらい)
あなたはプールで、50m以上を泳ぐ能力があります。
川幅は広くて流れはゆっくり、○○は岸から10mぐらいの所で溺れていて助けを求めています。

の上での答えですw
気温2℃では、溺れているのがアンディ・ラウだろうが好きな人だろうが、躊躇しまくりです><
だって、さぶいし。

のーさん

>条件が変わってるじゃないですかw
た、たしかにww
でも、外気温が2℃だと、水温は温かく感じる・・・わけが無いですよねw
この季節、川べりを歩く時はロープの付いた浮き輪が必需品なのです。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。