スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

translation

私は、前の職場では、英語を日本語に翻訳して配布するという仕事をしていました。
その時に使っていたのが、某社製の翻訳ソフトです。
辞書を育てれば結構使える優れものでした。

でも、日本語と英語とでは文法が違っているので、名詞を動詞として認識したり、「シール」をわざわざ「アザラシ」と変換したり、独りパソコンに向かって笑いを堪えるのに大変でした。
ソフト自体は会社に買ってもらったもので、転勤とともに置いてきましたが、今の世の中、無料の翻訳ソフトがあります。
今日は、Yahoo!の日→英翻訳機能を評価してみようと思います。

まず最初に、Yahoo! USの翻訳機能を使ってみました。

【例文1】
かのじょのなまえは、「かぐや姫」。
なんどかいっしょに おちゃをのみにいったり、でんわでおはなししたり、どこにでもいるようなふたりでした。
でも、私はテレビの「にほんむかしばなし(Old Stories in Japan)」をよくみていたので、姫が11がつのまんげつのよるに、つきのせかいへ かえっていくことをしっていました。

【翻訳結果(Yahoo! US)】
[ji] [yo] whether of before, “[gu] and princess”. Or many times the [tsu] it does and falls to the [yo] and calls to only the [ya], is releases with the [wa], it was the cover kind of [ri] which is anywhere.

こ、これは、意味が全くわからない英語が出てきました。
なぜでしょう?
同じ例文を、Yahoo! JAPANで英語に翻訳してみました。

【翻訳結果(Yahoo! JAPAN)】
かのじょのなまえは, "The Moon Princess."
It was なんどかいっしょにおちゃをのみにいったり, でんわでおはなししたり, the two whom there was anywhere.
But がつのまんげつのよるに stuck, and princess 11 expanded, and I rather knew Ikuko to worth because I took "にほんむかしばなし" (Old Stories in Japan) of the television good.

なるほど、例文が平仮名ばかりだったので、翻訳出来なかったのですね。
そこで、例文に漢字を使うこととしました。

【例文2】
彼女の名前は、「かぐや姫」。
何度か一緒に お茶を飲みに行ったり、電話でお話したり、何処にでも居るような二人でした。
でも、私はテレビの「日本昔話(Old Stories in Japan)」を良く見ていたので、姫が11月の満月の夜に、月の世界へ 帰って行くことを知っていました。

【翻訳結果(Yahoo! JAPAN)】
Her name "The Moon Princess."
I went to drink tea together sometimes and talked on the telephone, and it was two people who were anywhere.
But I knew that a princess returned to the world of the moon at the night of the full moon in November because I took "the Japanese old tale" (Old Stories in Japan) of the television good.

比較的まともな英語になりましたが、ところどころに変な言い回しや意味が違っているところがあります。
英文をネイティブに変えるとか、望みの英文となるように日本文を変えるとかすると、なんとか使えそうです。

【例文3】
彼女の名前は、「Kaguya-hime」です。
我々は何度かお茶を飲みに行ったり電話でお話したりして、我々は仲良しでした。
でも、私は、「Old Stories in Japan」のテレビを見ていたので、Himeが11月の満月夜に、月へ帰ることを知っていました。

【翻訳結果(Yahoo! JAPAN)】
Her name is "Kaguya-hime".
We went to drink tea sometimes and talked on the telephone, and we were good friends.
But I knew that Hime returned to the moon at full moon night of November because I watched television of "Old Stories in Japan".

まだまだです。



匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~
原 倫太郎、 原 游 (著)
出版社: マガジンハウス

コンピューターの自動翻訳ソフトを使い、「かぐや姫」等の文章を日本語から英語に、さらに日本語に再翻訳した絵本です。

以下、ネタバレです

女の子はかぐや姫と名付けられ、おじいさんとおばあさんに大切に育てられました。
→少女はおじいちゃんとおばあちゃんによって、それが匂いをかがれるとすぐプリンセスに指名されて、注意深くトレーニングされました。
(The girl was named "As soon as it smelled, princess and trained by the grandfather and the grandmother carefully.)

「実は私は月の世界から来た者です。次の満月の晩に月から天人が私を迎えに来たら、私は帰らなければなりません。」
→「事実上、私はお尻の世界の出身だった人です。すてきな生物が次のいっぱいにお尻を出してくださいの晩にお尻から私をピックアップすれば、私は戻るべきです」
("In fact, I am a person who came from the world of the moon. I should return when heavenly beings pick me up from the moon in the evening of the following full moon.")

翻訳ソフトは、使用上の注意を良く読んで正しく使いましょう。
スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。