スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXIT

テンプレートを変更した。
以前の壁紙が、環境によっては読み込みに少しストレスを感じていたためである。(主語は私)


私が小さかった頃、社会科の授業中に教科書に、「非常口」と漢字で落書きした。
私の3学年上の背の高い兄が、偶然それを見つけ、笑い飛ばした。
私は受け流した。

シンメトリーの中にある線対称で無い部分から、広がる世界がある。

その世界は、他人が理解することも、うまく説明することもできるものではなく、それらのことをする必要もない。
その世界を楽しむこと自体が、自分の心地よい世界である。

そこから、何か新しい発見があれば、その考えを膨らませ、深堀りし、メモに残したりして自分のなかで整理する。
興味深い結論があれば、発信する。そこからまた反応が帰ってくることもある。


世は、日本万国博覧会の頃で、日本中が夢を追い求めていた。

しかしながら私は、「非常口」からは、何の哲学も得ることはなかった。


さて、街を歩いていて、ビルの窓の赤い印に気付くことがあるが、あれは、正式には「非常用進入口に代わる窓」を示すマークである。

これは、はしご車の消火救出活動を考慮し、建築基準法施行令の、「建築物の高さ三十一メートル以下の部分にある三階以上の階には、非常用の進入口を設けなければならない」を受けてのものである。

業務上、建築物の設計をしていたことがあったが、設計会社から出てきた図書に、「非常用進入口に代わる窓に代わる入口」と、記載があった。

私は、このような回りくどい言い方は大好きであるが、あえて指摘した。

非常用進入口に代わる窓に代わる入口」→「非常用進入口」
スポンサーサイト

>シンメトリーの中にある線対称で無い部分から、広がる世界がある。
御意であります。むしろ、そういう部分にブログの可能性があるようにも思いますね。

lepさん

目の疲れるコメント入力画面です。
想定外でした。

メモ帳からコピペする等、ご自愛下さい。

「非常口」の文字の非対称性に興味を持ったことは、私が小学生の頃に実際に感じたものです。
感性は明らかに退化しています。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。