スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

incident Ⅱ

一昨日のできごと

夕刻、私はジョギングに出ていました。
2km地点手前の下り坂の交差点、歩道に5~6人の人だかりがありました。
通り抜けられそうになかったので、私は車が2台ハザードを点けて停まっている車道に出ました。
通り過ぎる時、横断歩道から3mぐらい入った所の歩道上に自転車が立てかけてあって、その横に小学校4年生ぐらいの少年が血を流してうつ伏せに倒れていました。
私は、少し先のバス停のベンチで、事の次第を見守ることとしました。
少年のお母さんらしき人も、車で駆け付けてきました。

10分程して、救急車が1台、原付の駐在さんが2名、到着しました。
少年は、頭や手を動かして応対していたので、意識はしっかりしているようです。
救急車は少年を収容したのですが、隊員と駐在さんは周囲の人に話を聞くだけで、なかなか出発しません。
10分ぐらいして、停車していた車2台は、調べられることも無くその場を去って行きました。
そういえば、自転車をはね飛ばしたにしては、車は無傷です。
そして、ようやく救急車はサイレンを鳴らして走って行ったのです。

どうやら、坂道でコントロール出来なくなった自転車の単独事故のようです。
怪我も、それほど大したものでは無さそうです。
私は再び走り始め、現場を通った時には、少年のお母さんらしき人と、いつ現れたのか軽トラを停めた近所の酒屋のおっちゃん、2人が立ち話しているだけでした。

本日の教訓 : 気をつけよう 酒屋の大将の情報収集。
スポンサーサイト

 鹿の記事を読んだばかりだったからびっくりしたよ。少年大したことなくて良かったね。
 でも、DILIさん何となくあまりよくない事件に遭遇するね。
 そんな時は何かの前触れかもしれなくて『気をつけなよ』ってサインだから気をつけてね。
 時間が少しずれていただけで、もう少し早かったらDILIさん自身が巻き込まれていた可能性大だからねe-164

にこまるさん

こんばんは
お気遣い、ありがとうございます。
実は、私が事件に遭遇するのではなくて、事件が私の周りに勃発するのです。
そうであるならば加害者は私であって、いつも小さい心を痛めているのです。
言い訳しない性分だしww
ひとことで言えば、「慎重かつ大胆な妄想列車」ですので、一晩反省してひとつ何かを失っても、またひとつ優しい気持ちを手に入れることができればいいなと思っています。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。