スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西事故考

新しい客人のご訪問があった。しかも、”鉄ちゃん” だと聞く。
本日は、歓迎の意味で、鉄道の話題であるが、少し重い。

ここで、冗談を言おう。
「私のブログの記事が本になった。」

2年前のJR西日本列車脱線事故については、多くの書籍が刊行されている。
先日、大手書店の鉄道書コーナーにおいて、1冊の本と巡り会った。

山口栄一著:「JR福知山線事故の本質─企業の社会的責任を科学から捉える」
(NTT出版、2007年6月)

著者は、同志社大大学院ビジネス研究科の教授であり、独自の科学的な観点から分析して福知山線事故の本質に迫るとともに、本では瀕死の重傷から奇跡的に救出され社会復帰に挑む、女性の手記を交えてある。
立ち読みしていて涙が止まらなかった。(買わなかったのかよ)

なぜ、買わなかったかというと、著者の分析が、私のブログにおける5月5日の私の拙文のベースとなる論点と、あまりにも類似していたのである。
本書の発売は、5月31日であり、模倣したわけではない。
結論となる部分は、私は「日勤教育」とし、著者はCSR(企業の社会的責任)政策の重要性に1つの章を充てていて、そこに相違がある。

しかしながら、学術的な観点から、少数意見とされながら同じ考えを持つ人がいたことで、私は嬉しかった。しかも、先方は大先生である。


事故調の最終報告書は、今月中目途に発表されるようだ。


山口栄一氏は、とある寄稿のなかで、森有正氏の言葉を引用している。
ここにも添えておきたい。

人間が軽薄である限り、何をしても、何を書いても、どんな立派に見える仕事を完成しても、どんなに立派に見える人間になっても、それは虚偽にすぎないのだ。その人は水の枯れた泉のようなもので、そこからは光の波も射し出さず、他の光の波と交錯して、美しい輝きを発することもないのだ。
(「バビロンの流れのほとりにて」より)
スポンサーサイト

こんばんは。
尼崎事故については、幾つか記事を書きました。上のURLをクリックするか、自ブログのトップページ「JR西」で検索かけるとさらに幾つか該当記事が出てきます。宜しければご参照ください。

DILIです。こんばんは

鉄道カフェコメントにレスしたら始業時間となり、業務、宴会、足かけ2日の二次会を経てようやくパソコンの前にたどり着くことができました。酩酊状態です。
喋り・歌い過ぎにより声が出ません。

こういう時にこそ真理が見えるということで、lepさんの福知山線事故に関する記事を読ませてもらいました。

事後発生直後にも関わらず、的確なコメントが心を揺さぶられます。
2年前の事故で感じた事が今また思い起こされ、感慨深いものがあります。
そういえば、横方向衝突の話は事故発生直後以降、あまり聞いていないことに気がつきました。自家用車においてもオフセット衝突に対する強度が要求されていますが、鉄道車両においては、今後想定されることは無いのかもしれません。

車両の強度計算は、確認したわけではありませんが、ステンレス車両であろうがアルミ合金であろうが、技術基準に基づきそれに満足するように設計、製造、検査、維持保修が行われているものと思います。しかしながら、構造の技術基準自体が踏切事故における運転員の安全確保等にのみ着目した場合、脱線・転覆に対する配慮は考慮されることは無いのではないでしょうか。

ブログの記事は、新鮮なものが良いですね。
私の、エキスポランドコースターの事故の記事では、閑散時の0~5件に対し、100件を超えるアクセスがありました。

カウンタの回転にこだわるわけではありません。
そもそもが、自身の余暇の有効活用のために始めたブログで、当初は目的意識もなくただ文章を綴っていましたが、読者が少し見えてくるようになると、こちら側の考えや文章に変化が現れるのに気づきました。

この先の私の進む道は、お笑い系(おやぢ型)なのかもしれません。

明日は当番で早出ですので、もう眠ることとします。
貴重なご意見ありがとうございます。
酔っぱらい会社員のたわごとでした。

それでは、お休みなさい。

自動車のエアバッグも、導入にはかなりの議論があったそうで、メーカー側はそんなものを付けるより、衝突自体をなくせばいい、という主張だったんですが、結局導入されましたね。まあ事故の多い車と少ない鉄道を比べるのは違うかもしれませんが、衝突しても人体に影響を与えにくい内装や、補強材をつけるのは、より高い安全を求める時流に乗っているのではないでしょうか。

一匹の狂牛病でも全体を輸入禁止にするほど、安全に大して敏感な国なのに、結構鉄道の安全には甘い気がします。ホームなんかも、毎週のように転落死を出しているのに、一向にドアを付ける気配もないし。

lepさん

こんばんは

列車衝突時の配慮としては、頻度が少ないことから手すり追設等が限界でしょう。

今回、運転席の直後に立っていた人が周囲が亡くなっている中で九死に一生を得ましたが、偶然によるものと、運転席後の窓を突き破り、運転席の強度が高いことにより空間が確保されたことも寄与しているのでしょうか。

乗車位置の偶然の話も多く聞きます。
当該列車は宝塚駅9時03分発ですが、宝塚線では9時までに始発駅を発車する列車の3両目が女性専用車両となります。
3分の差で1,2両目に乗った女性も多いのでしょうね。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。