スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんたぁ

ヨーコって名前を聞いて、あの、軍需商社の「山田洋行」を思い出したのは私だけでしょうか。

今週になって、3回ほど当ブログを賑わせた、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の苦しい替え歌。
阿木燿子さん作詞、宇崎竜童さん作曲の昭和歌謡です。
けっこう流行っていた曲なのですが、「アンタ」とか、「アタイ」とか、トヨタ・セルシオのアームレストを頭に乗っけたような若者のことばが、好きになれませんでした。
そのような私が、「壁紙その1~3」の記事で、何故「アンタ」を頻発したのでしょう?
今日の記事において、その理由が明らかになります。


先週末、のーさんのブログにおいて、「アンタ」や「オマエ」と呼ばれたり、呼び捨てにされたりすることが嫌だっていう記事がありました。
実のところ、私も日常生活において同じようなこだわりを持っています。
社外の人との会話で、同僚に敬称を付けないことでさえ、暫く慣れることができませんでした。自分の子どもに対しても、呼び捨てにできません。
会社では幸いなことに、「○○さん」とか「○○くん」って呼ばれています。

私が大学2年生の頃。
のちに私の妻となるガールフレンドの友達に、面白い子がいました。
寺山修司氏の詩歌にヒントを得て、あるフレーズを作曲したのです。
↓こんな曲でしたw。

K子ちゃんのテーマ

どうですっ?
そこはかとなく寺山修司っ(笑)

・・・・

如何でしたか?
これが、壁紙シリーズ記事の誕生秘話ですw。

アンタとか、アイツとか、書くのしんどかったんですけど。

今日の記事が、TB2号。
サンダーバード3号は、あなたのところへ飛んで行くかもしれませんw。
スポンサーサイト

ほとぼりの冷め切った頃に、コメントしてみる~。

サンダーバード2号、停車ありがとうございました。
DILIさんもアンタとか苦手だったんですねw
周りにそういう風に呼ぶ人がいなくてなによりです。
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、確かに私も、アンタやアタイ(アタイってなにww)、「あの娘のなんなのさ」の「なんなのさ」、がみょ~に気になってしまい、ダメでした。
今では面白い歌だな、とは思いますけど。

自分のことをあたしって呼ぶのも思春期の頃はあまり好きではなくて、わたしと言っていたのですが、わたしって言いにくいんですよねw
今ではあたしと発音してます。
でもカタカナでアタシって書くのは何故か嫌いです。
・・・ってどうでも良いかww

悲しいことに、私には、身近な親戚に人に対してオマエやコイツっていう人がいます。
ただの呼び方であって、他意はないんだから、と思い込もうとしますが、その人のそういうところが、人を下に見ているような気がして、どうしても好きになれません・・・。
実際、女子供は下、みたいな考えの70代の人なのです。
私の外国人の友達(特にアジア系)のことも、下に見て話してくるので、友達のことを話したくなくなります。
あー軽く流せる大人になりたいーw

長く一緒にいると、私もつい使ってしまいそうで怖いです。
独り言で、自分に対して、アンタだけは意味不明や~wとか使ったりもしますが、人に対しては絶対使いたくないのに><

のーさん

>ほとぼりの冷め切った頃に、コメント
あれっ? のーさん、星へ帰ってましたか? 気のせいかなw。
私はこれからも穴の底です(笑)

サンダーバードは、3号の停車駅を探していたのですが、なぜかきう里駅を発車したTB3が、こちらに到着してしまいました。よって、シリーズ終了です。

私の妻も子どももアンタなどが苦手な人のようで、世の中にはそういう人たちが多いんじゃないかと思います。その観点で見れば、うちの職場の半数以上の人もアンチアンタのようです。なにしろ、私は善人に囲まれていますのでw。

対人関係の中では四六時中言葉に気を遣って選んでいるわけではなくて、気を許した仲であるほど、ある言葉をつかまえて「この人は偏見を持っている」と感じさせることがあるのでしょう。
世の中に頑固な人は多いのですが、一面しか見ていない人って少ないんじゃないかと感じています。会話が進むにつれて相手のいろんな面が見えてくるところに、対人関係の面白さがあるのでしょう。
先日、心理学を専門とする人とお話したのですが、「相手を受容することが最も大切」と言ってました。
学術的な根拠もいろいろと聞かせてもらったのですが、結構酔っていて、惜しいことをしましたw。
でも、「受容」を心がけていれば、私の未来は楽しいんだろうなって思ったのです。
人との係わりの中で自分が多くのことを経験し、その先に幸せがあるのかもしれません。

なお、一人称のアタシは、私の弱点のひとつです。(内緒ですw)
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。