スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

ニコラ・テスラ(Nikola Tesla, 1856~1943)
人類最大の発明、それは、交流誘導電動機だと思うのです。

19世紀後半、「電流戦争」というものがありました。
当時の米国における電力負荷は直流モータと白熱灯で、送電方式も直流が主流でした。
直流送電は交流に比べて損失が少なく、長距離送電に向いています。
電流戦争とは、トーマス・エジソンの直流送電(DC)に対し、ジョージ・ウェスティングハウスとニコラ・テスラが交流送電(AC)を主張したものです。
交流は、変圧器で電圧を変えることができるとともに、整流器で容易に直流への変換ができます。
電圧を上げれば、交流送電による損失も軽減することができます。
そして、決定打となったのは、テスラによる交流誘導電動機の発明です。
交流の電気を、効率良く運動に変えることのできる大発明でした。
1893年、ナイアガラの滝における水力発電プロジェクトはAC送電方式を採用し、その後の世界の主流になったのです。

『天才とは、1%のひらめきと99%の努力』(トーマス・エジソン)
『天才とは、1%のひらめきと99%の徒労』(ニコラ・テスラ)
アインシュタインは、ひらめき型の天才。エジソンは、努力型とされていますが、実はひらめき型。テスラは自らをひらめき型としつつも、たいへんな努力型。
エジソンとテスラとは、両者の間に確執があったとされていますが、アインシュタインも含めたこの3人は、皆、似たり寄ったりの典型的ひらめき型(笑)
常人にマネはできません。

Wikipediaによれば、テスラは、幼少期は空想と数々の強迫観念に囚われ、成人してからは異常な潔癖症で、「宇宙人と交信している」、「地球を割ってみせる」などの発言があったとされています。晩年は霊界との通信装置の開発に乗り出し、公園を歌いながら散歩していて何か閃いたらしく蜻蛉返りをした、と当時の目撃者が記録しています。

解らなくもないけどw。

テスラは生前、社会とうまくやっていく能力にほんの少し欠け、いくつかの"競争"に敗北したこともあって、決して正当に評価された訳ではありませんでした。
でも、彼のお陰で、今やコンセントに差し込めば電気が出てきて、後世の人々が幸せに暮らすことができ、私も飯を食えるのです。
テスラは、百年後の我々の幸せに暮らす姿を思い浮かべることなく研究に没頭したのかも知れません。
そうであったとしても、私は、彼の一生は幸せなものだったと思えるのです。

発想の豊かな人に巡り合うと私は、『この人は幸せになるために選ばれた人なんだな』と、思うことがあります。
テスラの場合でも、本当は彼が選ばれているのに、彼は周囲を幸せにするだけで、そのことに誰も気づいていなかったのです。
幸せに関して、その人の生きる時代の要求や評価は、当てにならないものだと思います。

21世紀になり、ウェスティングハウス社は日本の東芝グループに買収されました。
その判断は、金儲けだけのためのものです。
技術伝承と世界平和の邪魔をしただけです。
環境に向けての昨今の動向にもこれと似たような匂いがし、地球温暖化問題は、誰が、何のために提唱したのか、その学術的な根拠とともに私には良くわかりません。
スポンサーサイト

テスラさん、自分は晩年のテスラさんに惹かれますね~。物理やりすぎた人は、あっちの世界に行くことが少なくないんですが、テスラさんもその例に漏れず、地球コイルなどという荒唐無稽な理論をおったてたりしてます。。現代物理は確立されすぎて、このような奇才が出る余地が少ないのが悲しいですw。

 うん…。
 うん…何かコツンときたけど、言葉にできない。

e-353lepさん

私は電気工学は専門外なので、交流理論は理解できそうにありません><
工学者としてのテスラ博士は、交流機器・系統、太陽光電池、ラジオコントロール、情報・エネルギー輸送等、現代の文明社会の根幹をなす技術を実用化したということで、賞賛に値するものだと思うのです。
しかしながら、エネルギーとしての磁界、UFOの推進機構や反重力装置など、現在の物理でも解明されていない分野ではオカルト呼ばわりされてしまったようです。
テスラ博士は、80才を過ぎるまで、毎日4時間睡眠で研究に没頭しました。
彼ほどの頭脳でこれだけの時間を費やして、本当に何も成果は無かったのでしょうか。
私は彼に、「mad-scientist」や「Dr.」ではなく、「はかせ」という称号を付けたいと思いますw。

e-353にこまるさん

コツンって・・・ 弘法大師が杖で地面を叩いたりしたのでしょ~か?(笑)

私はいろんな人から幸せを貰うことのできるタチなのですが、それは大して重要なことではありません。
また、私が幸せをもらえるような人は、多くが自分が幸せであることを認識しています。
ただ、一部の天才と呼ばれる人。
彼から私はたくさんの幸せを貰っているのですが、彼自身は真っ直ぐで、感情が先行し、自分の幸せに気付くことができないでいるようです。
課題の実現に向けて何らかの要因により集中できなくなった時、今の取り組みが誤りでないこと、その課題に対する一般的な知識・常識・裏話、打破のための糸口等をわかりやすく説明し、自分で解決できるように仕向けるようにしています。
土日しか家にいない父親の詭弁でもあるのですが・・・コツン

妥協と言うのはちょっと違うんですけどねw。

ちょっとテスラさんのことを調べていて、地球温暖化について考えてしまっただけなのです。
歴史に名を残すのは僅か一握りで、生きている間に賞賛を受ける人はそのさらに一部。
その他大勢の我々は、日々の幸せに感謝していれば良いのだと思います。
相手を思いやる心、その輪が広がれば、何でもできます。
幸せなんて生きている間に感じるもので、それが自分達が生きていたことの証になるのでしょう。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。