スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷(ナラタージュ)

今週の私は仕事に集中していました。
一年間の業務の成果をまとめ、論文を執筆していたのです。
なんだかなぁ・・・

この一年余りの間、私はブログで駄文を世界に公開していました。
読み手が何かしら心を揺さぶられるような文章を書きたいと思っていました・・・


「ナラタージュ」島本理生ところが、私は、見てしまったのです。

この人には、遥か昔に会ったことがある気がしました。
私とは世代も場所もかけ離れていたので、現実に会った訳は無いのですが、何故かそのような気持ちになりました。

書店に平積みになっていたその恋愛小説を何気なく手に取り購入したのです。
読んでみて、私は言葉を失いました。
文中で交わされる会話、状況の描写、構成、当時若干21歳の女流作家の文章に、私は心を鷲掴みにされてしまいました。

『こういう文章があるんだ』

この文章の存在を知ってしまって、私は文章を書くことができなくなりました。
私の脳内では、ちょっとおバカな3人が踊り始めました。

あれは、私が高校1年生だった頃。
入学間もない4月、二週間後に転居を控え、少し長い時間をかけて電車通学していました。
○○駅16:02発の××行き普通電車。乗車して2つ目の駅の前には、付属幼~高のある某女子大があります。
私は、その駅からその電車に乗ってくる、たぶん同学年の生徒に憧れました。もちろん、声を掛けるなんてできるはずもなく、ちらりと見てるだけでした。
今回、雷に打たれて、幼稚園の頃の初恋にしても、高校1年の一目惚れにしても、妻にしても、タイプが似ていることに初めて思い至ったのです。

『人の心を動かす文章って、こういうものなのかな』


身の丈で生きていくべきなのでしょう。
無理なものは望むべきではありません。
受け手としての感性が重要であって、書く側はウケを意識することなく淡々と記事を書いていればいいのだなと思いました。


なお、論文投稿規定によれば、句読点は「,」と「.」を使うことになっています。
出来上がった文章には、日本語の美しさを感じとることはできませんでした。
スポンサーサイト

Re: 雷(ナラタージュ)

 >私は、その駅からその電車に乗ってくる、たぶん同学年の生徒に憧れました。もちろん、声を掛けるなんてできるはずもなく、ちらりと見てるだけでした⇒私はこういう事なかったけど、高校生ってそういうのに憧れていた時代だったよねぇ~。
 私は通勤電車で降りる時に転んだらステキな男の子が助けてくれて恋が始まる…とか妄想してました。実際にはなかったけど。
 でも、クラスの女の子がいつも通勤電車で会う男の人を好きになってしまって、みんなで『どの人?』とドキドキしながら見たのを思い出しました。告白をすすめ、どうしたらいいか?皆で真剣に考えたんだよね。遠目から告白の様子を見てたのを思い出したらドキドキしてきました。ホント、懐かしい思い出です。DILIさんも告白すれば良かったのにv-238

雷に打たれて、って良いですね。胸が高鳴りますw
感情が抑えきれなくなる状況が好きです。
魂が震えるというか、何かが自分から湧き出て止まらないような、好きとか喜びとか怒りとか。
悲しみは、息が出来なくなるので苦手です。

ナラタージュを読んでみたくなりました!

にこまるさん

>DILIさんも告白すれば良かったのに。
そんな、人ごとだと思って、無責任な(笑)。
でも、当時は我が事以上に仲間うちで青春してたのでしょうね。
ちなみに、私は高校2年の秋、KKK会長と男2人で「ムナシイ同盟」を作ってましたww。

のーさん

うまく書けなかったので「雷」の一言に集約したのですが、ほんと、感情が後から後からわんこそばって感じでした。
のーさんのコメントにもびっくりですw。
おぬし、できる。

島本理生さんの小説は、丁寧に書かれているすべての文章が読み手の心に直接入ってくるものでした。
ナラタージュ、のーさんのお気に入りの本になるといいですね。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。