スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年上半期の目標

本年正月、今年上半期の目標を表明しました。

 一、人に優しくする。

 二、M浜⑤木マラソン、10km出走

一、につきましては、4月17日のDILI検特級認定証、二、は、5月11日のマラソン完走証を以って、達成したことにしちゃいます。

そうしなければ、一、なんて、答えがありません。

気になって集中できない人がいます。
気にするべきではなくて、自分の仕事に集中していればよいのですが、ちょっと右を向くと邪悪な気を漂わせながら呆けている人が目に入ってしまうのです。
かつては、離れて、短時間で、間にしゃへいを置くという、放射性線源のように扱っていました。
でも、平和利用のためには廃絶するわけにもいかないのです。
そこで、私は彼に優しくすることにしました。
優しくしていさえすれば、彼が何一つ仕事をしなくても、人の邪魔ばかりしていても、何も気になることは無く、自分の仕事に集中できます。
そのような彼ですが、最近はさらに酷いのです。6月末で退職するんじゃないかと思えるぐらい。
もう、ほとんど相手にしていません。
私は仕事に集中しているので、多分優しい。

以前から気付いていたのですが、私はおっちょこちょいです。
かまってもらえたら嬉しくなってしまって、良かれと思っていてもつい裏目に出てしまうこともあるのです。
相手のことも、自分のことも、良く知らないままに焼くお節介は、とんでもない方向に進展してしまうことがあります。
液体絆創膏とか、失敗ばかり・・・
明るく元気な自分であることを示していればそれで充分で、それがDILI検なのかと思っています。

「優しくする」のは、とても難しいことです。


二、は、われながら言い訳無用の目標設定で、「出走」としたことによりエントリーしただけで達成・・・なのか?

昨日までのシリーズで、いろいろと思うところを述べました。
長距離は、充分に準備をしないと、走ることなんてできないことがわかりました。
特に、若い頃ならなんでもないのでしょうが、関節に負担がかかるので、それに打ち勝つだけの筋力を鍛え、維持することが最低限必要になります。
数年前、私はサッカーをしていたにもかかわらず、アスファルト路は走ることができませんでした。
ちょっと走ったら、足首、膝、腰などに、衝撃が伝わるのです。
昨年末、潮江で偶然見つけたワゴンセールのジョギングシューズ。その時点では目的も無いままに、最もクッション性の高そうなものを購入しました。

ある程度筋力を付け、路上に出ました。
走っているうちは良いのですが、2~3日体を動かさないで筋力が落ちてくると、腰が痛くなってくるのです。
これは、相当過酷なスポーツであることを感じました。(あ、サッカーも、違った意味で過酷ですw)

本来、長距離の体を作るのには1年以上はかかるのでしょう。
今回、準備期間は4ヶ月だったので、それなりのメニューを考えたのですが、4ヶ月あったにもかかわらず、雪やら花粉やらへそが痛いやら、言い訳ばかり。

10kmコースにして良かったと思います。
直前にぎっくり腰になって良かったとも思えるのです。
腹痛も筋肉痛も関節痛も無く、1時間余をかけて走る10kmは、このうえなく素晴らしいものでした。



ゆっくり生きると周りが見える
周りが見えると優しくなれる
旅の贈り物
スポンサーサイト

 >液体絆創膏とか、失敗ばかり・・・→あぁ、あれねv-38。のーたん素直に試しちゃったもんねv-356
 自分に厳しいね。割とブログのつながりの人って自分に厳しいよね。
 DILIさん優しい人だと思うし、馬が合わない人ってどうしてもしるし。無理して頑張るとストレスになると思うんだよね。苦手な人は挨拶だけはとびっきりの笑顔でして、あとは放置してもいいと思うんだ。自分が苦手な人と頑張って距離を縮めようと思ってもまだ距離があるようなら、相手も自分の事を苦手と思っているから距離は縮まないんだろうし。気にしないことが一番(いい意味で無視)だと思うけどね。
 年齢を重ねるとどうしても体にガタがくるし、無理しないでねv-352
 

上半期の目標達成、おめでとうございます。
まだちょっと間があるように思いますがw

ここ数日のDILIさんの記事を読んで、全部にコメントしてました。(心の中でw)
「試験が終わると本当の勉強が始まる」、良い先生ですねー。
失敗から成功が生まれ、クレームから素晴らしいサービスが生まれる。
あ、液体絆創膏は、良い経験になったので、教えてもらって本当に良かったんですw

優しくするのは、本当に難しいですね。
自分は相手じゃないから。
絶対に相手になることが出来ないから。
でも、優しくしようとするその気持ちが大切と思います。
DILIさんはそれが分かってらっしゃるので、それで良いのだと思います。
失敗を恐れてしまっては、その先にある成功が見えません。
液体絆創膏も、どんどん人に薦めれば良いのです。
邪悪な気を漂わせながら呆けている人が怪我した時に、優しく差し出すのですww

>本来、長距離の体を作るのには1年以上はかかるのでしょう。

あるスポーツを始めて、そのスポーツに適した体になるには、10年掛かるのだそうです。
年は関係ありそうで、実は関係ありません。
私の師匠の1人、Hさんという女性は、52歳の時にジョギングを始めました。
肥満で高血圧で糖尿気味だったのが、67歳の今でもフルを走れる体になってます。
今からオリンピックを目指すわけでもないのでw、ゆっくりで良いと思います。
言い訳しながらえ、焦らず、諦めず、続けられたら良いですね。お互いに^^

10キロが最初で最後ってもったいないですね。
遠征とか行ってみると、また違った発見もあるんですけど・・・
DILIさんの実家のほうは、マラソンが盛んだと思うので、魅力ある大会もたくさんありそうです。

にこまるさん

>自分に厳しいね。
私に限って言えば、他人に甘く、それ以上に自分にはとびっきり甘ちゃんです。
たとえば仕事は、決して「楽をする」ものではありませんが、「楽しむ」ものだと思っています。「楽しむ」ためには「厳しさ」は邪魔をします。小言を言う暇があれば、生産性を高めることだけ考えていればいいと思うのです。手を動かして、気持ちを込めればいいのです。先人の工夫とか、いろんなものが見えてきますし、そのためには、たくさん勉強をしなければならないのですよね。

私は、人を嫌うことがないので、人間関係でストレスはあまり感じません。
病気や障害を持つ人に対して、そのことによってその人を嫌うことは、人間のクズだと思うのです。同様に、ある人の人格や考え方、個性や容姿が気にいらないといって、その人を嫌うことはできません。
相手の好きなところを見つければいいのです。
私は彼に対して、いつも正論を述べます。でも、言えない本当の事もあります。「自席で呆けられると皆の士気に係わる」と言う事はできても、「あなたは無能だ」とか、「あなたのことは誰も相手にしていない」とかは、言ってはいけないことです。
逆上されるだけです。
当社の上役は、彼の状況を知っています。
筆頭担当者である私の役目は、周囲に危害が及ばないようにすることです。
彼に2時間とか6時間とかしょーもないことで捕まって意気消沈している同僚に対しては、心のケアをしています。
なお、部署の中で、彼と最も多くの意見交換をする私が彼を遠ざけるのは、霊能力者の助言によるものです。

のーさん

>液体絆創膏
ぺこりe-466
いろいろとネットで評判を調べたのですが・・・
使用上の注意の沁みる時間が「やたら控えめな表現」であるとの評判は、確かにありましたe-466
伸縮性があると書いてあったのは、密着性が良いので皮膚を引っ張ってはがれないということだったようですねe-466
それにしても、割れるとはe-330
割れたら、割れ目に液体を注入しろってことでしょうね(また1分(泣))
やっぱり、関節には向いていなかったようですe-466
傷口をばい菌から守るには良いのでしょうが、傷が治ってからでないと剥がせないのではちょっと・・・
今度擦りむいたら、連絡します(罰ゲームかよっ)
つきましては、メアド教えて下さい(笑)。


「優しさ」は達成できる目標ではありませんでした。
現に、DILI検認定証受領後も、何度も新しい発見がありました。
何もしないというのも一つの答えですし、思いつく限り何でもするというのも。
でも、周囲に十人いれば、十の価値観があって、それぞれの人とのつながりもさまざまです。
喜びを言葉や態度で示してくれる人もいれば、疑心暗鬼に陥る人や、とても明朗になる人、自信を無くす人、倍にして優しさを返してくれる人、反応の無い人、気を遣ってくれる人。
私の同僚にとても「優しい」人がいます。仕事には厳しいのですが、誰に対しても優しくて、それがとても自然な優しさなのです。
彼のように私はなりたいのですが、まだまだです。


私は、結構年を食ってからサッカーを始めました。
団体競技に取り組むのはほぼ初めての経験でしたが、大声を出してグラウンドを走り回り、フォーメーションと技を磨き、1つのボールを1つのゴールに皆が力を合わせて叩き込むことの楽しさを知りました。

先日の大会で、ロードレースの楽しみを知りました。
長距離は自分との戦いとされていますが、私は、主催者側、同走者、沿道の応援、皆から元気をもらって、10kmなんて人間の走れる距離じゃないと思ってたのに、走りきることができました。
すごい団体競技だと思いました。
ただ、練習で出来なかったことが大会で出来たことについて、すごく不満に思っています。
いつか、自宅近辺の急坂の9kmコースを完走できるように鍛えて行きたいと思います。

私は転勤族なのですが、毎日のようにブログ記事の更新ができて、雨や雪でなければ昼休みにサッカーをして、2~3日に1回涼しい時間帯に走り、毎週のように宴会を開く、このような環境は今だけなのです。
異動になれば、走る時間も取れなくなるでしょう。
来年も今の職場であれば20km、異動していれば5km。首が爆発すればやめる。
でも、他の大会は考えにありませんでしたwww。

e-466×四

そんなに謝らないで下さいw、ほんとにちっとも怒ってませんから~
芸人としては体を張ったネタをアップできて本望なのです!
ていうか、そのメアドの訊き方、T市のH町あたりでよく聞きますw

>私の同僚にとても「優しい」人がいます。仕事には厳しいのですが、誰に対しても優しくて、それがとても自然な優しさなのです。

DILIさんがそうなりたいって思う人ですから、相当優しいんでしょうね。
何が優しさかって、凄く難しいのですが、いつも思っていることがあります。
自分の余裕を確保している時に人にやさしく出来るのは普通で、自分の余裕が減りそうな時にも人に優しく出来る人になりたいです。
私は必要以上に合理性を求める傾向があって、まわり道を無意識に嫌ってしまい、まわり道になりそうな時に、つい、人に優しくするのを忘れてしまいます。
共倒れになってでも人に優しくとまでは言わないんですけど、共倒れを恐れずに心から人のことを思える人に時々出会うと、自分が恥ずかしくなります。

>異動になれば、走る時間も取れなくなるでしょう。

もうすぐ転勤かも知れないのですね。
異動になったら、益々忙しくなるんでしょうか。
走るのを続けるには、週一だと辛いですね。
この間、静岡に走りに行った時、お昼になると静岡県庁からランナーが数人出てきて走っていました。
そういう風に少しでも走れる状況であれば良いですけど、仕事が忙しいのに折角の休息の時間に体力を使えないかもしれないですもんね。
もしも転勤になったとしても、10km走れる体をなんとか維持して欲しいですが、でも、DILIさんが充実した生活を遅れるのであれば、走ることにこだわらなくても良いとは思います^^
もったいないけどw

のーさん

こんちわっ。
e-466の絵文字、お気に入りなので。
のーさんの一層の体を張ったご活躍、お祈りしておりまするw。

T市H町では、私は良く道に迷います。
その夜、何度も行った店なのですが、1人で行って先行隊に合流するのは初めてでした。
店を探していたら、女性から声を掛けられました。
「おにいさん、マッサージして行かない?」
私は、「行くところがあるので」と言って、女性を後にしました。
私はうろうろしていたのですが、店は見つかりません。
しばらく歩いていると、前方に女性が立っていました。
「おにいさん、マッサージして行かない?」
一周してきただけやんかっ!

>「優しい」人
私は以前、彼が優しい人である理由のひとつがわかりました。
彼の優しさは、彼が10年、20年の長い間、常に周囲の人を大切にしてきて、身に付いたものなのです。
彼の前で自分の事ばかり話すのは、自分が恥かしくなるのです。
彼にいろいろと良くしてもらったり、いろんな情報を教えてもらったりしたら、私はその嬉しさや感謝の気持ちを言葉にして伝えるようにしています。
そして、彼の余裕が減った時には、私はなんとしても彼の力になりたいと思っているのです。押し付けじゃない自然な形で。

>転勤
年に2回の定期異動の時期が近づくと、「お世話になりましたっ!」という発言を良く聞きます。実際には発令の2日前まで全く分からないので、言うだけタダの世界です。
私のこれまでの異動は、いずれも油断しきった時でした。でも、今の職場に来て、油断しきっているのですが、未だお声は掛かりません。
会社の決めることですので、異動を想定して生き方を左右する必要はないのです。

昼休みに運動することを習慣としている人は、運動によりリラックスとストレス発散をして、午後からの仕事に集中しているのです。今は隣に土のグラウンドがあるのでサッカーで遊んでいますが、大抵の職場でも昼休みに20~30分体を動かすことは可能な環境にあります。
業務の遂行には、気力と体力を必要とします。タフでなければ勤まりません。
私の場合、首や腰を支える筋力を維持するためにも、運動は続けて行きたいと思っています。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。