スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序章 〔神〕

そんごくうは、わがままのかぎりをつくしていましたが、あるとき、おしゃかさまにおせっきょうをくらいました。


孫悟空は遙か遠い距離を飛び、世界の果てにある柱にサインをして戻ってきました。五本の柱と思ったのは、お釈迦様の指であり、掌から出ることはなかったとされたのです。その後改心し、三蔵法師の天竺への旅のお供をする事になりました。

この時、筋斗雲はとても速く飛行していたはずです。お釈迦様の掌が、筋斗雲の先回りをしたのか、悟空が銀河宇宙を何周かして元に戻っていたのかは分かりません。柱への道中、いろんな落とし穴があったことかと思われますが、筋斗雲に守られていた悟空は振り落とされることはありませんでした。短時間の遠くまでの旅を終えて五本の柱の前に立ったとき、それが落とし穴であることには気づきませんでした。
岩に閉じ込められ、頭にわっかを付けて救い出された後、三蔵法師と妖怪を伴ったその後の旅でも、多くの落とし穴が4人と馬を引き込んだのです。


世間一般の男子がそうであるように、私は物作りに憧れていました。
今の仕事は、どちらかというと作るより使う方、生産よりも消費型の業務に近いのかもしれません。
今日の舞台は、天上の世界です。

ある、3級神がいました。
彼は、自分では生産活動をせずに、部下である4~6級神の手柄は全て自分のものに、自分の恥は全て部下のものにします。
勉強もせず、他神の話も聞かないので、頭の中には独りよがりで構築した押し付けがましい世界観しかなく、考え方が大幅にずれています。

私は黙々と業務をこなしていました。
天上の世界には、多くの国という集団があります。そこでは、地上生命体の福や貧乏を司る神様や、地球上と同じように、官公庁や企業、商店があって、酪農、漁業等、いろんな神が自らの国の繁栄を願って働いています。
私は、勤め人です。我々の部署の業務は、生産型というよりも、種々の情報を収集してそれに付加価値を付けて販売する、付加価値を付けるに当たって、リソースの最適配分の観点から、必要に応じて外部の頭脳を導入する、消費型の業務なのです。

彼には周囲が見えておらず、狭い思いつきで周囲を振り回していたので、その部署がマーケットインとは程遠い、この世界の発展に寄与していないことは感じていました。
私は今からそれほど遠くない昔、ここのモチベーションが低いことや、我々の能力や可能性、神としてすべきこと等、具体策を交えながら彼に意見をしました。
結果は、何も変わりませんでした。自身の頭で考えることは無く、成り行き任せが続きました。
そのとき私は、見切ったのです。
ところがただひとつ、この「自分さえ良ければよい」という考えに、興味を持ってしまったのです。

人は、自分の感性を磨き、視野を広め、いろんな考えを取捨選択し、そのうえで自分を中心に考える生き物だと思います。周囲の人の幸福を第一義に考えていたとしても、考えるのは自分自身であり、それは当然のことですし、これは自己中でも何でもありません。
社会のなかで、人を尊敬し、人と関わりあうことは、自分の見識を広げる意味でも大切なことだと思います。
しかしながら私は、「自分さえ良ければよい」って、どんなものだろうと思い、試してみることとしました。
それからの2ヶ月の間、私は多くの者と喋りまくりました。
相手に気を遣うことなく、好き勝手喋っていれば良いので、とても楽でした。そして、ひとときを過ごした者が、翌日を前向きに生きる気持ちを受け取ってもらえたら良いと思ってました。
でも、自己中神の気持ちが少し分かり、自己中神の世界に少し近づき、私の性に合わないことを感じ、「明るさ」だけを残してお試し期間を終わったのです。
女神さまとの合コンも、いくつかのものを得ていくつかのものを失いつつ、この時期限りのものでした。

以降の私は、周囲がドン引きになろうが何しようが、明るく元気に日々を過ごすようになりました。そのせいかどうかはわかりませんが、職場も明るくなってきたような気がしています。
また、ブログのなかでテーマとしている元気や笑いも、この頃に私の中に明確になったものだと思います。

ところが、最近になって、これが落とし穴であったことの可能性に気付いたのでした。

(つづく)

スポンサーサイト

Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。