スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛^^

近頃、昼休みに癒されている曲、川嶋あい「ドアクロール」



「月」を見て、不思議に思うことがいくつかあります。
満月に、何故か、吼えたくなる。
何故か、牙が伸び、全身が毛むくじゃらになる。
・・・
1.何故、月にウサギがいるのか?
2.海の潮汐は、月の引力と言われているが、本当なのか?
3.月は地球の周りを公転しているのに、何故、地球に向けて同じ面を見せ続けているのか?

1.の答えについては、以前記事にしました
3.は、謎としてしばらく置いておくとして、今日は潮汐の話。

海の潮汐は、日に2回繰り返されます。月が南中したときの約4時間後と、そのさらに12時間余りの後に、もう一度海面の上昇があります。
4時間の遅れは、最も影響を受けた時から、海面の挙動へのタイムラグによるものです。太陽の高度と、季節の気温との関係のようなものです。

月の引力地球と月との間には、引力があります。
ここで、水は押すことはできても引くことはできません。従って、月の引力に海水が引っ張られるということはないのです。

図で説明しましょう。
上が月、下が地球で、地球は自転をしているので、月が見え隠れするのです。
月が頭上にある時、月の引力の分力(赤矢印①)が地球の海面を押し、オレンジ色②の部分の水位が上昇して満潮になるのです。

そしてその頃、地球の反対側では、満潮その2を迎えています。

月は、引力と公転による遠心力とでバランスをとって、地球の周りを回転運動しています。
この時、地球も月の周りを公転して遠心力を得ないと、月の引力に引かれて、地球は月に落ちてしまいます。
地球と月との関係は、図のA点を中心にした水色矢印の回転状態となっています。
つまり、地球の重心は、A点を中心として月の周りを公転し、それにより遠心力(緑矢印③)が生じ、その影響で④の海面が上昇するのです。

理解して頂けましたでしょうか。


引力で落ちないために遠心力を働かせるのですが、40億年の目で見たら一時のバランスでしかないのかもしれません。

スポンサーサイト

>理解して頂けましたでしょうか。

ごごご、ごべんだざいぃィ~(T▽T)←理解したい気持ちは満タン。

のーさん

早速のレポート提出に免じて、のーさん、物理65点差し上げます。
あとで、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90
のGIFを見て、目を回しておいてください。

引力は、質量が重いほど距離が近いほど大きくなるのですが、遠心力は、疲れるもののようです。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。