スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇の前の蛙

NHK「ちりとてちん」
ひぐらしのなく声が「怖い怖い・・・」と聞こえるって。

「うる星やつら」の面堂終太郎。閉所恐怖症の暗所恐怖症ですが、女性の前では平気な振り。
「Gu-Guガンモ」のガンモ。コーヒーで酔っ払うけれど、高所恐怖症の鳥。

私には、怖いと思っているものがいくつかあるのです。


第一章 「とろろこわい」

本日、会社で失敗をしました。
昼食時、本日のB定食は「とろろそば定食」。
前夜のブログで気持ちを高揚させ仕事に集中しようとしていましたが、午前中のミーティングでは、上司に向かって人格否定の言葉の数々。
言っても無駄なので距離を取ろうと思っていたのですが、あまりにも酷いので・・・

ミーティングは昼前に終わり、少しぼ~っとした頭で食券を購入。最近見た映画の影響か、蕎麦にとろろ昆布が泳いでいるものと思い込んでました。
定食だけあって、おにぎりが付いているのですが、いつものおばちゃんとのアイコンタクトにより、白ごはんも貰いました。そして、出てきた蕎麦には、なんと、すりおろした山芋がたんまりとかけてあったのです。
しまった、越前そばの醍醐味が出てきてしまった。

私は、スギ花粉とともに、山芋にアレルギー反応を示すのです。これを食べようものなら、内臓と言う内臓の粘膜が、内側から痒くなって、しんどくなるのです。
43℃を超えた風呂のように、私は、つゆをかき混ぜないようにそばを食べました。
(ちなみに、コーヒーはブラック党なので、ミルクを入れられてしまったら湯面を揺らさないように黒い部分を飲みます。)
食べ終わった器は、向こう側半分と、底に、醤油色に染まるとろろが残っていました。貧乏性なので、麺の残存率は少なかったようです。

それでも、胃壁や皮膚の弱い所等は発症し、未だに喉がいがらっぽいのは、午前中に喋りすぎたせいではないと思います。


第二章 「ジョギングこわい」

今年、赴任先での初詣のおみくじは「凶」。
所定の場所にくくりつけたものの、なんとなく凶の日々なので、おとなしくしているつもりなのです。

話は、今年の元旦に遡ります。
その日、1通の年賀状を受け取りました。
それは、かつての同僚からのもので、昨年はマラソンの大会にエントリーし始め、11月にはフルマラソンを走りきったと書かれていました。
彼は、この数年間、会社の昼休みにいつも走っている(らしい)のですが、それでも、単純な私は、その写真入りの総天然色年賀状に触発され、今年上半期の目標として、5月のマラソン大会で10kmにエントリーすることとしたのです。

1月9日早朝、私は5kmを約32分かけて、ゆっくりペースでとりあえず走ってみました。そして、
30分過ぎた頃から、ランナーズハイが来て、
半日ハイテンションだったのですが、
約12時間後に電池が切れ、

その後、私は、痛めつけられた肉体が弱っている一方、精神は研ぎ澄まされ、
いろんなことを感じる自分がいたのです。

何人かの人の守護霊。
会社に漂っている気。

その日の夕方、一次会の和風レストランでは、女将さんの具合がそんなに悪いという話は出ませんでした。
昨年から療養中であることは聞いていたのですが。
何故か、私は感じるままに、一昨年までのように月に3回程度、仲間を誘ってお店に通わねばならないと思ったのです。

亡くなられる3日前。
昼に電話して、ご主人が「今日は早い目に店を閉めたい」と言っていました。これまでも何回かあった時と同様、8時半ぐらいで切り上げることとして、メンバーを集めました。
宴が始まり、私はその時初めて、命に関わる事態であることを感じました。
あの日、店に行けて良かった。下の娘さんの結婚式の写真も見せてもらえました。
今後長く続く、恩返しのためにも。(行って、騒ぐだけなんですがw)
まだ、始まったばかりです。


私には、善は見えます。正確に言えば、あまり人を見る目が無くて、その人の善良な部分しか見えていません。
そのような私にとって、邪悪のようなものとか行く末とかを感じる能力は必要ではありません。

会社の近くは、昔の合戦場。
一人で走るのが怖いのです。
でも、解決策は知っています。周回を30分切れば良い。それだけのことです。

なお、第二章は、フィクションでお伝えしました。
走るのは怖くなくて、雪のため走っていないだけです。
しばらくしたら、花粉のため・・・???


第三章 「ブログこわい」

当ブログは、昨年の4月末に開設し、紆余曲折を経て今の形になっています。
ちょくちょくご訪問いただける方は既にご存知のことと思いますが、私は落ち着きが無いので2~3週間でブログのスタイルを変え、この世界の可能性を探り、いろいろと楽しんでいます。
いつでも辞めることのできるという思いのなか、9ヶ月余り、多くの得るものがありました。
でも、正月から1ヶ月余り続いたシリーズは、私にとってちょっと長過ぎました。
今は、自分で読み返して笑うことができる記事を目指してますので、引いてしまったりする方はまた3週間後ぐらいに再訪下さい。(でも、3月一杯は、仕事が忙しいのょ)

ブログを初めた当初、しょ~もない記事ばかり書いていました。当然、コメントを寄せていただける人も無く、足跡だけが私と外界を繋ぐ唯一のものでした。いろんな人のブログも読ませてもらっていました。
そして1ヶ月余りが経ち、とあるブログへのコメントデビューを果たしました。
そこで出会ったのが、今の、あたたかい仲間たちです。
わけのわからない自ブログの記事を基盤として、活動範囲を拡大したのです。

私は思いました。
ほんと、ブログって面白い。
特に、コメントのシステムが面白くて、レスを考えることが記事を書くよりも楽しいのです。

でも、自分のブログには何を書こうが読み手側が取捨選択すれば良いのですが、他の人のブログはそうはいきません。
私はそもそもが、自分のことを喋り始めたら、そう、何時間でも・・・という自己顕示欲が強い人間なのです。自分のことばかり書かないように気をつけ、何度も下書きを読み返して、ボツにすることも多く、送信ボタンを押すのにも勇気を必要としています。自分の記事なんて、書いてすぐ投稿なのに。
それでも、ひけらかしコメントが多い傾向があり、送ってしまってからも、くよくよしてしまったりして。相手のブログが荒れるんじゃないかと。

まだまだブログ初心者です。
初心を忘れたいのですがw

人のブログにコメントを寄せるのは、怖いのです。
でも、ほんとは、地球の平和を守るのに忙しくて・・・。


あとがき 「この記事はどこへ行く?」

私には、怖いと思っているものがいっぱいあります。
先端はダメです。
あと、女性も??
今週は、チョコレートも怖い???
饅頭だって、熱ぅ~いお茶だって・・・・

でも、アレルギー物質が一番怖いですね。
と、いうことで、第一章に戻る・・・
スポンサーサイト

後半の件、おっしゃりたいことはわかります。
私もついつい、人様のブログに自分のことばっかり書いちゃいがちですので。セーブセーブっと(汗)。
ブロガーならではの悩みでもあり、醍醐味でもありますね。
まあお互いそれぞれのペースでやってきましょ♪

みほちんさん

こんばんは。
皆が相手のことを本当に思い遣っていて、顔の見えない相手の反応に少し不安を抱きつつコメントを寄せている、いろんなブログのいろんなコメント読んで感じています。
自分で記事を書く場合は、特定・不特定の読者に向けて、自分のメッセージを発信していれば良いのです。
自分の記事についたコメントへのレスは、コメントを頂いたことへの感謝が伝われば良いなと思っています。
でも、人のブログにコメントを寄せようとすると、いろいろと考えてしまって。その不安な気持ちが文章に入ってしまったら、相手もレスに悩むのではないかと思ってしまうのです。ベテランブロガーにはそのような心配は要らないのかも知れませんが。
優しくないのに多感で、空気が読めないのにお節介で、人の話を聞かないのにお喋りで、褒められようものなら調子に乗って、私はコメンテーターには向いていません。
でも、これを乗り越えるのが醍醐味なのでしょうね。
優しさを手に入れることができたら・・・
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。