スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女丸伝説

多田神社多田満仲(源満仲)は、末子、美女丸を中山寺へ預けましたが、美女丸は修業をせず、気ままに暮らしていました。怒った満仲は、家来の藤原仲光に美女丸の首をはねるように申しつけました。驚いた仲光は、主君の子の首をはねることができず、我が子の幸寿丸の首を断腸の思いでかきとり、満仲に差し出しました。

君がため命に代はる後のよの 闇をば照らせ山の端(は)の月 (幸寿丸 辞世の歌)

出家した美女丸は、比叡山で修行に励み、やがて源賢阿闍梨(げんけんあじゃり)という高僧になりました。ある時、満願寺を訪れた源賢は、年老いた満仲と、子供を喪ったことに哀しんで盲目となった母公に再会します。源賢は満願寺に留まり、阿弥陀如来に誓願をかけ、「母の眼病平癒させ給へ」と丹誠こめて念じました。そして7日満願の暁には、母の両目が全快するという不思議が起こりました。
そして源賢は、両親に自分が美女丸であることを明かします。

link : 満願寺 お伽草子「満仲」


昨日、妻と息子は神戸ルミナリエへ、娘は学校へ出掛け、私はわん太と留守番ということに。
私は、早い目の昼食を済ませて、わん太に、「訪問販売や電話には出なくていい」と言い聞かせたうえで、散歩に出掛けたのです。

最初の目的地は、満願寺。周囲をT市に囲まれたK市の飛び地。
約80年前に、この元温泉リゾートに日本初のトロリーバスが走ったそうですが、遺構はありません。(無軌条なので)
満願寺へは、落葉を踏みしめハイキングコースを辿ることになります。雨の降った翌日などは、道が川になっているのですが、今回は大丈夫でした。
初級コースですw。

満願寺山門満願寺に到着。
秘仏の千手観音像は、春の彼岸中にご開扉。次回はスギ花粉の飛散状況と相談です。
お参りを済ませた頃、バスの発車時間が過ぎていました。
仕方が無いので、多田神社へのハイキングコースへ向かいました。


多田神社
満仲は、居城を築く土地を定めるため摂津の国の住吉神社に願をかけました。すると「汝の矢で北西の方を射よ。その矢のとどまる所を汝の住まいとすべし」とお告げを受けました。満仲はさっそく北西の空に向かって白い矢を放ち、家来を引き連れてその行方を追いかけました。
萩原の山の近くまで来ると、道行く人に「矢はこの山の向こうにある滝のあたりへ飛んでいったようです。」と教えられ、その鼓ケ滝へ行ってみると、川の流れの中に九つの頭を持った大きな龍が目に白い矢を受けて死んでいました。
満仲はこの地に居をかまえました。
多田神社は清和源氏の霊廟として、源満仲、源頼光、源頼信、源頼義、源義家が祀られています。

なお、海のある京都、F県O浜市の多田寺にも満仲公の墓があるのですが、なぜでしょう?
多田神社山門

橋を渡り、多田神社に到着。
正月と、4月の「源氏まつり」の時には賑うのですが、境内は閑散としていました。
御廟への門も閉ざされています。
お参りを済ませた頃、バスの発車時間が過ぎていました。

平野水少し歩いたので、甘いものが欲しくなり、自販機で「三ツ矢サイダー」を購入。(炭酸かよっ!)
実は、これはK市の名産品です。
「三ツ矢サイダ」ーの起源は、明治時代に宮内省が現在のK市の平野鉱泉を用いて炭酸水の御料工場を建てたことに始まります。その後民営化され、明治屋が権利を得て1884年に「三ツ矢平野水」として販売しました。なお、平野方面には、今も温泉病院があります(笑)。

そして、K市の名士である東京ヤクルト前監督のF氏が最上階を購入したと言われるマンションを横目に、徒歩により家に帰ったのでした。

歩いていた時間、約2時間半。
ちょっと疲れました。これでは、愛宕山は無理っぽい。


妻が帰り、報告したところ、
「山歩きするなら、誰かに連絡しておいてもらわないと困る」
と、言われたのです。

ついに徘徊老人化・・・・
スポンサーサイト

俳諧老人?

源氏の奥州支配の歴史的評価は、とりあえずおいて置いて。
奥州の「名族」はたいがい源氏が奥州へ連れて行って封じたというのが通説ですよね。
福島県の伊達郡に根付いた一族は、やがて米沢を根拠地とし、岩出山、仙台と移っていったと。
んで、明治維新で賊軍とされ、食っていけなくなった分家が入植したのが、北海道の伊達ですな。
うんうん。

 美女丸伝説可哀想なお話ですね。
 それにしても、2時間半。よく歩きましたね。
 >妻が帰り、報告したところ、
「山歩きするなら、誰かに連絡しておいてもらわないと困る」
と、言われたのです。
⇒想像してしまった。笑える。なんとなくその時の空気が想像できちゃって、やっぱおかしい。

☆クロンシュタットさん

初代仙台藩主伊達政宗は、ご母堂に毒殺されかけたりしたそうで、人事ながらちょっと気の毒です。最近では良く聞くような話ですが。
でも、人望の厚さが後世の繁栄につながったのでしょうね。最近ではあまり聞かないような話です。

☆にこまるさん

私は、このような話には、とても弱くて・・・
それだけに、周囲の人たちが幸せであるのならそれはとても尊いことで、自身も幸せな気分になるのです。

今回歩いたコースは、おおむね携帯の電波が届いていたのですが、妻はどうも私の運動能力を信用していないようで、「川にはまったら、携帯なんて使えない」だって。
返す言葉が無かったので、次回からは行程を連絡することに(笑)。

おねーさんの世界の「戦国武将ブーム」では、人気の1位が伊達君だとか。
昨日のNHKの歴史モノも伊達君だし。
仙台の光まつりも昨日スタートとのこと。
でも光まつりは、まだ見たことないんですよね。

ウンチクついでに。
伊達本家は賊軍ゆえ、明治の御世の「爵位」が、分家の宇和島伊達家(薩長側)より低かったんですわいな。

クロンシュタットさん

貴殿は時に訳の判らない事を曰ふ。
「おねーさんの世界」って、どんな所なんですか。
思い切り妄想が膨らんでしまいましたよ。

No title

TVニュースによれば...
最近は「若い女性」の間で、戦国武将ブームとやら。
関が原や春日山の史跡を、グループや単独で訪れる「若い女性」の姿。
関連グッズの販売も、専門ショップの誕生もあり、好調とか。
人気ランキング1位は、男性が織田君で、女性は伊達君。
「先日旅行して、仙台が素敵だったので...」との「若い女性」のコメント。
そんな感じです。確か。

史跡に向かって、えっちら(エッチら、ではありません)山登りしている姿は、
間違いなく、「おねーさん」でしたよ。んーすばらしい。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。