スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウノトリ

会社の城崎温泉の保養所の、来月の3連休の空き部屋があった。
前日にキャンセルがあったのであろうが、当日の夕には倍率が5倍となり、やはり、抽選に外れた。
しかたがない。天王寺動物園にでも行ってみよう。

コウノトリ(Oriental Stork)
絶滅危惧IA類(CR)、国の特別天然記念物(1956)、繁殖個体群・野生絶滅。
人間の赤ちゃんは、コウノトリが連れてくるらしい。

兵庫県豊岡市に、「コウノトリの郷公園」がある。
コウノトリの保護・飼育・増殖と、野生化に向けて、現在100羽を超えるコウノトリが飼育されている。
公園では、2005年から「放鳥」を行い、本年7月には、昭和39年の福井県小浜市における2羽以来、43年ぶりの野外での巣立ちを確認した。

J0403本日9月22日、3回目の自然放鳥(3羽)が城崎温泉で行われた。また、9月23日には、段階的放鳥(2羽)が豊岡市内で実施される。野外では、野生1羽を含め20羽(雄8、雌12)が生息することになるが、生息状況が順調なため、放鳥は当面(3年程度?)休止されるようだ。

今回放鳥の5羽のうち、2羽は、1971年に福井県武生市(現、越前市)で捕獲された雌「武生」の孫である。
「武生」は、絵本(くちばしのおれたコウノトリ)でも紹介された。
彼女は、雌の「紫」1羽を産んで2005年に死亡した。その「紫」の娘2羽が今回放鳥される。
かつて放鳥されたコウノトリは、福井県の西端、高浜町でも確認されたようだ。昭和30年頃、多く生息していた小浜や越前まで飛来すればいいのであるが。
両市では、コウノトリを新鮮な食料で迎えることができる田んぼ作りが行われている。

但馬地方は、米の産地でもある。
コウノトリの舞をもじった「こうのとり米」よりも、「あいがも米」の方が美味そうに思ったのは、私だけではない筈だ。
スポンサーサイト

写真のコウノトリの足があまりにもピーンとしているので、ぶら下がってみたくなりました。

・・・すみません、記事はすごく興味深かったのに、写真を見たらこんなコメントにe-263

のーさん

ぶら下がりは小人限定です(あ、大丈夫だv-198
コウノトリは、首に赤ん坊をぶら下げて飛ぶことは出来ないようです。

写真は、「コウノトリの郷公園」のHPから選びましたが、この「J0403」は、「武生」の孫です。
どこかで見かけたら、足につかまらせてもらえるでしょう。
Secre

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。