スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2010選歌(041:鉛 ~ 050:虹)

041:鉛(白田にこ) (さようなら)
片足の鉛の兵隊抱きながら恋に落ちたいと口ずさむきみ

042:学者(わたつみいさな) (あした、たとえば雨でいいから)
哲学者みたいな理屈で諭されてイカれてるのは僕だけでいい

043:剥(はこべ) (梅の咲くころから)
封筒の源氏の切手剥がしおきいつの間にやら箱は二つ目

044:ペット(砂乃) (通過列車)
ピペットの先を咥えたまま「フキ」と言ったあなたにまばたき返す

045:群(さかいたつろう) (流星文庫)
寂しいと鳴く群れの人その中で最も小さい鳴き声のきみ

046:じゃんけん(月の魚) (銀色水槽)
じゃんけんで、と突き出す拳 頑なに君は何かを守ろうとする

047:蒸(飯田和馬) (短歌手控え~題詠blog用)
蜜蜂に蒸殺されゆく生き物の複眼に消えた入道雲

048:来世(伊倉ほたる) (ほたるノオト)
てのひらを重ね合わせるあなたとは来世の川でまためぐり会う

049:袋(牛 隆佑) (消燈グレゴリー)
ねえ可愛いでしょうと君が伊勢丹の紙袋から取り出す月夜

050:虹(南葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
白銀の翼は穢れ虹色に鈍く光った キミは泣いてた
スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。