スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2010鑑賞(028:陰)

「028:陰」(TB~189)。

028:陰 (お気楽堂) (楽歌三昧)
紫陽花の根元の妙に濃い陰がひょいと動いて黒猫になる
ヒントはこの俳句
黒猫は黒のかたまり麦の秋 坪内稔典 / (参照:増殖する俳句歳時記

アジサイの花は、緑⇒白⇒青⇒紫⇒赤 などのように淡く色を変えて行くことから、花言葉は「移り気」とされています。
お気楽堂さんの歌では、アジサイのひと雨ごとに変わる色の陰から、急に黒が飛び出してきたことの驚きと、命の発見への驚きが表現されています。
後になって考えれば、そういえば陰(影)が妙に濃かったなぁと思わせます。
ヒントは示されていたので、そんなに驚くことは無かったんだと。

「028:陰」の歌たちを読んでいると、「陰」という漢字が含まれているだけで少し暗い気持ちになっていました。
でもこの歌では、帽子から鳩が出てくるような、なんだか楽しい気分に浸ることができました。
「ひょい」の使い方が絶妙でしたw
スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。