スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2009鑑賞(021:くちばし)

「021:くちばし」(TB~181)。

021:くちばし(月下燕) (a swallow under the moonlight)
くちばしもしっぽもあなたにあげましたただわたしだけいまはそれだけ

最初にお断りしておきます。
本日の観賞記事は、決して本心ではなくて、あくまでもひとつのそういう考え方もあるということでお読みください。
私はお子さまなので、読者の皆様にうまく伝わらないかも知れませんがw


命題 : 男女の間に友情関係は成り立つのかということ。

この歌において二人の関係はまだ浅い状態なのでしょうか。
くちばしやしっぽは、鳥の異性に対する愛情表現をとりもつ器官と言えます。
歌におけるわたしは、自分のくちばしとしっぽを相手に帰属させました。
それは、直接触れ合おうが触れるまいがどちらでも良い「何らかの方法」で、自分の身体の本来大切な一部を相手のものと思うことにしたのです。
そのように思うことにより、自分の意思で相手を奪うことはできなくなります。
相手の意思だけを尊重する状態が出来上がり、そこにはこちらの下心や肉体関係の無い、相手のことを思いやり支えたいと思う、心の固いつながりが芽生えるのです。

この「何らかの方法」は、肉体の触れ合いでも良いと思うのです。
でも、それはあくまでも手段のひとつであって、お互いを理解し信頼し、いつも一緒にいて、それぞれが高められて行く、そういった友達のような関係を目的とすれば、そこに男女の間の友情があるのかもしれません。


なんだかとりとめのない鑑賞になってしまいましたw
現実感からもほど遠いしww
男の身勝手な理論だし><
でも、自分から求められなくても、いまはそれだけでも、相手のことを正確に見てひとつひとつ問題を克服して行ってくださいね。(短歌のわたしへ)

スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。