スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2009鑑賞(009:ふわふわ)

これまでに投稿された「009:ふわふわ」の192首の歌を読んで、「ふわふわ」ということばについて考えてみました。

医学的に言えば、平衡感覚の異常。
でも、「ふらふら」とはちょっと違うものです。

五感で言うならば、
味覚:甘い、甘いんだよ
嗅覚:無臭、もしくは小さい頃に過ごした町の匂い
視覚:エクトプラズムのようなもので、見える人にだけ見える
聴覚:摩擦によるエネルギー損失の無い所に空気は振動しません
触覚:押せばわずかな力で変形するとともに反発があり、指先に神が宿るという

身長:不定、体重:軽い。
感覚で捉えれば、「優しい」とか「幸せ」のようなものでしょうか。
このような得体のしれないものである「ふわふわ」、いったい何だろうという私の気持ちにぴったりな歌がありました。


009:ふわふわ (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
2メートル先のworldendにはふわふわwaraw異世界のひと

小学校からの帰り道、普段はあまり喋ったことの無い不思議ちゃんから、なんだか訳の分からない「なぞなぞ」を出されたような感覚。答えを訊くことのないまま大人になってしまったみたいな、そのような気持ちにしっくり来る歌でした。
歌全体からふわふわの不思議がふわふわと漂ってきました。

弓道には「目付け」という用語があって、立った場合は約4m、腰掛けた場合は約3m、坐った場合は約2mの床上が目のつけどころとされています。相手や物を見つめることは、対象に心が集中してしまって心身がおろそかになります。「目付け」は、自己を見つめることにより場を掌握することで、その後の行動や結果に大きな影響を与えるのです。
「わたし」のそのような2メートル前には、「フォッ、フォッ、フォッ」とfriendlyにあいさつする等身大のバルタン星人がいる。
「waraw」という単語ひとつだけでも、ごはん3杯行けました。

2メートル離れているから冷静に相手を見ることができるのであって、相手を受け容れることへの不安と自己を見失う可能性への不安から、2メートルは確保しておきたいとの決意を示す「worldend」。
第三種接近遭遇をこれほどまでにあたたかく詠むことのできるhachicoさんなら、この先、何があっても大丈夫ですw
スポンサーサイト

060:引退(陸王)

「さようなら、引退します。」満月を見上げる度に姫の呟く


ちなみに、キャンディーズが普通の女の子に戻ったのは1978年4月4日で、30年後のこの日東京で同窓会が開かれました。
南海キャンディーズは、現役を続けています。
[没短歌]
毎月のように引退試合ありいつまでたっても引退できぬ
→引退し馬の肉食す雄の獅子の押す触肉の旨し退隠←
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。