スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況(その3)

鬱蒼と木々の生い茂るジャングルで、ぼくはひとり、道に迷っていた。
食べ物は既に底をつき、どの方向に何があるのかも全くわからない。
夜になるのが怖かった。
星は雲に隠れ、あかりひとつ無い暗闇のなかで、猛獣の唸る声にただ怯えるだけだった。

遭難してから8日目の夜、ぼくは食糧の匂いを嗅ぎつけた。
空腹で目が回っていたので、何でもいい、食べ物が欲しかった。
ぼくは疲れた足を引きずりながら、美味そうな匂いの方向へ歩いて行った。
その先にあった食べ物にぼくが手を伸ばした瞬間、

檻の扉が大きな音を立てて閉まった。

こうして、ぼくの8日間の冒険は終わった。
こうして、ぼくはさぁかすに戻った。

心配かけました。

カピバラ
スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。