スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年上半期の目標

本年正月、今年上半期の目標を表明しました。

 一、人に優しくする。

 二、M浜⑤木マラソン、10km出走

一、につきましては、4月17日のDILI検特級認定証、二、は、5月11日のマラソン完走証を以って、達成したことにしちゃいます。

そうしなければ、一、なんて、答えがありません。

気になって集中できない人がいます。
気にするべきではなくて、自分の仕事に集中していればよいのですが、ちょっと右を向くと邪悪な気を漂わせながら呆けている人が目に入ってしまうのです。
かつては、離れて、短時間で、間にしゃへいを置くという、放射性線源のように扱っていました。
でも、平和利用のためには廃絶するわけにもいかないのです。
そこで、私は彼に優しくすることにしました。
優しくしていさえすれば、彼が何一つ仕事をしなくても、人の邪魔ばかりしていても、何も気になることは無く、自分の仕事に集中できます。
そのような彼ですが、最近はさらに酷いのです。6月末で退職するんじゃないかと思えるぐらい。
もう、ほとんど相手にしていません。
私は仕事に集中しているので、多分優しい。

以前から気付いていたのですが、私はおっちょこちょいです。
かまってもらえたら嬉しくなってしまって、良かれと思っていてもつい裏目に出てしまうこともあるのです。
相手のことも、自分のことも、良く知らないままに焼くお節介は、とんでもない方向に進展してしまうことがあります。
液体絆創膏とか、失敗ばかり・・・
明るく元気な自分であることを示していればそれで充分で、それがDILI検なのかと思っています。

「優しくする」のは、とても難しいことです。


二、は、われながら言い訳無用の目標設定で、「出走」としたことによりエントリーしただけで達成・・・なのか?

昨日までのシリーズで、いろいろと思うところを述べました。
長距離は、充分に準備をしないと、走ることなんてできないことがわかりました。
特に、若い頃ならなんでもないのでしょうが、関節に負担がかかるので、それに打ち勝つだけの筋力を鍛え、維持することが最低限必要になります。
数年前、私はサッカーをしていたにもかかわらず、アスファルト路は走ることができませんでした。
ちょっと走ったら、足首、膝、腰などに、衝撃が伝わるのです。
昨年末、潮江で偶然見つけたワゴンセールのジョギングシューズ。その時点では目的も無いままに、最もクッション性の高そうなものを購入しました。

ある程度筋力を付け、路上に出ました。
走っているうちは良いのですが、2~3日体を動かさないで筋力が落ちてくると、腰が痛くなってくるのです。
これは、相当過酷なスポーツであることを感じました。(あ、サッカーも、違った意味で過酷ですw)

本来、長距離の体を作るのには1年以上はかかるのでしょう。
今回、準備期間は4ヶ月だったので、それなりのメニューを考えたのですが、4ヶ月あったにもかかわらず、雪やら花粉やらへそが痛いやら、言い訳ばかり。

10kmコースにして良かったと思います。
直前にぎっくり腰になって良かったとも思えるのです。
腹痛も筋肉痛も関節痛も無く、1時間余をかけて走る10kmは、このうえなく素晴らしいものでした。



ゆっくり生きると周りが見える
周りが見えると優しくなれる
旅の贈り物
スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。