スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味い^^

昔、良く遊んだ成分解析
今のHNを名乗り始めてからはやってなかったので。

DILIの成分解析結果 :

DILIの38%は陰謀で出来ています。
DILIの28%は勇気で出来ています。
DILIの16%は苦労で出来ています。
DILIの8%は時間で出来ています。
DILIの7%はビタミンで出来ています。
DILIの1%は犠牲で出来ています。
DILIの1%はかわいさで出来ています。
DILIの1%は愛で出来ています。


陰謀渦巻く38%・・・
愛が1%しかないので、引力に負けるんだなw。

本名でしてみた結果が↓。

「本名漢字」の成分解析結果 :

「本名漢字」の95%は言葉で出来ています。
「本名漢字」の3%は蛇の抜け殻で出来ています。
「本名漢字」の2%は波動で出来ています。


確かに、良く喋りますが、女性の前ではおそろしく寡黙な男です。

でも、WEB版より、良く当たるんじゃぁないでしょうか。

「本名漢字」の89%は乙女心で出来ています
「本名漢字」の6%は純金で出来ています
「本名漢字」の3%は濃硫酸で出来ています
「本名漢字」の2%は理論で出来ています


って、おかしいやろっ!


さて、神戸ハイカラ抹茶メロンパンのご報告(その2)

前回は、コーヒーと一緒に食べて、コーヒーに負けてしまっていましたが、今回は、緑茶との戦いです。
しかも、薄くてぬるい、白湯のような緑茶。
これに負けては神戸がすたる。

結果、確かに菓子パンにしては香ばしさはほとんど無いのですが、甘~い。
甘さだけが残り、舌の先端の刺激が暫く続きました。
味覚のうち、「甘み」は、舌の先端部分で感じるそうな。
そこで、成分を確認してみました。

小麦粉、小豆かのこ入り抹茶あん、マーガリン、糖類、卵、パン酵母、抹茶ペースト、食塩、加工油脂、ソルビトール、イーストフード(硫酸Ca等)、香料、ビタミンC、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)


ここにも私の成分(濃硫酸、ビタミン)が含まれています。
そして、甘味料として、ソルビトールを使用しているようです。

Wikipediaより
ソルビトール(sorbitol) : 甘味があり、食品添加物などに用いられる。また、水に溶解する際に吸熱反応を起こし、口の中でひんやりとした感触がすることから、飴・ガムやスナック菓子等に清涼剤として用いられる。
リンゴの「蜜」と呼ばれる半透明部分は、ソルビトールの蓄積による。


なるほど、なるほど。
甘みと刺激を感じたのは、間違いではなかったようです。
それにしても、抹茶や、あん等の香りは、ほとんど感じません。

私は、甘いものを食べると幸せな気分になるのですが、この抹茶味のメロンパンは、自己主張が下手なのかもしれませんw。
次は、牛乳と戦ってみよう^^。
スポンサーサイト

愛^^

近頃、昼休みに癒されている曲、川嶋あい「ドアクロール」



「月」を見て、不思議に思うことがいくつかあります。
満月に、何故か、吼えたくなる。
何故か、牙が伸び、全身が毛むくじゃらになる。
・・・
1.何故、月にウサギがいるのか?
2.海の潮汐は、月の引力と言われているが、本当なのか?
3.月は地球の周りを公転しているのに、何故、地球に向けて同じ面を見せ続けているのか?

1.の答えについては、以前記事にしました
3.は、謎としてしばらく置いておくとして、今日は潮汐の話。

海の潮汐は、日に2回繰り返されます。月が南中したときの約4時間後と、そのさらに12時間余りの後に、もう一度海面の上昇があります。
4時間の遅れは、最も影響を受けた時から、海面の挙動へのタイムラグによるものです。太陽の高度と、季節の気温との関係のようなものです。

月の引力地球と月との間には、引力があります。
ここで、水は押すことはできても引くことはできません。従って、月の引力に海水が引っ張られるということはないのです。

図で説明しましょう。
上が月、下が地球で、地球は自転をしているので、月が見え隠れするのです。
月が頭上にある時、月の引力の分力(赤矢印①)が地球の海面を押し、オレンジ色②の部分の水位が上昇して満潮になるのです。

そしてその頃、地球の反対側では、満潮その2を迎えています。

月は、引力と公転による遠心力とでバランスをとって、地球の周りを回転運動しています。
この時、地球も月の周りを公転して遠心力を得ないと、月の引力に引かれて、地球は月に落ちてしまいます。
地球と月との関係は、図のA点を中心にした水色矢印の回転状態となっています。
つまり、地球の重心は、A点を中心として月の周りを公転し、それにより遠心力(緑矢印③)が生じ、その影響で④の海面が上昇するのです。

理解して頂けましたでしょうか。


引力で落ちないために遠心力を働かせるのですが、40億年の目で見たら一時のバランスでしかないのかもしれません。

笑って^^

本日、夕食を終え、部屋に帰って、何気なく自分の足を見ました。

なんと、左足の靴下が、上下逆になっていました。

靴下の足の裏の部分が、足の甲にあり、驚いたのです。[再現写真]

小さい頃は、裏表逆に穿いて、左右にヒゲが一本ずつ伸びる光景は良く目にしたのですが、本日のは180度回転でした。

そういえば、今日に限って、朝、靴下を履くとき、ちゃんと対になっていることを確認したのです。
昼はランニングしなかったので、履き替えたわけではありません。仕事に熱中するあまり、半日かけて靴下が回転運動をしていたことに気がつかなかったようです。
ここは北半球なので、左回りだったのかもしれません。
小人のしわざという可能性もあります。

ともあれ、記事をアップすることだけはできたようです。

ミステリーツアー

大阪市交通局 御堂筋線 梅田→淀屋橋 間。
「電車がカーブを通過します、ご注意ください。」と、自動放送が2回。
この放送により、私の旅情は掻き立てられます。
十数年前は、こうではありませんでした。
「電車が曲がります、ご注意ください。」
当時、私はその放送を聞くたび、期待に胸を躍らせていたのですが、結局は曲がることはありませんでした。スプーンのようには。

息子は、南海なんば駅で暫く写真撮影。8000系の試運転車輌は、見ることができませんでした。
昨日の目的地のひとつ、南海 浜寺公園駅に到着。
明治40年建造、国内で現存する最古の洋風駅舎であるとのことです。
当然のように、円形郵便ポストでした。
南海 浜寺公園駅

当初定めた行程では、浜寺公園を歩いた後、阪堺電車に乗車し、新今宮からJRに乗り換えるというもの。
浜寺公園駅到着の直前に、息子から、「羽衣駅からJRに乗り、阪和線の103-1を捜したい(ホームで1時間待ちたい)」と、予定変更の提案を受けました。
そこで、浜寺公園で下車し、公園内を羽衣まで一駅分歩くこととしました。
モ701形
南海浜寺公園駅の近くに、阪堺浜寺駅前駅があります。
乗らないことになったので、写真撮影に行きました。
停車していたのはモ701形。そして、

「そいつを撮っていると そいつがやって来た。」

次の車両が到着し、見れば、吊り掛け動のモ351形。
モ351形前回阪堺電車に乗った時は、モ701形とモ601形しか走っていませんでした。
予定変更その2 「阪堺電車に乗って新今宮へ行こう。」
次発の、モ351形(昭和38年帝国車輌製)に乗車し、音を楽しみました。
空気ばね台車ですが、面白いぐらい横揺れします。
なお、吊り掛け式というのは、車輪の歯車を直接モータで駆動する方式で、独特の懐かしい音がするものです。近年では電気機関車等で採用されていますが、乗り心地が悪くなるので、電車では古いものでしかお目にかかれません。
すると、

「そいつに乗っていると そいつがやって来た。」

モ161形阪堺電車の昼間ダイヤは、1時間に5本。乗車していると6分毎に対向車輌とすれ違います。1本目が自車と同じモ351形。そして、次に来たのがモ161形(昭和3年川崎車輌製;非冷房)。うわっ!
どこかで下車すると、24分後にこれに乗車できる計算。
ということで、予定を変更して住吉駅で、乗換券をもらって降車しました。
阪堺電車は、阪堺線(恵美須町-浜寺駅前 14.1km)と、上町線(天王寺駅前-住吉公園 4.6km)から成り、住吉駅と我孫子道駅は乗り換え指定駅となっています。
木造の車内待っていると、次に来たのが上町線のモ161形。行き先が天王寺駅になりました。
住吉大社にお参りする時間はありませんでした。

80年間走り続けてきた木造車体。ヘタな蒸気機関車よりも長く、「走る昭和」です。これからも走り続けてほしいものなのですが、LRT対応計画があり、あと2~3年くらいでしょうか。

JR天王寺駅に入り、阪和線の103-1を待ちましたが、20分で断念。
JR東海道線は、湖西線の強風と、東海道線の「飛来物(車掌談)」の影響で、6分程度の遅れ。
飛来物は、多分、UFO。

JR尼崎駅で降りて、「ホビスタ」へ行きました。ジオラマは、最後となっていた「名古屋方面」が、完成していました。
最後の目的地からの帰路、尼崎駅のホーム。
223系2000番台6次車
「そいつが、居た。」

223系6次車。
来月開業の「おおさか東線」向けの新造車輌。JR東西線対応のため、両パンタ装備。
尼崎-奈良間の直通快速用とされていますが、平日の朝夕運転のため、見たいけど見られないので試運転を見たかったとのことです。
2005年10月撮影
息子は鉄に関して、「急な予定変更に対応できない」は、当てはまりません。

なお、浜寺公園には、モ121形(元大阪市電1601形電車;昭和4年製造)が、展示されています。

グリーンジャンボ

2008年2月23日
大安吉日

にゃんかい にゃんば駅 宝くじ売り場で、連番10枚購入。

帰宅して、番号を確認したら・・・・・・



キリ番でした。



当たるかよっ!

続・DILI占い

前作、好評につき、またまた占いメーカー してみました。

私は暇なので、表示されるメッセージまで入力してしまいました。
(前回と同じこと、言ってます)

出来たのが、続・DILI占い

続・DILI占い


名前を入れるだけで、続・DILI占いができます。
やってみてちょw

なお、占いメーカーは、入力文字列の改行を認識してくれません。制御文字を使えるかどうかは、わかりませんです。

性格診断

これ、あまりやりたくないんだけど。
すごく当たるので。
面倒くさいし・・・

無料性格診断WEB 人間研究所

50の質問に答えたら、性格を236タイプのいずれかに分類してくれます。
結果、出ました。

No.128 お天気屋タイプ!
☆機嫌の良い時と悪い時の差が大きい
☆何でも直感で判断する
☆面白おかしく生きている
☆惚れっぽい
☆話が飛躍する


○機嫌の良い時と悪い時の差は極めて大きいのです。顔に出てます。でも、機嫌の悪い時間は、一生のうちの僅かです。
○私は、思いっきり直感重視です。が、判断は、冷静な分析の結果により下します。でも、相反する考えが渦巻いていて、結局は、勢いで?
○一言で言えば、面白おかしく生きてます。でも、他人から見たら、ちょっとおかしく見えているのかも。
○「惚れっぽい」については、ノーコメント。突っ込むところでもありません。
○話は、飛躍してます。付いてきてくれる人、募集中です。
まあ、当たってると言って差し支えありません。


引き続き、ほぼ同じ50問により、性格を22タイプに分類する、「エゴグラム性格診断」
やってみた結果が、これ!

C.エネルギーの空回りタイプ

このタイプのアナタは・・、感情が先走って、空回りしがち!
このタイプになったアナタの特徴
(以下の判定において、( )内は感想です。)

・うまい話に飛びつきたがる (うまい話には飛びつきますが、うまい話はそうあるものではありません)
・右往左往する (してます。動物園の熊のように。仕事中でも。)
・「待てよ・・」と腰を下ろす時間が長い (これは無いです。気が短いもので、結論を、早急に出してしまいます。会議は5分まで。)
・理論の進め方が理論的でない (そこに面白さがあると思うのです。)
・話が飛躍してしまう (そりゃもう、何処かへ。)
・ちょっと良いことが起きると舞い上がる (当然です。)
・エネルギッシュだ (3分で切れます。)
・振り回される (振り回されたり、振り回したり。)
・ほれっぽい (って言われるの、嫌だって。)
・あさっての方向に走りだす (私がぴゅ~って走っていく方向があさってです。)
・計算できない (計算しません。それが、対人関係。)
・損をする (損を損と思わない限り、損はしません。反省ならいつも、猿のように。)
・悪い人間に肩入れしてしまう (私の周囲に、悪い人間は居ないんだなぁ。)
・行き当たりバッタリだ (かもしれないw)
・一生懸命頑張る (このうえなくへたれです。)
・能力以上のものを背負いたがる (いつもです。)
・異性にだまされる (だまされて本望。)
・肝心カナメの所でなぜか手抜きをする (これがとても当たっているんだなぁ。ほんと、「なぜか」です。)


ま、こういう面もあるってことですね。
そういえば、日曜日こっちへ帰ってきた時、路面が凍っていて左前輪が空回りしてました。

続・蛇の前の蛙

アレルギーの話題の続き。

スギ花粉の季節に、私は、目、鼻、口、耳、へそ 等、穴という穴が痒くなります。眼球などは、ちょっと取り出して歯ブラシで洗浄したくなってしまいます。
スギ花粉の粒子径は20~40μm、ヒノキ花粉の粒子径は30~45μmとされています。
ちなみに、DILIの眼球は、30mm程度なのでしょうか?(って、聞かれても)。
抗原として認識するには、粒子径だけでは無く、その構造によるようですが、私は今のところヒノキ花粉は大丈夫のようです。
今から十数年前、東京に住んでいた頃、スギ花粉大量飛散の年がありました。私はその年までは平気だったのですが、翌年、油断したのか、スギ花粉への感受性を持ってしまったのです。
アレルギーはコップが溢れるのに例えられることがあります。人は、アレルギーのコップを持っていて、そこにスギ花粉を注いでいったら、溢れた時に花粉症になるというものです。コップの大きさはそれぞれで違っていて、コップが小さいほど、花粉を浴びる機会が多いほど、発症しやすいと。人によってはコップが大きいので、死ぬまで溢れることがないのですが、発症の可能性は誰にでもあるということのようです。
この記事、ここまで、「コップ」は5回。ええかげん、脳内にロボ・コップ(ミニ)が溢れてきた人がいるかと思いますので、以降「カップ」と表記します。

山芋アレルギーになったのは、この6~7年のこと。
平日は単身寮で朝晩の食事をとっていたのですが、朝は週に1~2度、夕は月に2~3度、山芋が出ていました。数年で、カップが溢れたのです。
以降、朝は寮室で菓子パンを食べるようになりました。コックさんも自己都合により、代替わりしました。
でも、お好み焼きは大丈夫なようで、自分で自分が分かりません。

そして、もう一つ。以前に記事内で紹介しましたが、猫アレルギーのこと。
私は、にゃんこが近くにいると、くしゃみが出ます。
猫胞子に対するカップが、やたら小さいのでしょうか。


日曜日、ウォーキングの際、公園のベンチで私はひとり ぼ~っとサンデイパークしていました。
犬が二匹、飼い主を伴って散歩していました。
うち一匹は、普通に歩いてはいますが、ちょっと体調が悪いようです。飼い主は気付いていないようでした。

私には、犬語がわかります。ヒアリングだけで、話すことはできませんが。
でも、うちのわん太は無口な冒険家なので、あまり喋りかけてきません。
先代は、良く自分を表現してくれたのに。なにしろ、雌犬だったので。

Valentine's Day

2月14日は、良い子にしていないとチョコレートをもらえない日。
私は今年初めて歌を歌いに行きました。
本来、「上げるから、来い!」であるべきで、年に何度かある、呼ばれない限り行くべきではない日のひとつと位置づけられています。

Aに言わせれば、私はこの日、不機嫌だったようです。
朝から私の席の後ろで、Bは、同僚のCにいわれの無い責めを受けていました。本来、Cの仕事ではない事柄に関して、Bに、大声で難癖をつけていたのです。
朝からうるさかったので、彼らの話が終わった後、私はBに、別件で小言を言いました。
Aに言わせれば、私の口調がとてもキツかったようです。
その後も、CのBへの責めは断続的に、午後まで続いたのです。
そして、その後Bは、3時間ほど姿をくらましました。
Aは私に、「DILIがいぢめたので、Bはどこかで泣いているんじゃないか」と言いました。
そして、Bは帰ってきました。図書室の静かな環境で、仕事をしていたそうです。
でも、またCにつかまっていました。
Bは、5時半の終鈴とともに、帰宅しました。
Aがまた、「DILIが辛く当たったからだ」と言いました。

こうして、私が飲み屋に行かねばならない理由が出来上がったのです。
同僚Dを仲間に入れ、Bの慰労会を急遽企画し、3人で隣接市まで向かったのです。

店は、「来たので、くれ!」のお客さんで賑わっていました。
Dのお気に入りの女の子からは、よくぞDを連れてきてくれたと感謝されてしまいました。ちぇっ。
Bは、目はうつろでありながら、楽しんでいた・・・んだと思います。
私はいつものように、BとDをおもてなしすることを楽しみました。
ともあれ、義理チョコ2ヶずつ ゲッツ。

そして、私の凄いところは、ここからです。

翌日、2つの大きな不幸がBを襲いました。
Bは、へたれなので、普段なら落ち込むところでしょうが、その日は笑ってました。
前夜、無理してでも騒ぎに連れて行って良かったと、私は思ったのです。


そして、妻からのチョコレートは、これ

バレンタインメーカー

蛇の前の蛙

NHK「ちりとてちん」
ひぐらしのなく声が「怖い怖い・・・」と聞こえるって。

「うる星やつら」の面堂終太郎。閉所恐怖症の暗所恐怖症ですが、女性の前では平気な振り。
「Gu-Guガンモ」のガンモ。コーヒーで酔っ払うけれど、高所恐怖症の鳥。

私には、怖いと思っているものがいくつかあるのです。


第一章 「とろろこわい」

本日、会社で失敗をしました。
昼食時、本日のB定食は「とろろそば定食」。
前夜のブログで気持ちを高揚させ仕事に集中しようとしていましたが、午前中のミーティングでは、上司に向かって人格否定の言葉の数々。
言っても無駄なので距離を取ろうと思っていたのですが、あまりにも酷いので・・・

ミーティングは昼前に終わり、少しぼ~っとした頭で食券を購入。最近見た映画の影響か、蕎麦にとろろ昆布が泳いでいるものと思い込んでました。
定食だけあって、おにぎりが付いているのですが、いつものおばちゃんとのアイコンタクトにより、白ごはんも貰いました。そして、出てきた蕎麦には、なんと、すりおろした山芋がたんまりとかけてあったのです。
しまった、越前そばの醍醐味が出てきてしまった。

私は、スギ花粉とともに、山芋にアレルギー反応を示すのです。これを食べようものなら、内臓と言う内臓の粘膜が、内側から痒くなって、しんどくなるのです。
43℃を超えた風呂のように、私は、つゆをかき混ぜないようにそばを食べました。
(ちなみに、コーヒーはブラック党なので、ミルクを入れられてしまったら湯面を揺らさないように黒い部分を飲みます。)
食べ終わった器は、向こう側半分と、底に、醤油色に染まるとろろが残っていました。貧乏性なので、麺の残存率は少なかったようです。

それでも、胃壁や皮膚の弱い所等は発症し、未だに喉がいがらっぽいのは、午前中に喋りすぎたせいではないと思います。


第二章 「ジョギングこわい」

今年、赴任先での初詣のおみくじは「凶」。
所定の場所にくくりつけたものの、なんとなく凶の日々なので、おとなしくしているつもりなのです。

話は、今年の元旦に遡ります。
その日、1通の年賀状を受け取りました。
それは、かつての同僚からのもので、昨年はマラソンの大会にエントリーし始め、11月にはフルマラソンを走りきったと書かれていました。
彼は、この数年間、会社の昼休みにいつも走っている(らしい)のですが、それでも、単純な私は、その写真入りの総天然色年賀状に触発され、今年上半期の目標として、5月のマラソン大会で10kmにエントリーすることとしたのです。

1月9日早朝、私は5kmを約32分かけて、ゆっくりペースでとりあえず走ってみました。そして、
30分過ぎた頃から、ランナーズハイが来て、
半日ハイテンションだったのですが、
約12時間後に電池が切れ、

その後、私は、痛めつけられた肉体が弱っている一方、精神は研ぎ澄まされ、
いろんなことを感じる自分がいたのです。

何人かの人の守護霊。
会社に漂っている気。

その日の夕方、一次会の和風レストランでは、女将さんの具合がそんなに悪いという話は出ませんでした。
昨年から療養中であることは聞いていたのですが。
何故か、私は感じるままに、一昨年までのように月に3回程度、仲間を誘ってお店に通わねばならないと思ったのです。

亡くなられる3日前。
昼に電話して、ご主人が「今日は早い目に店を閉めたい」と言っていました。これまでも何回かあった時と同様、8時半ぐらいで切り上げることとして、メンバーを集めました。
宴が始まり、私はその時初めて、命に関わる事態であることを感じました。
あの日、店に行けて良かった。下の娘さんの結婚式の写真も見せてもらえました。
今後長く続く、恩返しのためにも。(行って、騒ぐだけなんですがw)
まだ、始まったばかりです。


私には、善は見えます。正確に言えば、あまり人を見る目が無くて、その人の善良な部分しか見えていません。
そのような私にとって、邪悪のようなものとか行く末とかを感じる能力は必要ではありません。

会社の近くは、昔の合戦場。
一人で走るのが怖いのです。
でも、解決策は知っています。周回を30分切れば良い。それだけのことです。

なお、第二章は、フィクションでお伝えしました。
走るのは怖くなくて、雪のため走っていないだけです。
しばらくしたら、花粉のため・・・???


第三章 「ブログこわい」

当ブログは、昨年の4月末に開設し、紆余曲折を経て今の形になっています。
ちょくちょくご訪問いただける方は既にご存知のことと思いますが、私は落ち着きが無いので2~3週間でブログのスタイルを変え、この世界の可能性を探り、いろいろと楽しんでいます。
いつでも辞めることのできるという思いのなか、9ヶ月余り、多くの得るものがありました。
でも、正月から1ヶ月余り続いたシリーズは、私にとってちょっと長過ぎました。
今は、自分で読み返して笑うことができる記事を目指してますので、引いてしまったりする方はまた3週間後ぐらいに再訪下さい。(でも、3月一杯は、仕事が忙しいのょ)

ブログを初めた当初、しょ~もない記事ばかり書いていました。当然、コメントを寄せていただける人も無く、足跡だけが私と外界を繋ぐ唯一のものでした。いろんな人のブログも読ませてもらっていました。
そして1ヶ月余りが経ち、とあるブログへのコメントデビューを果たしました。
そこで出会ったのが、今の、あたたかい仲間たちです。
わけのわからない自ブログの記事を基盤として、活動範囲を拡大したのです。

私は思いました。
ほんと、ブログって面白い。
特に、コメントのシステムが面白くて、レスを考えることが記事を書くよりも楽しいのです。

でも、自分のブログには何を書こうが読み手側が取捨選択すれば良いのですが、他の人のブログはそうはいきません。
私はそもそもが、自分のことを喋り始めたら、そう、何時間でも・・・という自己顕示欲が強い人間なのです。自分のことばかり書かないように気をつけ、何度も下書きを読み返して、ボツにすることも多く、送信ボタンを押すのにも勇気を必要としています。自分の記事なんて、書いてすぐ投稿なのに。
それでも、ひけらかしコメントが多い傾向があり、送ってしまってからも、くよくよしてしまったりして。相手のブログが荒れるんじゃないかと。

まだまだブログ初心者です。
初心を忘れたいのですがw

人のブログにコメントを寄せるのは、怖いのです。
でも、ほんとは、地球の平和を守るのに忙しくて・・・。


あとがき 「この記事はどこへ行く?」

私には、怖いと思っているものがいっぱいあります。
先端はダメです。
あと、女性も??
今週は、チョコレートも怖い???
饅頭だって、熱ぅ~いお茶だって・・・・

でも、アレルギー物質が一番怖いですね。
と、いうことで、第一章に戻る・・・

三連休を終えて

帰ってきましたっ!

♪地球ぅのっ ♪平和をっ
♪まっもっるっためっ! (実は自慢するため~)♪


パン工場で元気一杯

泣いている子はいないかぁっ??
(なまはげかよっ!)

ということで、パン工場みやげ
新製品が出ていました。

神戸ハイカラ抹茶メロンパン

しっとり、ふんわり 神戸ハイカラ抹茶メロンパン
「丁寧に蒸し焼きし、やわらかな食感に仕上げました。風味豊かな小豆かのこ入り抹茶あんを包みました。」
(包装から転載)

明日の私の朝食です

DILI占い

仕事忙しくて、忙しくて、
息抜きに、占いメーカー してみました。

占いのタイトル、%の説明、占いの説明文を入れるだけで、オリジナルの占いが出来上がります。
私は暇なので、表示されるメッセージまで入力してしまいました。
(さっきと言っていることが違います)

10分で出来たのが、DILI占い

DILI占い

名前を入れるだけで、DILI占いができます。
やってみw


なお、占いメーカーで自分の占いを作る場合には、特別条件のパーセンテージは半角数字で入れないと、全クリアになってしまいます。気をつけてください。

家の前の道、

凍結してます。
ノーマルタイヤでは止まれません。ブレーキを踏んでも、ABSが働くだけです。

バス

今日は、朝8時頃から15時頃まで、ずっと雪でした。
積雪量、それでも約5cm。

11年前にも同程度の降雪がありました。
路線バスはスタッドレスタイヤを履いているのですが、ノーマルの車が道を塞ぐと陸の孤島になります。
あの頃は自宅から通勤していました。
未明からの雪で、6時ごろのバスはチェーンを巻いて走っていたのですが、その後バスは来なくなり、会社を休み、次にバスが来たのは16時半でした。

2年前に大雪があったので、近所ではスタッドレスタイヤを履いている車が結構います。それでも、ノーマルタイヤの方が多いようです。

公園

近畿地方は和歌山さえも雪でした。

2008.2.5

先週土曜日、私が定時以降をよく仲間と過ごす、レストランの女将さんが亡くなられました。
お店で私は、いつも癒されていました。
私は昨日、皆から香典を預かり、葬儀に列席しました。

読経の喧騒のなか、私は遺影を見つめ、これまでのいろんな会話を思い出していました。
お経が短く思えるほど、お世話になった、迷惑をかけた、楽しかった、たくさんの思い出がありました。

焼香の時間。
これまでのお礼、
ご主人と娘さんたちを温かく見守ってもらえるようにお願いし、
そして、「さよなら」。

その1時間を経て、私の気持ちは、生きている人にだけ向けることができるようになりました。
不謹慎かもしれませんが、あたたかいお葬式でした。
亡くなられるのは早すぎたのですが、明日の希望を受け取りました。


私は入社以来、会社では黙々と仕事をしていました。
お店に通い始めたのは、この5~6年のことですが、その頃から私は、会社では元気に明るく、楽しみながら仕事をするようになっていました。
それは、新鮮な魚の力なのかと思ってました。
仲間を誘い、陽気に騒いで、笑って、それが仕事の活力になっていたのかと思っていました。
でも、昨日のご主人の挨拶を聞き、それは奥様の明るさと、それにつつまれていたご主人と娘さんたちのおかげであることに気付きました。
そしてご主人は、私のバカ陽気をも微笑ましく見ていてくれたのかもしれません。

ご遺族の悲しみは計り知れませんが、私は、素晴らしいご一家からもらった大切なもので、これから少しでも恩返しが出来たらいいなと思っています。


今日から、私はとても元気です。
昨日は、私にとって大切な一日でした。

2008.2.4

本日、お葬式でした。
単身赴任の私に、家族ぐるみで本当に良くして頂いた、そこの奥様が亡くなられました。

喪主の、ご主人の挨拶。
「妻は明るく、朗らかで、我々家族をいつも笑顔で支えてくれました。本日、出棺の際には、皆様、どうか笑顔で送ってあげて下さい。」

笑顔は私の得意とするところです。
でも、今日だけは、泣き笑い。

2008.2.2

音符と昆布、観に行ってきました。

323席の館内、初回公演。18:55 1回きりの上映なのに、お客さんは三十名に満たず。

池脇千鶴さんは、アスペルガー症候群の女性を、好演していました。
市川由衣さんの役は、嗅覚に障害のあるフードコーディネーターの妹・もも。喜怒哀楽を押さえ、人を責めることはあっても内では2倍もがいているような難しい役を演じきりました。

かりん/もも姉妹が初めて出会って、かりんが昆布茶漬けを食べるシーンの最後。
かりん「私のこと、好き?」
こんなこと言う人はいません。この映画はほんとに親切で、観ていればわかることまですべて説明してくれて、言外の意を汲むことが出来なくて不安に思う主人公に、脚本はこの台詞を言わせたのです。初対面の姉に対して、
ももは、「好き」
と、即答しました。

これは、「恋」の映画なんだと私は思いました。
若い男女が恋人になる過程の心のキャッチボールを、姉妹の姿で表現したような。

それだけに、登場人物はこの2人だけで良かったのではないかと。

アスペルガー症候群のことを理解したい人達にとっては、良い映画だと思います。
当事者の父親の立場から観ると、受容の先に他への否定と無力しかなくて、今への肯定だけで次への原動力は受け取ることはできませんでした。
そして、当事者の母親の立場で観れば、腹立たしさが残る映画かもしれません。

75分1,200円の価値はありましたが、150分1,800円のレベルは、遠いのかな。
でも、池脇千鶴さんや市川由衣さんのファンには、必見です。すばらしい演技でした。
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。