スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除を終えて

なんか、私は究極の虚弱体質のようです。
一昨日昼休みの2km走の筋肉痛で、足がだりぃ。
前後のストレッチと継続は必須のようです。

ということで、暇つぶしに究極の占いという占いをしてみました。
結構恥かしい結果が多いようですが、DILIでしてみた結果が↓。

~究極の占い~

DILIさんは実は究極のいじめっ子 だった!(こりゃ驚き!

● 究極のいじめっ子さんのあなたは、実直で義理人情に厚いタイプです。他人から受けた恩はきっちり返しますし、困っている人がいれば手を差しのべずにいられません。一言でいうと、とても円満な人格者です。それゆえ、他人と争うことが嫌いで、自分が傷つくことはもちろん、相手が痛手を受けることも苦手です。そういった場面を避けられないときは、自分から身を引いても良いとさえ思うほど。あなたにとっては、人との調和をとったり、お互いに楽しく気分良く過ごせることが、何より大切なのです。また、さっぱりした気性ですから、気に入らないことがあっても根に持つことはありません。どんな環境にも順応できる、たくましさと適応力を持っています。

● DILIさんを狙っている異性は、5人います。

● そんなあなたの本日の運勢はこちらです!


そんなに私を褒めないで。
結果は、いじめっ子はともかくとして、私の目標とする人物像でした。自分は責めてしまいますが。
それにしても、5人もの異性に狙われてみたいものですw。
何も考えずに付けたDILIってHN、気に入ってしまいました。
スポンサーサイト

師走

12/26深夜に、今年の忘年会の予定を終えることができました。
12/28夕刻を以って、今年の業務が全て終了しました。

楽しかった~
飲み会も、仕事も。

本年は、とても素晴らしい年でした。
1~3月は体調を崩し、どうなることかと思ってました。
でも、4月以降は、絶好調。
家族をはじめとする、多くの人達に支えられている幸せな自分を実感することができたのです。

思い起こせば、1月に頚部神経圧迫が顕在化し、体の広い部分でしびれ、麻痺、感覚異常が出たことが、きっかけなのかもしれません。
あの頃、私は弱気で、自分には何もできないことを真剣に悩んだりしていました。
丁度、最も業務の多忙な時期と重なっていました。麻痺や痛みを薬で抑えていたのですが、不思議と業務の生産性は高かったのです。
そして、任務を遂行できたことが自信となりました。
する必要もないことができなかったことで自分の無能を責める必要は無かったのです。自分一人では何もできないことを認識した上で、見守ってくれた家族、心配して常に声をかけてくれた同僚等、周囲の人々の温かさに感謝の気持ちを示していくことが、私がすべきことなのだと考えるようになりました。


本日の記事は、私が会社生活で感じたこと。

私は人を嫌うことはあまりありません。
会社の愚痴を肴に騒いだり、記事にしたりすることはあります。私の仕事は個人商店なので業務を前に進めなければなりません。平行線の議論は無駄に感じるので、上司の考えを否定したり、直接意見を述べたりするのです。
私は上司のことが好きで、仕事を離れたら彼との会話も弾み、楽しい気分になります。しかしながら、その翌日には彼は大層上機嫌で、結局皆に迷惑をかけることになっています。

私はよく人に嫌われることがあります。
言葉は選ぶよう心掛けているのですが、基本、空気の読めないお節介なので。
他人の仕事の進め方を気にしたり、自分の経験や考えに基づくアドバイスをしたりする必要は無いのです。それがとんちんかんな助言だったらまだしも、変に適切であってしまった場合、相手の自尊心を傷つけることになりかねません。そんなことをするから嫌われるのです。
人には時として、幸せなのに、それを手放しで喜ばず あることに負い目を感じた場合、それを誰かを嫌うなどの別のことでバランスをとることがあるようです。
幸せになることができたら素直に喜べば良くて、私は、幸せな顔をして自分の仕事をしていれば良いのです。


さて、雨も止んだし、明日は雪だし、これから大掃除。

Merry X'mas!

街はクリスマスの雰囲気に包まれて。

一昨日、妻は子どもたちにクリスマスプレゼントを買ってきました。
任天堂Wii対応ソフトの、「チョコボの不思議なダンジョン『時忘れの迷宮』」。
二人で仲良く楽しんでいます。

JR新神戸駅構内に、神戸スウィーツなどを揃えたお土産複合店舗「新神戸アントレマルシェ」がオープンしました。その一角に、BトレインショーティーやチョロQなどオリジナル鉄道グッズを扱う「トレインボックス」が入ったので、昨日、息子と行ってきました。

店では、あまり欲しいものは無く、一つだけ自分の小遣いで購入したようです。
せっかく新神戸駅まで行ったので、時刻表を見れば、丁度15分後に・・・
新神戸駅クリスマスプレゼントを思いつきました。

N700系新幹線。
新大阪駅までの十数分間の旅です。

最新型の新幹線車両で、乗車するのは初めてでした。
極めて静かで、インバータ電源や電動機の音は全く聞こえません。
N700揺れや振動もほとんど感じることはなく、親子で感動していました。
新大阪駅手前のカーブでは、車体傾斜装置が実感でき、わずかな時間であったにもかかわらず、世界最先端の技術を満喫することができました。

新大阪駅から、在来線に乗り、JR尼崎駅で下車。
アミング潮江の「ホビスタ」に行きました。
大型鉄道模型ジオラマは、大半が完成していて、あとは富山・立山方面と、名古屋方面を残すのみです。
餘部鉄橋餘部鉄橋は、クリスマスの飾りつけが付けてありました。

妻には肩の張らない書籍を、娘には音楽CDを、そして自分にはランニングシューズを、クリスマスプレゼントとして買いました。
靴を買って、私は一体何をしようとしているんでしょうか?

優しさ

子どもたちが今より小さかった頃、よく映画館までアニメ映画を見に行ってました。
「劇場版ドラゑもん」は、ほとんどの作品のビデヲも持っていて、大好きなものなのですが、ここ数年は「エコロジー」が前面に出ていて、少し重いと感じるのです。
「劇場版クレヨソしんちゃん」は、テーマが「家族愛」。とても明解で、親の方が楽しんでました。

さて、

「もーれつア太郎」
赤塚不二夫の漫画作品。'67~'70 週刊少年サンデーに連載。
'69年版アニメは、最後にモノクロで製作されたテレビアニメだそうです。ア太郎の声は山本圭子さん。「バカボン」の声の人。

主人公のア太郎は、八百屋『八百×』を営む少年。
ア太郎の両親は、子どもをたくさん作ってア太郎、イ太郎、ウ太郎・・・と名付け、最後に女の子が欲しいと計画していたのですが、ア太郎を生んだ後、奥さんは早くに亡くなったのでした。
ア太郎の父「×五郎(ばつごろう)」は、店の切り盛りを息子に任せ、占いに凝っていたのです。
ア太郎が頑張って稼いだ売り上げを占いにつぎ込むダメ父ちゃんですが、それを江戸っ子のキップの良さで笑いに変え、親子の繋がりの強さを描く良質の作品でした。

ある日の夜、×五郎さんは、夜に蜘蛛を見る等、いろいろな不吉な出来事に恐れながら不安な気持ちで就寝したのです。
明けて翌朝、湯飲みに茶柱が立っていたり、朝に蜘蛛を見たり、吉とされる出来事が続いたのです。
気分を良くして、×五郎さんは、朝の散歩にでかけたのです。
公園で、持っていた風船を飛ばしてしまって泣いている女の子を見かけました。風船は、木の枝に引っかかっていたので、×五郎さんは木に登り、取りに行ったのですが、乗っていた枝が折れ、×五郎さんは落下して死んでしまったのです。
(その後、手違いで死んでしまったことが判明し、ア太郎だけに見える幽霊となって現世で生き続けるというお話。)


私は小さかった頃、この話を漫画で読み、「命」を越えうる「優しさ」のあることに、胸を打たれたのです。
そして最近、もう40年近く前に「優しさ」の存在を知っていたことに気付いたのです。

私は幸せ者なのです。
素晴らしい妻、子どもたち、友人、同僚、ブログ仲間などに囲まれて。
私の周囲は、普通に「優しい」人で溢れています。

ちょっと前、ブログで「永遠の愛」について、いろんな人と意見交換したことがあります。
もちろん、正解なんてありませんが、皆が永遠について考える良い機会でした。

私はその後も考えてたのですが、一つの解として、
「相手のことを思いやり、優しくすること」。
このことなら持続可能であり、その先には、幸せも、元気も、愛も、必ず続くものに違いないと考えるようになりました。

そして、周囲のみんなは、これを実践しています。何ら、不安に思うことはありません。
私も、遅ればせながら頑張りたいと思うのです。


先日、飲み会の席で、バカボンのパパの職業が植木屋であることを知りました。
そういえば、そのような格好をしているなぁ。
彼の仕事をしている姿を見た記憶がありません。

サロン 3号店

私は、今の職場へ来てからサッカーを始め、十年近く取り組んでいるにもかかわらず、技術の伴ってこないことを初心者であることのせいにしています。
初心を忘れないのではなくて、四十の手習いでは成長できない部分があるのです。

私は今のブログを始めて8ヶ月近くになりますが、この世界でたくさんのことを学んできました。
私は、ブログのなかでもコメントのシステムが好きで、コメントをくれた人のお人柄や考え方がわかるし、記事を書いたりする上でのヒントになったりします。なによりも、自分(相手も?)が成長することができ、世界平和に少しずつ近づいていることを感じることができます。
付いたコメントにレスしたり、他の人のブログにコメントしたり、一生懸命になる価値のあるものだと思っています。

マイブゥ

ほきいぬさんがやってたMyBoo ベータ版

もっとブログをかきたくなる!
あなたのブログを一発解析!

だそうなので、やってみました。

(1) ブログタイトル
Always Walking with Yu

(2) 最近のあなたのブログは…
怒ってる感 がブログににじみ出てます。
話題に関しては 季節 について多く書かれているみたいです。

(3) 最近の感情
「怒ってる感」
判定ワード : 怒る、 あまりだ、 努力、 忘れる、 良い、 会社、 日本...

(4) 最近のトピック
「季節」
判定ワード : 季節、 忘年会、 年賀状、 寒い、 暖かい、 訪れる、 忙しい...

(5) 似ている著名人ブログ
||| 博多華丸・大吉私信電心 |||
ここが似ている・・・こうべ、 気楽な、 高菜、 付けば、 封印、 藤原、 串...

おっくんの「HAPPY☆LUCKYの見つけかた」
ここが似ている・・・菜飯、 ネアカ、 こうべ、 家来、 高菜、 刺して、 解析...

月見栞オフィシャルブログ『シ・ヲ・リ』powered by アメブロ
ここが似ている・・・剥れて、 気楽な、 はねる、 美女、 ガニ、 退社、 預け...

Snap! of OGIYAHAGI
ここが似ている・・・転載、 付けば、 明治、 寒かった、 表、 暖かい、 有名な...

かいつゆうこブログ
ここが似ている・・・良寛、 刺して、 目白押し、 封印、 口癖、 羊、 偉い...



怒ってないよ。
大丈夫だから。

似ている著名人ブログは、みんな、けっこう好きな人ばっかり
かいつゆうこさんのことは知りませんでしたが、新潟を中心に、TVレポーター等で活躍されているそうです。
そういえば、良寛和尚は新潟県の出身でした。

Re-turn

気が付けば、こんなにブログを放置したのは初めてじゃわい。

仕事は、例年1~3月にピークがあって、今は来週の出張の準備でちょっと忙しいのです。
家では、年賀状の作成に追われてました。25日までに投函すれば、元旦に付きます。
何よりも、ここ暫くは忘年会が集中し、ようやく来週にあとひとつを残すところまできました。(まだあるんかいなw)

そんなわけで、新聞も読まずに過ごす日々が多く、時事ネタには付いていけません。
で昨日、飲み会を終えて寮のラウンジで、スポーツ紙を見ていたのです。

えっ!


島野育夫さんが亡くなられた。

阪神タイガース総合特命コーチ。12月15日逝去。享年63歳。

星野仙一氏(北京オリンピック野球日本代表監督)の監督としての手腕は、島野氏無しに語れません。
この、気の強い二人が組めばチームは強くなり、中日ドラゴンズの黄金時代を築いたとともに、星野氏が阪神の監督に就任する時、中日ドラゴンズの二軍監督が決まっていた島野氏を引き抜いたのでした。
'82年の島野氏と柴田猛氏による岡田球審殴打事件は、いまだに覚えています。

紙面では、見開き全面に、葬儀の模様が記されていました。
弔辞は、星野氏。
途中からは、涙でかすんで、原稿を見ることなく最後までお見送りの言葉をかけたとのことです。

ご冥福をお祈りします。


スポーツ紙を読んでいた私は、弔問客のリストを見て、驚きました。

えぇっ!!


日本ハムファイターズ 中村泰広

2007年10月14日、プロ野球クライマックスシリーズのナゴヤドーム第二戦、一回の攻防を終えた時点から、プロ野球の話題には触れずにきました。
新聞、テレビ、ラジオ、ネットのスポーツコーナーはすべてシャットアウトしていました。
それでも、金村選手が日本ハムから阪神にトレードされて来ることは、風の便りで知っていました。
でも、その交代要員が、中村ヤスであったとは・・・

以下、阪神タイガース公式HPより。

2007年11月05日
トレードの成立について
5日、阪神タイガースと北海道日本ハムファイターズとの間で中村泰広選手(29)と金村暁選手(31)の交換トレードが成立いたしましたのでお知らせいたします。
■中村選手のコメント 「これまでお世話になりました監督、コーチ、スタッフの皆さんには大変感謝しています。ファンの皆さん、温かいご声援を頂き、ありがとうございました。阪神では、悔しいことが多かったですが、日本ハムでは心機一転、がんばります。」


知らなかった。
1ヶ月以上・・・

それにしても、「阪神では、悔しいことが多かった」という談話、
実力を出し切ることのできない自分が悔しかったという意味なんでしょうが、球団広報はもうちょっと気を配ってあげないと。

ともあれ、プロ野球の話題を解禁します。
そして、ちょっと北海道日本ハムにも注目することとします。


最後に、忘年会の中間報告。

ある日の二次会で、NHK連続ドラマ「ちりとてちん」の話題が出ました。
生まれも育ちも敦賀の女の子が、「あれは小浜の方言じゃない」と、言ってました。
その後、彼女は私に向かって、衝撃の発言をしたのです。

「DILIが話す言葉は、敦賀弁だ」と、言われたのです。

なんで?
河内の国のお生まれなのに。
敦賀には住んだことが無いのに。
東京に居た時も、大阪弁で通していたのに。
同僚に敦賀の人が居ることはいるのですが、私って、影響を受けやすいタイプ?

退社後は幸せ

今日は、寒かったので、暖かいものが欲しかったので・・・
あと、60分。

あまりにも有名な、良寛和尚の長歌「月の兎」口語訳を転載。

随分昔になってしまった御世にあったという。猿とウサギと狐とが一緒に友人の約束をして、朝には野山に遊び、夕べには林に帰るというように、三匹の獣は平和な暮らしをしていた。年月がたったので、天帝がそれが本当かどうか確認しようと、老人に姿を変えてその所へよろめきながら行って言うことには「お前たちは種類が違うのに、同じ気持で仲良く過ごしているという。それが、本当に聞いた通りであるならば、私の飢えを救ってくれ」と言って、杖を投げだして休んだところ、「それは、たやすいことです」といって、しばらくしてから、猿はうしろにある林から、木の実を拾って帰って来た。狐は前にある河原から、魚をくわえて来て、老人に与えた。ウサギは、あたりをしきりに跳び回ったが、何も手に入れることができないまま帰って来たので、老人は「ウサギは気持が他の者と違って、思いやりがない」とあしざまに言ったので、かわいそうに、ウサギは心の中で考えて言ったことは、「猿は柴を刈って来てください。狐はそれを燃してください」と。二匹は言われた通りにしたところ、ウサギはのぼる炎の中に跳びこんで、親しくもない老人に、自分の肉を与えた。老人はこの姿を見るやいなや、心もしおれるばかりに、天を仰いで涙を流し、地面に倒れ伏していたが、しばらくして、胸を叩きながら言ったことは、「お前たち三匹の友だちは、誰が劣るというのではないが、ウサギは特に心がやさしい」と言って、やがて天帝は、ウサギの亡骸を抱いて月の世界の宮殿に葬ってやった。その話は、今の時代にまで語り続けられ、「月のウサギ」とよぶことは、このようないわれであったのだと、聞いたわたしまでも、感動のため墨染めの衣の袖が、涙で滲み通って濡れてしまった。

これは、私の大好きなお話。

私は何をしてるんだろう。
暖かくなりはしましたが、心は騒ぎ続けて、記事は書けそうにはならなくて・・・
あと40分。

食堂へ行って、夕食。
暖かい食事で、体は満たされたんだけど、気持ちは高まり続けて・・・


安普請の寮の部屋は、本日両隣が不在であることは確認済みです。

そして19:30、クラブW杯サッカー、夢の対戦のキックオフ。
アジア王者浦和レッズ 対 ヨーロッパ王者ACミラン
前半開始10分で、早くも胃が痛くなってきたのです。

スピードとテクニック、ミランはすごかったけれども、浦和は勇敢に守り、攻め続けました。

後半開始。
ミランの動きが全く違ってきて、王者の実力を見せつけられましたが、それでも浦和は良く凌ぎました。

1-0の敗戦は仕方の無いことですが、浦和・ワシントンのスーパーシュート、相手キーパーのスーパーセーブ。
体中が熱くなりました。

浦和レッズ、よく頑張った!!

途中交代とはなったけど、闘莉王のガッツあるプレー。
阿部、長谷部、山田の攻撃の姿勢。
GK都築の気迫。
93分間、王者の攻撃を防ぎきった坪井の、残り1分の走り。
選手の気持ちが、テレビから伝わってきました。
みんな、ありがと!!!

そして、カカに↓のコメントを言わせた日テレ某アナ。
「浦和は素晴らしい戦いをしてきた。とても難しい試合だった。」


さて、来週のこの時間は、占い師ジュセリーノ氏来日特番(笑)

今日の短歌

幾度の恥をかき捨て年忘れ 忘れることは烏賊ほどもなく


越前ガニの季節、忘年会が目白押しのDILIです。
クロンシュタットさんのお国、仙台方面は"牛タン"+"一の蔵"の季節なのでしょうか。

さて、"タン"といえば、「びんちょうタン」などの、萌え擬人化キャラというのがあります。動植物や無生物・概念などを、萌えと結びつけて作り上げられた人間のキャラクターのことです。
フリー百科事典ウィキペディアで、驚くべき萌えキャラがいました。
その名も、「ウィキペたん
しかも、「コモンズたん」と「クォートたん」を加えて、3人で「ウィキシスターズ」というユニットを結成しているようです。

さらに調べていると、「痛車」というジャンルがありました。
映画等の撮影に用いられる車を「劇車」と呼ぶようですが、「痛車」とは、漫画・アニメやゲームなどに関連するキャラクターやメーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付けたり、塗装を行った車、あるいはそのような改造のことのようです。
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.1)
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.2)
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.3)
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.4)
昔は、電飾やイラストを施したデコトラが憧れの対象だったのですが、時代は進んだものです。
そおいえば、私の車も黒色なので、白のカッティングステッカー貼ってみようかな~ と思っただけでも非難轟々なので、暇な時に合成写真で楽しむだけに留めておこう。

鉄道の世界では多くのラッピング車があります。
ただし、自分で車両を購入することは、ごく一部の富裕層に限られますので、ネットの世界では画像加工された「ウソ電」たるものが存在します。
ウソ電

実は、我が息子は「ウソ電」から鉄の世界に足を踏み入れたのでした。

美女丸伝説

多田神社多田満仲(源満仲)は、末子、美女丸を中山寺へ預けましたが、美女丸は修業をせず、気ままに暮らしていました。怒った満仲は、家来の藤原仲光に美女丸の首をはねるように申しつけました。驚いた仲光は、主君の子の首をはねることができず、我が子の幸寿丸の首を断腸の思いでかきとり、満仲に差し出しました。

君がため命に代はる後のよの 闇をば照らせ山の端(は)の月 (幸寿丸 辞世の歌)

出家した美女丸は、比叡山で修行に励み、やがて源賢阿闍梨(げんけんあじゃり)という高僧になりました。ある時、満願寺を訪れた源賢は、年老いた満仲と、子供を喪ったことに哀しんで盲目となった母公に再会します。源賢は満願寺に留まり、阿弥陀如来に誓願をかけ、「母の眼病平癒させ給へ」と丹誠こめて念じました。そして7日満願の暁には、母の両目が全快するという不思議が起こりました。
そして源賢は、両親に自分が美女丸であることを明かします。

link : 満願寺 お伽草子「満仲」


昨日、妻と息子は神戸ルミナリエへ、娘は学校へ出掛け、私はわん太と留守番ということに。
私は、早い目の昼食を済ませて、わん太に、「訪問販売や電話には出なくていい」と言い聞かせたうえで、散歩に出掛けたのです。

最初の目的地は、満願寺。周囲をT市に囲まれたK市の飛び地。
約80年前に、この元温泉リゾートに日本初のトロリーバスが走ったそうですが、遺構はありません。(無軌条なので)
満願寺へは、落葉を踏みしめハイキングコースを辿ることになります。雨の降った翌日などは、道が川になっているのですが、今回は大丈夫でした。
初級コースですw。

満願寺山門満願寺に到着。
秘仏の千手観音像は、春の彼岸中にご開扉。次回はスギ花粉の飛散状況と相談です。
お参りを済ませた頃、バスの発車時間が過ぎていました。
仕方が無いので、多田神社へのハイキングコースへ向かいました。


多田神社
満仲は、居城を築く土地を定めるため摂津の国の住吉神社に願をかけました。すると「汝の矢で北西の方を射よ。その矢のとどまる所を汝の住まいとすべし」とお告げを受けました。満仲はさっそく北西の空に向かって白い矢を放ち、家来を引き連れてその行方を追いかけました。
萩原の山の近くまで来ると、道行く人に「矢はこの山の向こうにある滝のあたりへ飛んでいったようです。」と教えられ、その鼓ケ滝へ行ってみると、川の流れの中に九つの頭を持った大きな龍が目に白い矢を受けて死んでいました。
満仲はこの地に居をかまえました。
多田神社は清和源氏の霊廟として、源満仲、源頼光、源頼信、源頼義、源義家が祀られています。

なお、海のある京都、F県O浜市の多田寺にも満仲公の墓があるのですが、なぜでしょう?
多田神社山門

橋を渡り、多田神社に到着。
正月と、4月の「源氏まつり」の時には賑うのですが、境内は閑散としていました。
御廟への門も閉ざされています。
お参りを済ませた頃、バスの発車時間が過ぎていました。

平野水少し歩いたので、甘いものが欲しくなり、自販機で「三ツ矢サイダー」を購入。(炭酸かよっ!)
実は、これはK市の名産品です。
「三ツ矢サイダ」ーの起源は、明治時代に宮内省が現在のK市の平野鉱泉を用いて炭酸水の御料工場を建てたことに始まります。その後民営化され、明治屋が権利を得て1884年に「三ツ矢平野水」として販売しました。なお、平野方面には、今も温泉病院があります(笑)。

そして、K市の名士である東京ヤクルト前監督のF氏が最上階を購入したと言われるマンションを横目に、徒歩により家に帰ったのでした。

歩いていた時間、約2時間半。
ちょっと疲れました。これでは、愛宕山は無理っぽい。


妻が帰り、報告したところ、
「山歩きするなら、誰かに連絡しておいてもらわないと困る」
と、言われたのです。

ついに徘徊老人化・・・・

ウサギみみ

昨日、会社の食堂で、封印のお札がちょっと剥れてしまいました。

昨日のB定食は、「菜飯」でした。白ご飯に、刻み高菜を混ぜたものです。
みそ汁とおかずが2品ほど付いて、450円。ちなみに私は、カレーライス大盛り300円。
ミックスそばを頼んだ観客1名が前に座り、菜飯定食を前にしたAくんが横に座って、私が「これがサイパン?」と突っ込むことによりランチが幕を開けたのです。

(以下、AはAくんの発言、DはDILIのものです)

A 「新婚旅行でサイパンに行ったんだ」
D 「おぉ、若い頃の話やね」
A 「僕は海に潜りに行ったけど、妻は潜ると頭が痛くなると言って、ついて来なかった」
D 「ありゃ、異国のビーチで新妻が一人淋しく・・・どないやねん」

(面白かったけど、中略)

A 「サイパンでは、植物園へも行ったよ」

ここで、私は適当なことを言ったのです。

D 「で、そこで写真を撮って、葉書にして、奥さんが花よりもきれいだと、皆に紹介したとか・・・」
A 「以前に話しましたっけ?」
D 「えっ?! 聞いたことないよ ほんまの話かいな? 適当に言ったのに」
A 「そう、ユリの花よりきれいとか、僕には勿体無いとか言われて」

(はいはい、ご馳走さま、昼食はまだまだ続き、中略)

A 「直属の上司がTさんに代わった時、写真を見せたら妻に会いたいと言われた」
D 「それでまさか、連れて行ったのではなかろうな?」
A 「課の飲み会があったので、同伴した」
D ・・・

私はそこで、また適当なことを。

D 「そして、その席で奥さんはバニーちゃんの耳を付けて愛想を振りまいていた・・・」
A 「なんで知ってるんですか。そう、ウサギ耳をつけて、皆からカラオケが上手なんですよねぇと言われたり」
D 「また適当に言ったのに、本当にバニーちゃん? うわぁ~ 網タイツ穿いてたりして?」

(さすがに、網タイツは無かった 後略)


封印していたはずの能力が、適当に言ったら結構核心を突いているという能力が、ちょっと出てしまった。
また、お札をちゃんと貼っておこう。

そして私には、突っ込みよりもボケの方がふさわしい・・・と、思ったのでした。

大都会

手ぶれTokyoへ行ってきました。
2日間の教育出張だったのでお気楽なのですが、講師は米国人、逐次通訳付き。
東京10時スタートなので、夜明け前に駅までGo!

表日本は、全行程を通じて快晴。車窓から250km/hの富士が見えました。

車窓
さて、とある駅で新幹線から乗り換え。
とあるJR線に乗り、とある目的駅で下車。
そこで、方向音痴の本領が発揮されるとは・・・

私、中野区に3年間ほど暮らしていたにも係わらず、営団(古っ)の東西線と、JR中央線の御茶ノ水以西と、新幹線の品川以東は、東西に走っていると思い込んでいます。
なのに、目的駅にはなんで「東口」と「西口」しかないの? そして、貰った略図では、どちらとも書いてないので、来た方向から見て左へ。
ハチ公は見当たりません><。
しかも、あってはならない地下鉄の駅がありました。
逆の方向でした。
「東口」へ向かいました。
おぉ、モノレールが見えます。
略図の通り1,2,3,だぁ!
歩くこと3分。
目的地がありました。
ハチ公・・ハチ公・・・・ 居たっ! 彼は暖かく迎えてくれました。

ハチ公(笑)

さて、ここはどこでしょうって、着いた時間は10時10分。

会場に入ると、既に1人目が喋ってました。
やたら早口・・・
単語のひとつ、判りません。


私の日常業務のうち、約1/4は英文と格闘しています。
私は、日本語も怪しいものですが、英語はサッパリネェ。
PCで稼動する翻訳ソフトを使っているのですが、この日本語が、まさに本厄。
andで繋がれた文なんて、素直に順番に訳せば良いものを、あえてプロの技をかましてくれます。また、品詞が瀕死で、名詞が動詞になってたりして、どうしよう・・・
そんなこんなで、数年この状態を続けていると、技術論文等は読めるような気がしている自分に驚きです。
読むことはできるようになってきましたが、外国人の英語の聞き取りは出来ません。


2人目の講師は、漫画にでてくるような、頭の禿げた科学者タイプ。至って言語不明瞭。
口内に何か入っているのか?
鳩が出てくるのかと・・・
でも、スライドの内容を読み上げてくれることが多いので、なんとなく、それとなく。


この地球上に、私にわかる英語を喋ってくれる外人さんが2人います。
2人とも世界を飛び回っているのですが、親日家で、私の語学能力の乏しさが瞬時にわかるようです。
電話でしゃべった時は、私がなんと、アメリカンジョークを飛ばしたりして。
でも、3人目は、この地球上には未だいません。
日本人の、大阪訛りの英語なら少しわかるんだけどなぁ。


そして、3人目は、出たっ! ゴルゴ13?
スナイパーが、この日本に。
しかも、五分刈。
見かけによらず、発音は良い。
でも、意味は通訳さんのほうで。


私は、小さい頃から英語が苦手です。
ほんと、新婚旅行を国内にしたばっかりに、海外に出たこともありません。
前の職場では、英語の原稿を読んでのプレゼンテーションも何度か経験しましたが、すべて国内で、海外出張はもってのほかでした。
そんな私が、英語の仕事に手を染めるとは。

見てると、いろんな文章があります。
技術レポートなんだけど、英語なんだけど、文章って人柄が出るような気がして、今の仕事は結構楽しいのです。


で、せっかく東京へ行ったので、秋葉原へ行ってきました。
5年振りぐらいだったのですが、周辺は大変貌を遂げ、巨大ビルが林立してました。
そして、駅前には・・・ メイド姿のおねえさんが。
さすが、本場。
「アニメ声」を聞き、萌え~(こらっ!)
でも、メイドカフェのシステムを知らないので、半径3m以内には近づけませんでした。
ヨドバシアキバといえば、Yodobashi-Akiba。
梅田と一緒だぁ~ って変な感想を抱きつつ、衝動買い。
土日の息子の音鉄のお供にと、ICレコーダー機能付きのオーディオプレーヤーを購入しました。
店のお兄ちゃんの親切な説明にあるときは突っ込み、あるときはボケたりしつつ、このタイプで唯一ステレオ録音機能のあるというVictor XA-C110に決定。
ビットレート変更可能のWMA形式に加え、PCM録音も可能の優れものです。

XA-C110早速音楽ファイル転送しましたが、ここで、私は悲しい気持ちになったのでした。
何を隠そう、私は耳バルカン星人で、インナーイヤータイプのヘッドホンは、引っかかるところがなくて、落ちてしまうのです。
たしか家に、耳掛けタイプのヘッドフォンがあった筈・・・・

search for

写真は本文と関係ありませんFC2ブログにはアクセス解析機能がありますが、かなりの抜けが発生します。
まあ、わざわざ串を刺して訪れる人はどうでも良いのですが。
自分が閲覧した場合でも、自宅の環境であればちゃんとカウントしてくれます。が、単身寮の環境は会社に申請してIPアドレスを貰っているもので、どこではねられるのか分かりませんが、アクセス解析はおろかカウンターすら回りません。
当ブログの現在のカウンター数には、月~金の私の閲覧は含まれていないようです。
また、キリ番を取ったので報告しようと思っても、別な人が同じ番号で報告している場合もありました。
この世の中、何を信用すれば良いのやら。


当ブログには、鉄道にまつわるキーワードで検索してご訪問頂くお客様がけっこういます。

検索キーワードを見てると、
「世界の優先座席について」などという、いたって真面目な方もいらっしゃるのですが、
半年余りも活動を続けていると、記事中にいろんな単語を使っていて、、、
「妻の下腹フェチ」や、
「中学校の身体測定 ウラ動画」でヒットするブログって、一体・・・


~地団駄って、なんだぁ?~

昨日の記事をアップした頃、テレビではワールドカップ男子バレーボールの、日本-ブラジル戦を中継していました。
そして、
「ワールドカップ バレーボール」で検索して、当ブログにたどり着いた人が、若干5名。
第一セットの快進撃や、第四セットの前代未聞の悪夢の記事を期待して訪れた人は、即座に「戻る」をクリックしたことでしょう。
昨日の記事中で、ワールドカップはサッカーのことだし、バレーボールはDILIがドンくさい競技なのですから。
日本チームの敗戦と相まって、床面に鞭打ちながら「キーワードの選択を誤ったよ~」と、叫んだのに違いありません。


~ぎゃふんって、どんなフン?~

「地団駄」の悔しさ溢れる響きよりも、「ぎゃふん」にはそこはかとなく幽玄が漂っていると思ったりするのです。
「ぎゃふん」は、「ぎゃ」と「ふん」の二つの感動詞を合わせたもので、「ぎゃ」は驚き叫ぶさま、「ふん」は承諾を意味しているそうです。よーするに、「意味はないけど楽しい言葉や」って、違う?
人に言い負かされても、「ぎゃふん」と言う人はいません。
私は、上司に「ぎゃふん」と言わせることが好きで、これまでに2回ほど言わさせたことがあります。

さて、私は自己嫌悪の塊で、天の岩戸にこもることが良くあります。こもるのは主に日没後なので、天が暗くなって人民を惑わすことはありません。で、2日も引きこもっていると、脳内は地球を十周ほどして、自分への「言い訳」に幾つか到達し、自ら岩戸を開けてまた日常を過ごします。
大抵の場合は、人に優しくなる分、自分が浅くなって行くのです。
浅くはなりますが、広くもなり、そして、岩戸を開けるたび世界が少しずつ明るくなっていくような気がします。

でも、2日間の成果がこの程度であるのなら、もう、「ぎゃふん」で片付けてはどうなんだろうって。
「笑うことによって肩の力を抜き、美味しいものを食べることによって幸せに浸る」を、信条とする私が。
自分を大切にするのでも、粗末にするのでもない、超越したところにあるのが「ぎゃふん」じゃないかと思います。


そして、DILIが選ぶ11月のベスト検索キーワード。
大賞は・・・・

「阪急電車 流血事件 11月XX日」

何があったんだぁ~?!

ベンチウォーマー

毎週日曜日、翌週1週間分の朝食となる菓子パンを買います。
最近では、自宅駐車場の車を入替えるついでに、妻の車で近くの「コープこうべ」まで走ります。
店の裏にはグラウンドがあり、そこのベンチで"ぼー" とすることが習慣となっています。

今日は、少年野球チームが二手に分かれて練習、その横ではサッカー少年がゴールを立てて遊んでました。

先週は、地域の草野球チームの練習日。決して上手とはいえず、思わず名乗りを上げて私が打席に立ってしまうところでした。
その前の週は、少年サッカーの練習。

私は11月初頭の試合でサッカーの引退を決意していたので、羨ましさとともに自分の体力年齢を呪いつつ、練習を眺めていました。
そのような心境でみていると、子どもたちの技術からコーチの指導まで、下手さ加減が気になります。そんなものは、気にすべきではないのですが。
「もっと楽しめばいいのに」という感覚は、自分が楽しんでいない時に思うものかもしれません。

そして、野球。
私はドンくさくて、妻もそれを知っているのですが、私に対して、「スキーもバレーボールもバドミントンもテニスもボーリングもソフトボールの守備も、ぜんぶ下手だけど、打撃だけは上手い」と言ってくれます。
そりゃま、打つだけの草野球少年でしたから。

テレビ等で、野球は良く見るのですが、サッカーはほとんど見ません。
今では観戦に集中できるのですが、Jリーグが始まって1年目頃までは、スタジアムの観客全員がラッパや法螺貝や犬笛を吹き鳴らし、あの騒音が芸術耳の私には耐えることができませんでした。
自分でサッカーをするようになってからも、ワールドカップくらいしか中継を見ることはありませんが、オリバー・カーンの技と気迫は、今も私の目に焼きついています。

そして、今日は引退を撤回してから始めての「ベンチでぼー」。
先週までと見る目が全く違ってました。
子どもたちの動きを目で追い、チームの動きや自分の動きのシミュレーション。前向きな私がいました。

人から学ぶこと、自分の技を伝えること、これらは自分の気持ちの安定の上にあるのかもしれません。
ここにも、健全な精神が。

でも、フットサルって、ヘディングが使えないと戦力にならないのよ。

口癖

私は、会社員です。
わが社の製品は、1%の「ひらめき」と、99%の「努力」から出来ています。

先々代の社長(とても偉い人)は、
「ネアカであれ」
「一日24時間、仕事のことを考えよ」
と、口癖のように言ってました。

「ネアカ」というのは、昔「ネクラ」という言葉が流行って、先々代の社長は若いもんに受けようと好んで使っていたのに違いありません。
ネアカでないと、24時間戦ってられません。


我が上司は、数々の迷言を吐くことで知られていますが、本日は2つ程紹介します。

口癖その1
~風が吹くと桶屋が儲かる~

風が吹くと砂埃が舞う
舞った砂埃が目に入ると目の悪い人が増える
目の悪い人が増えると三味線を弾く人が増える
三味線の需要が増えると材料の猫が必要になる
猫が捕獲されて減ると鼠が増える
鼠が増えると桶をかじる
桶を買わなければならなくなり桶屋が儲かる

「思わぬ所に物事の影響が出ること」とされていますが、突っ込み所満載の論理であることから、「風が吹くと桶屋が儲かる」は荒唐無稽な関連性をこじつけていることは明白です。

多分、「いろんなものをヒントにして、商品アイデアに結びつけよ」と言いたいのでしょうが、使い方間違ってます。


口癖その2
~意地悪ばあさんになれ~

[意地悪ばあさん]
長谷川町子さん原作の漫画('66~'71;サンデー毎日)。ドラマでは、青島幸男氏が主演してました。
数々の意地悪で人々を困らせるのが生きがいの、伊知割 石さんの物語。
彼女は、意地悪だけが人生の目標で、結果が裏目に出ようがどうなろうが、また意地悪の日々を過ごします。

我々は、お客様に喜んで頂けるような提案が出来るよう日夜努力しているのですが、世界の平和のためにはお客様が負担に感じるような提案もしなければいけないし、それは我々にしかできない仕事でもあるのです。
と、言えばいいのに、「意地悪ばあさんになれ」って、はしょりすぎです。


とある小学校に、優等生のAくんがいました。
ある日、B子ちゃんが、泣きながら職員室に来ました。
「Aくんが私のスカートめくりをした~><」
次に、C子ちゃんも、同じ状況で同じセリフ。
先生は、Aくんのところへ行って、
「どうしてそんなことをするの?」
と、聞きました。
Aくんは、
「先生が、人の嫌がることも進んでしようって、言ってたから」
と、答えたとさ。

日本語はムヅカシイネェ.


今日の一言

健全な「ひらめき」は健全な精神に宿る DILI
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。