スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・写真鉄

新疋田私は高校時代、とある山の斜面を切り開いた住宅街に住んでいました。
毎日がハイキングだったのですが、月に2回程度はとある山頂の寺院まで、山歩きを楽しんでました。景色も空気も澄んで気持ちよかったのですが、何よりの楽しさは、登山道ですれ違う人との挨拶です。
とても爽やかな気分になります。
近年では、ジョギング時に道行く人に挨拶するのですが、自分がどんな形相なのかは私には見えません。
涼しい顔ではないんだろうなぁ。

阪神電車(何で?)に限りませんが、誰彼かまわず声をかけ、自らの鉄知識を喋り続ける人種がいます。
しかしながら、写真鉄は概して無口もしくは独り言の大きい一匹狼。ましてや、特別な列車の撮影で混雑するホームで皆に挨拶していたら、お仕事ができません。
それが、外に出ると人口密度が低いので、同業者や住人に明るく挨拶できれば、お互いに気持ちがいいのですが、構図や設定のことで頭が一杯で、肩には重い機材をかけ、そこまで気をかけていられないのでしょうか。


写真鉄なら誰もがその名を知る、広田尚敬さんと広田泉さん。親子二代の鉄道写真家。
公式HP(鉄道写真.com)で、作品の一部を公開していて、そこからは、すごく暖かいものを感じます。

HPでは、530倶楽部(GOMIZERO CLUB)のコーナーがあって、撮影地に赴く場合はゴミ袋を持ち、ゴミを拾って帰ろうというもので、多くの方が趣旨に賛同し、リンクを貼っています。
人の心を動かす作品を創る人は、世界を動かす力を持っているものなのですね。

広田さんに限らず、鉄道ファンの多くが自らのホームページでマナーについて論じています。
皆が、一部の限られた人達のふるまいによって、自分たちの楽しみの世界をせばめられたくないという気持ちで一杯です。
一方で、「鉄」はいわばこだわりの世界なので、自分たちの行動が一般の人達の目にどう映るかという心配もあります。
人に迷惑をかけない、不快感を与えない、これらのことを心がけて行きたいと思っています。


でも、本日の記事を書いていて、山歩きをしたくなりました。
今度の休みに息子とどこかへ行こうかな。
スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。