スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・優先座席

ブログを開設する時に、自分の好きな名前を登録するが、私はその時、適当に"hypocrite"を選んだ。しかしながら、既に使っている人がいたので、適当に"44"を付けた。

hypocrite [名] 偽善者;猫かぶり, いいふりをする人

昨年頃、良く訪問していたブログがあった。
長い長い文章のブログであったが、管理人は、「不用意に、人がよくあろうと努め、意に反し、多くの人を傷つけたことの贖罪」をテーマとし、数ヶ月の更新停止の後、ブログは閉鎖された。
すごい文章だった。文章は到底私に真似のできるものではなかったが、テーマは私が常に感じていることと同じであった。
そして、昨日の私の、「優先座席」の記事。

昨日の記事を書いていて、「偽善者」の側面がずっと頭の隅にあった。
あの記事では、高校時代の友人が、「席を譲ることが当然の行為」であると言っていたこと、それを紹介したかった。私が電車で席を譲ろうが、そこは大した話ではない。

私が大学生だった頃、彼女に私の実家に来てもらった。(あ、彼女とは今の妻のことですw)
大阪へ行ったデートの帰り、電車の中で久しぶりにその高校時代の友人と出会った。
その足で奈良市内まで行き、お酒を飲みながら3人で歓談した。彼と彼女は初対面であったが、彼の性格なのだろうが、宴の席では3人が旧来の親友であるかのように話題を選択してくれた。
本当にいいヤツだ。高校時代から変わらず、当たり前に善人だと感じた。

私は、自分勝手で、おっちょこちょいで、思い込みが激しくて、ちょっかいかけるのが大好きで、一言多くて、一人で突っ走ってしまう。善人であろうとして、多くの人を傷つけた。繋ぎとめようとしては自ら墓穴を掘った。
救いようがない。

そこで、禁断の性格判断、偽善者度診断に挑戦してみることとする。

リンク先に飛んだが、ランタイムエラーが出る。
SonicStageを終了したら、ちゃんとつながった。(親切なブログだねぇ~)


結果が出た。

【あなたは 20 % ~です】
あなたはいい人です。青少年期の純な心を持ち、時に傷つき悩みながら一生懸命に生きています。あなたには本当の意味での親友がいますし、心を許せる恋人もいます。出世やお金儲けとは無縁かもしれませんが、本音を言える暖かい家庭をもうけて平和に暮らして行けるでしょう。


なんでやねん。
もっと高いかと思った。
でも、これで当面、ブログを閉鎖する必要は無いということだ。
スポンサーサイト

キリ番報告は こちら

阪神5000系栄えある5,000hitsを踏んだあなた、幸運です。
よろしかったら、コメント欄に報告していってください。

続きを読む

優先座席

阪急9000系阪急・能勢・神戸電鉄ではかつては優先座席が設定されていたが、必要とする人がどこの席でも利用できるように、平成11年4月から全席が優先座席となった。また、各社局が優先座席近くは携帯電話OFFとしていたのを、阪急等では1~4両の携帯電話OFF車両を設定していた。
ところが、性善説に基づいた全席優先座席はあまり浸透せず、「席を譲ってもらえない」といった意見が寄せられるようになってきた。
その結果、10月29日からふたたび、一部の座席が優先座席に設定されることとなった。

私は高校時代に国鉄で通学していた。その頃の私は虚弱で、毎日の部活の練習でへとへととなり、席を譲るどころではなかった。
しかしながら私の友人は、「電車では席を譲っている。それは、当然の行為だからである。」と言っていた。
それが実現できたのは、社会人になってからだった。
成人するまでは、電車で吊革につかまって立っている体力がないものだ。

10月28日、全席優先座席最終日、阪急電車に乗車した。
途中から込み合ってきた電車で、ご年配の方に席を譲った。
でも、「当然の行為」なので、今後とも優先座席でなくても席を譲る気持ちを忘れないだろう。

なお、横浜市営地下鉄は、全席優先座席、全車携帯電話OFF車両である。続けばいいんだけれど。

秋深し

水曜日、いつものように、いつもの店で、いつも以上に、楽しかった。のに、


名鉄木曜日、昼ごろ会社を出発し、一路札幌へ向かった。
国道のトンネルは工事中。
タクシーは旧道を走るが、こちらも工事で片側交互通行。
市街地に入り、猛烈に飛ばしてくれた。列車の時間には間に合ったのだが、私は絶叫系マシンに極めて弱い。

先週、赴任先から家に帰る時、ぺらぺらの服で、窓を開けて、歌を歌いながら車を運転していた。
その夜、風邪の諸症状が出た。
今週は飲みに行きたかったので、土日は薬を飲んで安静にしていた。
月曜日は、午前中のミーティングで自分の意見は全て述べ、昼からの議論は拒否し、風邪を治すことに専念した。手法の議論は時間の無駄であり、イライラする。

国際線私はこれまで、いろんな人達から元気を貰ってきている。
元気を貰ってばかりでは申し訳なくて、どうすれば周囲が元気になれるのかがここ暫くのテーマである。
会社では、我々のグループは結構神経を遣う重要な任務に就いている。人間なんて、そう集中が続くものではないので、私は勤務中、皆におやじギャグを飛ばす。これで皆は元気を受け取ることができているのだろうか。
宴会においても、のっけからテンションが高い。しかしながら、私が元気であることを示したところで、周囲は引くことはあっても、元気になるのかどうかはわからない。
ブログの記事においても同じである。私は読んで元気になれるブログが好きである。自分のブログもそうありたいものだが、私には皆が元気になるような文章が書けないし、元気になろうと思って私のブログを訪問する人もいないだろう。

テレビ塔水曜日の夜、ほんとに楽しかった。
店の彼女は、昼の仕事が忙しかったようだ。もちろんプロなので、そのような素振りも見せないのであるが、私は彼女から元気を貰うことはあっても、彼女を元気にすることはできない。

金曜日、真剣に仕事をした。
札幌市内における会議だったのであるが、いつになく綿密に準備をし、纏める方向で自分の意見もしっかり述べた。前夜の懇親会では、技術的な議論を充分にすることもできた。


時計台札幌の街は、秋一色であった。コートは無くても差し支えないが、けっこう冷えていた。約半数の人が上に何かを着ている。
そこで私はひとり、感傷に浸ってしまった。何もできない自分を見つめる作業を始めてしまった。

帰路の飛行機の中。初めて乗った777-300。525席満席。
機上放送を楽しんでいた。
宝塚歌劇特集。そこで久しぶりに、宙組初代トップスターの"ずんこさん"の歌を聴いた。
ただの劇中歌であるが、とびきりの"元気"を貰うことができた。
このとき、タクシーの暴走でスイッチの入った、足かけ30時間にわたる"センチメンタルジャーニー"が終わりを告げた。
家に帰って家族の顔を見たとき、私はほんとうに幸せだった。


785系スーパーカムイ私は、"元気であること"を善しとして、宴会や、仕事や、スポーツや、観劇などで元気を受け取る。相手の欠点や短所は、自分の元気に関係ないので気にしない。
そして、"元気"以外のものに価値を求める人達が多く居るであろう周囲の人達に向かって、自分が元気を与えるにはどうするかなんて、どうでも良いことなのだ。"元気"に価値観を持つ人は、些細なことでも元気になれるのだろう。
そう考えると、楽しくなってきた。
ブログは自分の考えを書いていれば、読み手はそれぞれの価値観で読んでくれる。
宴会でも、みんなと楽しく飲めるように振舞えば、それで良い。

多様な価値観を持つ人間関係のなかで、相手に嫌われることは悲しいので、これだけは避けたいものである。

聖地

今回は、高校野球の話題。興味の無い人は、スルーするんだぞ。

高校球児の聖地、甲子園球場は現在、平成の大改装を行っている。
春の選抜高等学校野球大会はどうなるのかと思って調べたら、工事中の甲子園球場で実施されるらしい。
工事中といっても、作業員がスタンドで器材を運んでいる横で試合をするわけではなくて、翌シーズンオフに向けて工事を中断した状態で、大会が開催される。

来春の"センバツ"は、80回記念大会である。
通常は、各地域の秋季大会の上位校と、「21世紀枠」と「神宮大会枠」、合わせて32校による戦いが繰りひろげられるが、記念大会の場合は枠を拡大して実施する。
80回記念大会の場合、出場校は36校。
〔一般選考〕 30校
北海道1、東北2、関東・東京6、東海・北信越5、近畿6、中国3、四国3、九州4
〔21世紀枠〕 3校
地区大会上位校から、話題性(少数部員、模範校等)から選出。
全国を3分割して1校ずつ3校が選ばれる。
〔神宮大会枠〕 2校
11月の明治神宮大会上位校の所属する地域が増枠される。
〔希望枠〕 1校
各地域の補欠校から守備力を重視して選出。

10/20から、秋季近畿地区高等学校野球大会が開催されている。今年は奈良県で開催。
我らが母校 奈良県立郡山高校(郡高)は、奈良3位校として近畿大会に出場。10/21に1回戦を突破し、ベスト8に進出した。
近畿大会上位校から、6校が"センバツ"に選ばれる。地域性が重視されるので、ベスト8のなかに1府県1校であれば選出の可能性が高いのであるが、今回はすでに奈良大附(奈良2位)がベスト8を決めており、週末には天理(奈良1位)の初戦がある。
郡高も奈良大附属も、県大会では天理に僅差で敗れていることから、もう一つ勝っておきたいところだ。

そこで、私が期待するのは21世紀枠。
近年、何度か近畿大会まで駒を進めているとともに、校風も文武両道を掲げているのであるが、県高野連の推薦があったかどうか知らないが、県大会の成績が良かった時でも山陰や九州の進学校が出場を決めていた。
今回、枠が3つになり、中日本の中から選抜されるようになったので、単純な確率では1.5倍となった。

また、希望枠。
ベスト8で終わり、6(~7)校の枠外になったとしても、守備力で希望枠選出される可能性はある。
ただ、私は今年のチームを知らない。聞けば、「1年生でエースで4番」らしいが、この道45年の森本監督が1人のヒーローを作るわけがない・・・と思う。
良く鍛えられたねばり強い守備で、打線はつないで勝つ。いや、実際は極めて強気な監督なのだが。
おそらく、失策は少ないんじゃないかと希望・・・枠。

まあ、後1つ勝ってベスト4になれば問題無いのであるが、次の対戦相手が、古豪復活で、校名が変わるので最後のユニフォームの平安高校(京都1位)。
見に行きたいニャ~。

10年前、郡高は秋の近畿大会で優勝した。
その時、私は滋賀県の皇子山球場で開催された大会を、決勝戦だけ見に行った。
そのジンクスを適用し、今回も応援に行くのは決勝に残った時だけ。

さびしい オオカミさん

きたきつねオオカミさんには、会社で8人の部下がいます。
家に帰れば、奥さんと3人の成人した娘さんがいます。
でも、オオカミさんには居場所がありません。
なぜなのでしょう?

それは、オオカミさんは、自分は天上の住人だと思っているからなのです。
なので、地上に居場所はありません。

オオカミさんは、とても頭が良くて、むづかしい大学を優秀な成績で卒業して、少し遊んで、会社に入りました。
一年間ほど、印度や欧羅巴など、いろんな国を遊び歩いたようです。
せっかく印度へ行ったのなら仏教に、欧州へ行ったのなら基督教に触れれば、幅のある成狼になったのでしょうが、オオカミさんはその頃の話をあまりせず、「いわば、猿岩石だった。」と一言話すのみでした。
貧乏旅かよっ。
あなたは狼なので、猿ではありません。
諸国漫遊で得たものはないので、オオカミさんは私たちには、「学生の頃はバイトばかりしていて、会社に入って収入が減った。」という、それがどうした系の話しかしません。

オオカミさんは、プライドがとても高いのです。
私に、こんな話をしてくれました。
「以前の職場では、○○の仕事をしていて、いわば、技術部長だった。」
話は、そこで終わってしまいました。
多分、窓際です。肩書きへのこだわりも見てとれます。
私はそのとき、(仮)を付けたくなったのでした。

オオカミさんは、能力がないので仕事を持たず、勉強をせず、余りある時間で部下の頭脳を借りて考え、部下の手柄はすべて自分のものにします。

・・・愚痴ばっかりですね。・・・

オオカミさんは、テニスが大好きです。
ある時期、少し膝を痛めて、治ってからも3年ほどは全く運動らしい運動をしていませんでした。
今年の4月のとある月曜日、オオカミさんは足を思いきりひきずりながら会社に出てきました。
聞けば、久しぶりにテニスで頑張ったら、ふくらはぎを痛めたとのことでした。
肉離れなら、酷くても1週間もすれば治るだろうと私は思いました。
ところが、1ヶ月経っても、3ヶ月経っても、ずっと足をひきずっています。
私は、これは骨折だなと思いましたが、オオカミさんのふくらはぎに骨があるかどうかは、分かりません。
半年経ったのですが、まだ完治していません。

仕事をなめ、部下をなめ、テニスをなめているから、家族になめられるのでしょう。

・・・・・・


僕には、8人の部下がいる。
最近、皆が僕の相手をあまりしてくれていないような気がする。
特に、筆頭担当者の犬くん。
僕と犬くんとは、いつも意見が平行線で、以前などは、話を始めて15分で、犬くんは席を立ち、帰ってしまった。
僕は犬くんのためを思って、いろいろと指導してあげているのに。
そんな犬くんだが、昨年末の飲み会では、僕のことを好きだと言ってくれた。
僕は部下に慕われているに違いない。

それにしても、この4年間の僕は忙しい。
毎日、仕事がないのに朝早く会社に来て、今日一日何をしようかと考えることで手一杯だ。
頭の中は、いろんな考えをぐるぐる巡らせているのだが、それを犬くんは、「勤務中に呆けられると皆の士気にかかわる」と言ってくる。
そんなこと言われてもかまわない。
僕は24時間、忙しいのだから。


あとがき
先日、とある猫さんから前作へのファンレターを頂きました。
お手紙では、「つまらない話て、どんなの」とか、「熊さんとオオカミさんの会話て、どんだけ」とか、「生ざかなを食べたいニャ~」などといった、たいへん有難い、励ましのお言葉が書かれていました。
しかしながら、私は「つまらない話」も、「お二人の会話」も、つまらないので聞いていなくて、説明できません。イカや、ハマチなどのお刺身は、新鮮で美味しかったです。自家製のへしこは、頼みませんでした。
でも、それまで思いもしなかった、続編を書くという発想。ヒントは一通のファンレターでした。
この、メルヘンタッチに毒を練りこむ快感が、病みつきになりそうです。

なお、本日の記事において、登場する団体および動物は架空のものであり、著者の個人情報およびモデルの尊厳を脅かす記述は、避けています。

みんな おかしな なかま

トレーナー火曜日の夜、オオカミさんから「明日、飲みに行きたい」とお誘いがありました。
余程、暇だったのでしょう。
この3年余りで、3回目の珍事です。
私は、オオカミさんとは話が合いませんので、友達のいろんな動物を誘い、分散化することとしました。
水曜日の夕方には、7人の仲間が集まりました。
1人は遅れて参加するということになったので、6人で宴会を始めることとしました。
オオカミさんは、テーブルの真ん中の席に陣取りました。
生びいるで乾杯した直後、オオカミさんは突然5人全員に聞かせるような大きな声で、いつものつまらない話を始めました。
その時私は、6人では足りないことに気付いたのですが、後の祭りでドンヒャララでした。
5人は誰もオオカミさんのお話を聞いていません。
それでもオオカミさんは、空気が読めないし、大きな耳は飾りなので、ひとり喋くり続けました。
私は、隣に座ったオオカミさんから少し距離をおき、お向かいの狸さん♂とお喋りしていました。
皆の反応が良くないことになんとなく気付いたオオカミさんは、突然私に話しかけてきました。
オオカミさんは、問題解決能力がありません。
あまりにしょーもない話だったので、私は、オオカミさんの考え方は間違っていると話しました。
そこで私は小さな間違いを犯しました。
話題は、「企業文化」についてだったのかどうか?
オオカミさんは、「言葉の定義こそが大事だ」と言うのですが、
「"企業文化"の定義なんて誰かのものを採用すればよいことであって、言葉を定義することを目的とすべきではない。それはあくまでも前段階の手段であって、"企業文化"の構築を目的としてそこに到達するための手段を考えるべきだ。」
と言うべきところを、少し酔っていた私は、
「"企業文化"はあくまでも手段であって、目的はもっと違うところに設定すべきだ。」
と、言ってしまったのです。
案の定、オオカミさんの攻撃に遭ってしまいました。
「では、君の言う目的は何なのかな?」と、オオカミさんは言いました。
そこで私はうろたえることなく、
「私の目的は、世界平和です」と、きっぱり。
オオカミさんは、おなかをかかえて笑いました。
レンガ造りの家を壊せないことに気付いたオオカミさんは、また、他の動物たちに大声でくだらない話を聞かせ始めました。

開始から30分経過。

7人目の仲間の、兎さん♂が到着しました。
その直後に、お客さんとして熊さんが、お魚を食べるために店に現れました。
熊さんは、某国立大学の心理学の名誉教授で、とても偉い先生です。
少し孤独に感じていたオオカミさんは、熊さんを自分の隣に招き入れました。
気の毒なのは、熊さんです。
それでも熊さんは、「私の娘は自閉症をやっている」と、話し始めました。
私は、「自閉症をやっている」という意味が良くわからなくて、いくつかの妄想が巡ってしまいましたが、大先生の面白い話が聞けるという期待に胸を躍らせました。
ところが、オオカミさんは耳が節穴なので、熊さんの話はスルーして、自分のつまらない話をまた、大きな声で始めたのです。
全くつまらなかったので、私と、兎さん♂と、狸さん♂は、山の向こうの隣の村で唄を歌って飲み直す相談をしました。
兎さん♂のおきにいりの子のいる店に探りを入れてもらったのですが、その子は本日おやすみだそうです。
仕方がないので、オオカミさんは熊さんにお任せして、残り6人で静かに談笑しました。

2時間ものあいだ、熊さんはオオカミさんのお相手をし続けたのでした。

でめたしでめたし


翌、本日
オオカミさんは部下を捕まえてとても元気に暇つぶしをしていたので、皆に迷惑をかけてました。
熊さんには私から、昨日のことを謝っておきました。
次2回ぐらいは、オオカミさんのお誘いは断ろうと心に決めました。
国立大学は、今では国立大学法人と呼ばれています。
そして、熊さんの苗字でググってみると、娘さんは東京の大学で心理学の先生をしていて、自閉症児の研究をしているようです。

浦和が笑う

本日水曜日。退社後、会社近くの店で騒ぎ、毒吐きまくりウサ晴らしまくりで、酔っ払ってのご帰還である。これを記事にすると、愚痴と武勇伝だけなので、やめとく。

日本のクロフツと呼ばれた鮎川哲也氏(1919~2002)。鉄道ものの推理小説を多く排出し、代表作は「黒いトランク」。
氏の短編推理小説に、「達也が嗤う」というものがある。
後に、何人かの作家のヒントとなった、表題が犯人の名前を示すというものだ。(逆さに読めば・・・)

さて、今日の話題は推理小説ではない。
笑っているのは達也ではなく、膝である。

今年の夏は、いつまでも暑い日が続き、最も暑かった先月のとある一週間は、昼休みに外へ出ることができなかった。私は腰痛持ちであるが、筋力を鍛えていると痛みが緩和するのであるが、一週間も怠けると腰が痛くなってくる。散歩をすると痛みが収まるという、変な腰を持っている。

そんな腰痛が、先週、急におとなしくなったので、今週から昼休みの運動を再開した。
月曜日、グラウンドをぐるぐる。
そして、火曜日から、ほんと久しぶりにサッカーのミニゲームを楽しんだ。首に爆弾があるので、胸から上のボールは逃げる。どうも、試合は無理だな。

約1ヶ月ぶりの運動なので、筋力が落ちていた。10分ぐらいプレーすると、膝が笑う。
私は、この笑う膝に、「達也」と名づけた。
膝は2つ笑っているので、達也は二人要らないと思い、一方を「和也」と名づけることとした。
タッちゃんと、カッちゃんである。
しかし、カッちゃんは、県予選の試合に向かう途中で、トラックに轢かれてしまうことを思い出した。
膝カッちゃんは、「みなみちゃん」に改名した。
かくして、左タッちゃん、右みなみちゃんの、決してもつれることの無い、最強の両足が生まれた。

練習中にこんなことを考えているから怪我をする。


本日、両足に2日前の筋肉痛が来た。
私はこれを、スーパーサイヤ人の足への変身の、第一段階だと思った。
・・・・・・

こんなことを考えて練習しているから上達しない。

スポーツの秋である。

禁句

杉山くん
たいへんやぁ~ すぎやまくんが気絶してはる~!


2007年10月14日、秋風の届かぬナゴヤドームの一回の攻防を終えた時点で、シーズンは終わった。いや、正確に言えば、シーズンは既に3位で終わっていて、シリーズが終わったのである。
阪神タイガースよ、今年もありがとう。
ていうか、今年は6月頃から、プロ野球に気合が入らなかった。試合があれば、茶の間で応援していたのだが、広島球団に勝てないようでは、クライマックスシリーズには出ることはできないと思っていた。

'64の優勝を、私は知らない。
万年2位のシーズンが続き、'85の21年振りの優勝・初の日本一は、本当に嬉しかった。
そこから、万年6位の暗黒の時代が続く。そして、'03年の18年振りの優勝。'05年の優勝。
'05年9月29日の甲子園球場、対巨人最終戦。この日に優勝が決まった。
2週間前のマジック13が出た段階で開催日を決めてしまい、準備を始めて、寮の食堂を借り切って皆でTV観戦した。転出した前応援団長も遠路はるばる来てくれて、優勝を決めた時のジェット風船、タイガースロゴの清酒菰樽の鏡開き、乾杯。
あの日の思い出を胸に、私はあと20年我慢することを決めた。

今年は良かった。
今岡の不調による林(リン)の台頭、井川、安藤、福原の穴を埋める上園らの活躍。
そして、留守宅を守る妻子が、サンテレビの音量を消して、ABCラジオをつけて、ナイター中継を観戦していたこと。

私は充分幸せである。2025年ぐらいまで、優勝は我慢できる。
だから、岡田監督、お願い。藤川球児投手を酷使しないで欲しい。
鳥谷の代わりはいても、球児の代わりはいないのだから。

しかしながら、クライマックスシリーズの2試合は、得るものが無かった。
最終戦などは、Gャンパイアでありながら、ストライク/ボールの判定がセリーグ一正確であるにもかかわらず、塁審に立つと金本選手の前へのワンバウンドの打球をダイレクトとしてアウトを宣告する、おちゃめな杉永球審。の、技を楽しむしか無かった。
あの、1回裏で終わった2試合は忘れることとした。

ということで、当面、プロ野球がらみの話題は禁句である。

絵本作家

私の妻は、月に何回か図書館へ行き、「読み聞かせ」をしている。
市が開催を案内し、集まった子どもたちに絵本を読むのである。
良く練習をしているので、私は家で過ごす時、いろんな絵本を聴いている。

私の高校時代の同窓生が、絵本を出版した。
彼は文系、私は理系であり、3年間同じクラスになったことも無かったので、卒業アルバムを見ても卒業アルバムの写真の記憶しか無い程度である。

大阪へ行ったとき、息子を鉄道書籍売り場へ行かせて、私は児童書コーナーで、同窓生の出した絵本を探した。


みんな だいじな なかま
中村文人・作 狩野富貴子・絵
金の星社

みんな だいじな なかま


本の帯の文章。一部を漢字に直して転載。
--------------------------------------------------------------
ピー ピルルルル・・・・・・
たけぶえの おとが こころを つなぐ。

大怪我を して サルたちに 助けられた オオカミの ハヤト。
ハヤトの 友達は, 両親が 残して くれた 2つの 竹笛だけ。
ハヤトは サルの ももこに 励まされ, 村の サルたちと 仲良くなろうと しますが 受け容れられません。
「やっぱり 仲間になんて なれやしないんだ・・・・・・」。 村を 去ろうとした ハヤトは, 突然 起こった 山火事に ももこが 巻き込まれた 事を 知り, 「ももこは 俺が 助け出す」 と 燃える 山へ 向かいます。
--------------------------------------------------------------

帰りの電車の車中、私は絵本を取り出し、読んだ。
狩野富貴子さんの絵が、とても良い。

「あらしのよるに」の狼と山羊のような、考えられない組み合わせによる友情の物語ではあるが、狼の相方に霊長類をもってきて、擬人化を限りなく排除している。それが功を奏して、互いの優しさが浮き彫りになっていた。
人物?の描写も良く、物語の展開は読み手をワクワクドキドキさせる。
そして、何と言っても、私の大好きなハッピーエンドだったということ。
私は「へたれ」の傾向があって、物事を最悪の事態まで想定してしまう。その分、「幸せに暮らしましたとさ。」という結末に至った場合の喜びもひとしおである。(え、ネタバレ?)

とても良い本に出合うことができた。中村くん(ペンネーム)、これからも良い作品をお願いしますよ。


彼の経歴によれば、出版社に勤める傍ら童話を創作しているようだ。他の作品の紹介もあったが、ネットで検索してもヒットしない。本著が代表作なのだろう。
彼の四十ン年間の集大成がこの本であり、本作品に彼がこれまで生きてきた想いが凝縮されていると考えると、軽く扱うことなんてできない。
私は、行楽帰りの人たちで賑わう車中で、目から暖かいものが出てくるのを感じた。

私は、子どもたちに読み聞かせをすることはできない。


最後に、「あとがき」の全文を転載してもいいかな?

--------------------------------------------------------------
おわりに
心がかよいあう友だちは,子どもたちが困難を乗り越えて行きぬいていくための大きな力となります。オオカミの”ハヤト”のように強くても,ひとりぼっちで生きるには人生はあまりに長く険しい道のりです。
この物語の”ハヤト”と”ももこ”の心の交流を通じて,子どもたちが,友だちをつくる素晴らしさや,いろいろな友だちの個性を大切にしてたくさんの仲間と共生する楽しさを感じてもらえることを願っています。
--------------------------------------------------------------

ひまつぶし

「ひつまぶし」と書いてあるのを「ひまつぶし」と読むことはあっても、「ひまつぶし」を「ひつまぶし」と読んでしまった人は重症である。

NHKの朝ドラ、ちりとてちん愛好お仲間のへいたさんのブログで、ヒロイン(和田びいこ)のご学友の野口さんは、何故野口さんなのだろうという、気になる記事があった。
そもそも、「ちりとてちん」は同姓同名の「わだきよみ」が、才女の「えいこ」と、へたれの「びいこ」(ヒロイン)とに性格分けされてしまって、それが物語の展開のなかで重要な意味を持つ・・・のか?
そして、大人びた発言を、「野口さん」が受け持つ。
ちびまるこちゃんの「野口さん」と同じ姓であることは、偶然なのだろうか。

ネットで検索しても、明快な答えは無い。
そこで私は、脚本の藤本有紀さんがなぜ「野口さん」と名づけたのか、推理してみた。(刑事コロンボのテーマ、お願いします)

小浜編で登場する姓は3つ。和田家、野口家、そして、渡辺正行氏演じる商工会の竹谷さん。
ここで、ポイントは、あまり聞いたことの無い「竹谷」姓。

自らが30,000位以下という驚くべき本名を持つほきいぬさんのブログで紹介されていた、日本の苗字七千傑というサイトで、調べてみることとした。

「和田」 56位 約273,000人 和田首、橘姓楠木氏流、清和源氏、宇多源氏、桓武平氏、藤原氏秀郷流など。
「野口」 95位 約190,000人 常陸国那珂郡野口邑発祥の清和源氏佐竹氏流。宇多源氏、藤原氏など諸流。
「竹谷」 1342位 約12,800人 三河国宝飯郡竹谷庄発祥、清和源氏松平氏流。ほか宇多源氏など。武蔵に名族。

なんと、共通点がある。「清和源氏」を源流とするということだ。

ここで、ちりとてちんの脚本家の藤本有紀さんは、兵庫県伊丹市のご出身。
清和源氏六孫王経基の子、源満仲(二代目清和源氏)は、摂津国多田(現・兵庫県川西市多田)を本拠地に源氏武士団を形成。川西市は伊丹市の隣りである。
和田さんや、野口さんや、竹谷さんが学校の友だちとかにいて、そこから登場人物の名前を決めたのだろうか。

しかし、ちょっと待ったりぃ~な!
清和源氏の末裔なんて、日本国にゴマンといる。

そこで、ヤフゥ!でググってみることとした。

結果が出た。
藤本有紀さんの同業者名簿に、これらの名前があった。
これではあまりにも漠然なので、これ以上の推理は広がらない。

しかしながら、別のサイトで、兵庫県下の小学校として、「和田小学校」、「野口小学校」、「竹谷小学校」、全てが揃っていた。
三すくみである。(発見に喜ぶあまり、使い方間違ってます)
これこれっ、これに違いない。



犯人を突き止めた私は、ネットの世界を巡回しながらくつろいでいた。
その時、NHKの「ちりとてちん」公式HPに、とんでもないものを発見した。
登場人物の紹介 : フリーライター 緒方奈津子(原 沙知絵さん)
しまった、、小浜編に、「緒方さん」がちょっと出てくるんだぁ!

「緒方」 376位 約55,800人 豊後国大野郡緒方郷発祥の大神氏、九州北部の大族。蘭学者緒方洪庵は同族。

清和源氏では、ありません。
緒方小学校も、見当たりません。

この世には、解明できない謎が多すぎる。

阪神1000系

明日、10月14日、鉄道の日。
毎年10月から11月にかけて、鉄道各社局はこの時期にイベントを実施している。

滋賀県の近鉄。近畿日本鉄道ではなく、近江鉄道。地元では「ガチャコン電車」と呼ばれている。
当初、「ガチャコンまつり2007」を、10月13・14日の日程で開催が予定されていたが、諸般の事情により、中止となった。

9月21日、近江鉄道愛知川4号踏切(警報機のみ、遮断機なし)において、電車と軽乗用車が衝突し、乗用車を運転していた男性が死亡した。この事故では、踏切の警報機が故障していて、ランプの点滅のみで音が鳴らない状態だった。音が鳴らなかった原因は、電鐘のコイルが何らかの原因で断線したためとされた。同社は緊急総点検を行い、他に異常の無いことを確認した。

多重の安全性の必要がある。

ということで、この休みにめぼしいイベントが無くなったので、阪神電車の最新鋭、1000系に乗りに行くこととした。

日本一阪神尼崎駅前、一番街商店街。
兵庫県は、阪神タイガースのお膝元。
アーケードの上に、「優勝」のちょうちんが飾ってある。
「奇跡の めざせ優勝」の文字を隠して、「日本シリーズ進出祈願!! めざせ!!日本一」と、張り紙が・・・
これも明日夜には撤去されるのか。

急行梅田行そして、尼崎駅構内へ入場。
1000系は、6両編成×1と、増備用2両編成×2の、合わせて10両が1次車として配備された。6両編成が本線、2両編成をつなげて4両編成として西大阪線を走らせている。
西大阪線のホームへ上ったら、1000系の西九条行きが出発したところだった。
見送り、30分後の戻ってきた車両に乗ることとした。
待っていたら、本線の急行梅田行きが1000系で入ってきた。
階段を駆け抜け、パチリ。
尼崎駅
そうこうしているうちに、西大阪線1000系が戻ってきた。
デジカメのシャッターって、下から上に切れるのか?
ということで、1000系に乗車した。
阪神電車は、駅間が短く曲線区間も多いので、車両の加速性能が高い。
また、保線技術が日本一だと私は思っている。
2002年まで阪神電車の車両を作り続けた武庫川車両工業が、最後に製造した阪神9300系は、乗り心地が最高である。西九条駅
上手な運転手だった場合は、いつ停車したのかも分からない。
新造の1000系は近畿車輛製であるが、これがまた秀逸であった。おそらく、武庫川車両の技術が伝達されたのであろう。どこかの、アルナ車両→日立製作所とは、比べるべくもない。

2009年春の開業を目指し、阪神西九条-近鉄難波 間(阪神なんば線)延伸工事が行われている。
安治川橋梁これが完成すれば、名古屋-姫路 間が、標準軌で結ばれることとなる。実際に直通運転が行われるのは、奈良-三宮 間となるのだろう。阪神1000系は、この直通乗り入れ対応車である。
西九条駅を降りると、延伸工事が相当進んでいる。
写真は、安治川を渡る橋梁。
そして、右側の建物は、安治川トンネルの入口。

安治川トンネル今日のもうひとつの目的地、安治川トンネルは昭和10年着工。
川を渡る人が増え、渡し船では追いつかなくなり、橋を架けると安治川を通行する大型船の障害となるため、川底トンネルを建設した。
エレベータで17m降りたところにトンネルがある。エレベータは、人と自転車が乗ることができる。

地下通路は約80m。
弁天町側
そして、弁天町側の建物。交通科学博物館まで徒歩10分。
エレベータの左には階段。右側の2つの扉は自動車用。
自動車用エレベータは、1977年に廃止。現在は使われていない。



103系USJ西九条の駅に戻ると、ホームにUSJウッドペッカー仕様の103系が停まっていた。





弱冷車「弱冷車」のステッカーが、ここだけ斜めに貼ってあった。
JR西の遊び心を発見。



漢字

思ふこと言はでぞただにやみぬべき我とひとしき人しなければ(在原業平)

私は、自分がひと言多い性格であることに気が付いている。
しかしながら、昨日の自己判定の結果、「空気が読めないわけではない」のだそうだが、近頃は短歌が詠めない。
ということで、先人の作品を少し鑑賞してみた。
そこで、私との大きな違いに気が付いた。
平安時代とは文化や慣習等大きく違い、高名な歌人と比べるものではない。
しかしながら、短歌の入門書のお手本を読んでも、それは同じであった。

その違いとは、「ひらがな」が多いことである。かな文字が基本なので、当然といえば当然であるが。
短歌を創り上げていく過程で、自分の心情に最も近いことばを選ぶのであるが、出来上がった私の短歌にはあまりにも漢字が多い。漢字が多いということは、読み手の視覚に意味を訴えてしまい、広がりが限定されるようだ。

試しに、漢字の多い自作短歌をひらがなで書いてみた。

-----恥かしいのでお見せすることはできません-----

お、結構いけるではないかw


ちょっと長くなるので、続きは↓

続きを読む

実話です

「コジカ」と「オヤジカ」、どちらが大きい?

答え :小鹿とオヤジ蚊とでは、小鹿の方が大きい。(出典:ドラゑもん)
人血を吸うのは、メスの蚊である。


ある日、私は次のダンジョンを目指して路線バスに乗車していた。

-突如、音楽が戦闘シーンのものに変わる-

『巨大蚊があらわれた』
『巨大蚊のせんせいこうげき』
『DILIはひだりのほおに0.0002ccのダメージをうけた』
『DILIはきづいていない』
『巨大蚊はさっていった』

その時、私は左前方に、重そうに飛ぶ飛行生物を認めた。
「何だろう?」 (日テレマスコットの「なんだろう」ではない)
蚊にしてはやたらデカい。
体長が9mm程度あるだろうか。しかもやたら太っている。
誰かの血を吸ったのだろう。

生物は、路線バスの他の乗客の周りをゆっくりと飛んでいる。
そして、私の方に向かってきた。
「蚊だろうか?、他の昆虫だろうか?」
息子に相談しても要領を得ない。♪名前を聞いても分からない♪
両手のひらで叩き潰して、他の昆虫だったら、訳のわからない汁を飛ばしてつぶれて、うわぁ・・・・と考え、私は手のひらパンッはできなかった。

さらに、ヤツは接近してきた。


『巨大蚊があらわれた』
『DILIのデコピンこうげき』
『巨大蚊はいなくなった』

-音楽が移動時のものに戻る-

何が起こったのかと思って、私はふと自分の手を見た。
すると、右手人差し指の爪に、鮮血が付着していた。

あぁ、蚊だったのだ。
しかも、私の「デコピン」で・・・
あれだけ巨大なのは、ボス敵に違いない。
最大HPが100000くらいあって、夏が終わってしまったのでHP1くらいしか残っていなかったのだろう。
恐るべし「デコピン」攻撃。恐るべし動体視力。

良い子のみんなは、真似しないようにね。


その後、私の左頬が痒くなったのは言うまでもない。

きんてつ鉄道まつり

ゆうこりん?10月8日、 「きんてつ鉄道まつり2007」に行って来た。
本日の表紙は、川西能勢口駅で見かけた能勢電のヘッドマーク。息子のデジカメを奪い、撮影した。
10/20の「のせでんレールウェイフェスティバル」に、鉄道アイドルの木村裕子ちゃんが来るらしい。
彼女と私とには共通点がある。鉄ヲタを名乗るには、知識量が不足している。

伊勢志摩さて、冗談はこれくらいにして、近鉄難波駅。
伊勢志摩ライナーが停まっていた。
近鉄電車の中で、私の最も好きな車両。
息子も乗せて、志摩スペイン村まで行ったのだが、2才の頃の記憶は無い。
近鉄難波からは、特急と、奈良線の電車が出ていて、大阪線は上本町か鶴橋での乗り換えが必要となる。

60周年上本町で乗り換え、大阪線の地上駅へ。
なんだか、ホームがあわただしい。
近鉄特急60周年記念のアーバンライナー・ネクストが、ロゴとイラストを付けて、初運転されるというのだ。上本町発11:38分発臨時名阪特急、公募で当選した100組200名が招待された。
写真を撮り、特急の3分前発の急行に乗車。

国分駅途中、河内国分駅で下車し、跨線橋を渡り向かいのホームへ走る。
3分後に通過する臨時特急をデジカメに収める。
100km/hくらいだろうか。
私は、流し撮りをしたあと、小さくガッツポーズ。
安物のデジカメの限界に近い写真が撮れた。(限界浅いっす)

ランディ・バース後続の急行に乗り、五位堂駅(奈良県香芝市)で下車。
駅前で、1985年阪神タイガース優勝の立役者。神様・仏様・バース様が我々親子を迎えてくれた。
'85、'86、2年連続三冠王。現、オクラホマ州議会上院議員。
あまりにも無防備な迎え方で、驚いた。

デボ1形近鉄五位堂検修車庫に入り、「近鉄電車第1号車」の展示を観る。
モ200形から復元したデボ1形。15m車。
閉園になった「近鉄あやめ池遊園地」にあったものを、移設。
屋根付きの展示場で余生を送っている。
中には入れないようだ。

はかるくん車両写真撮影会。
24系電気検測車「はかるくん」。電動車のモワ24と検測車のクワ25との2両編成。
最高速度110km/h で電車線の状態等を測定できる。
何にでも「くん」を付ければ良いというものではない。まあ、少なくとも男の子のようである。
南大阪線等の狭軌区間に入る時は、台車を履き替えるらしい。

RAKU20000系「楽」。
団体専用列車である。
一部2階建てハイデッカー。
車両横の「楽」の文字は、榊莫山の筆による。
写っていないが、VISTA CARのマークも付いている。

五位堂車庫会場では、鉄道模型の運転会もしていたが、息子は運転にあまり興味が無いのと、長蛇の列であったことから、行かなかった。並ばないと会場にも入れず。
最後に、工場内の様子の写真。

近鉄のフェスティバルは、今回が2回目であった。
「楽」をじっくり見たのは初めてで楽しんだが、ちょっと奈良は遠いぞ。

クロ

単身赴任先まで片道約160km。私は毎週、車で往復している。
メーター愛車は、新車登録から10年9ヶ月。走行距離約15万7千km。
来年1月の車検時には、前回8万km時にしたような、ゴム回り一式の交換をしないといけない。
しかしながら未だ絶好調で、ガソリン1リットル当たり20km以上走る。

愛車は、マニュアル車である。下り坂やカーブでは、シフトダウンにより減速するので、ブレーキを必要としない。
前輪にLSD(空転防止装置)が付いていて、凍った坂道でも一発で発進できる。
色は銀色。暗い色は、対向車の視認性が悪い。
特に、黒い車は黄砂の雨が降ったりすると斑点になり、手入れがたいへんだ。
日頃運転していて感じることだが、前にプライバシーガラスの車が走られると、前方が見えない。普段は車間距離を思いきりとっているので問題は無いが、信号等で停車した時に見えない。
また、対向車がディスチャージヘッドランプだと、中年化した目には眩しいことがある。

10月1日に、兵庫日産自動車と、日産サティオ兵庫とが合併した。
全国各地で順次合併されていて、兵庫県では10月実施となったようだ。
今月は、販促強化月間で、営業から電話があった。
電話の彼が入社1年目の時に、今の車を購入したが、その時彼は何故か涙目だったような・・・

ちょっと、ショウルームへ息子とともに赴いた。
5分ほど、車を見た。
30分ほど、彼と話をした。
そして、私は、ブラックボディーで、プライバシーガラスで、オートマ(CVT)で、ディスチャージヘッドランプで、LSDなんて付いてない、そのような車の契約書に判を押した。
だって、格好良かったんだもん。
公募も考えたが、こいつを「クロ」と名付ける。

購入価格の中に、希望のナンバープレート取得料金が含まれている。これが要らないと言っても、4,100円は安くならない。(代行手数料1,400円くらいなら?)
かつて法令を見て、4桁以下のアラビア数字が使えることを知っていた。
私は、・・・0(ゼロ)を希望したが、それは出来ないと言われた。システム上、対応できないらしい。
ちなみに、「・・・1」の倍率は30倍程度で、当選するまで申し込もうとすると、都度手数料が必要になるとのことだ。

それにしても、お買い得だった。
最近の車は値引きが無い。
今回購入したコンパクトカークラスで、がんばっても3~5万円程度である。
また、11年16万km傷物の車に、通常は下取り価格は付かない。
しかしながら、会社合併恩赦と、裏技と、彼との付き合いから、納得のいく線で契約ができた。

裏技その1 :
今回、支払いを、3.9%クレジットを10万円分組み、残りを頭金とした。これで、12回払い(1年)の利息は2,125円。ディーラーとしてはクレジット契約の締結により、額の大小に係わらず、2~3万円車両本体価格から値引きが可能になる。(2千円で3万円を釣る)
裏技その2 :
下取り車両を中古車市場にまわす前提とすると、リサイクル預託金がほぼ全額戻ってくる。(あとは中古車部門の判断になるが、要はディーラーが負担するってこと)

車庫証明手続代行費用(15,640円)や、JAF関連費用(8,000円)、付属品、ガソリン満タン等、更に頑張る要素はあるが、今回は、30分で目標値を達成したので、あまりしつこくしなかった。

そして、11月になるとスタッドレスタイヤのセールが始まるが(ホイール付きで、結構安い)、その時に冬のアルミホイールと夏のスチールホイールとを交換してもらうこととした。

日産車を購入する場合は、合併時が狙いである。

今月の予定

10月も忙しい。
先週などは、連日ブログ記事をアップしてしまった。
先月は北九州へ出張したが、今月は札幌出張が入っている。
そこで、今月の月間予定表を作ってみることにした。

ウソコメーカー社から、新製品のスケジュール管理ソフトが出ている。

カレンダーメーカー


"DILI"でやってみた。
結果は、これ。

DILI

こんなの嫌だよぉ~


次に、本名でやってみた。

本名

ちょっと、コメントは差し控えさせてもらおうかなっと


"犬"の結果がこれ。

犬

あはははははははは
「5時の」って

"猫"では、

犬

私って、猫だったんだ。

ちりとてちん

4ガツカラ,テンションタカイ ズガタカイ.

419系元気継続中といっても過言ではない。
10月になって、またひとつ、オラに元気をわけてくれるものが始まった。
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」。

NHKの朝ドラを見るのは久しぶりである。石原さとみ(てるてる家族)以来かもしれない。
朝ドラ史上最低の、「天花」以降見てないってことか? いや、宮崎あおい(純情きらり)は見ていた。
先週までは、7時頃出社することが多かったが、テレビを見なければならない。私のサマータイムは終わってしまった。(なお、米国は今年は11/4までサマータイムである)

見れば、結構面白い。
「自信なし。特技なし。将来の夢なんてわかんない。悩める"へたれ"な女の子、落語家をめざす!」
笑いと涙が満載で、すごく元気になる。

第一週「笑う門(かど)には福井来(きた)る」
敦賀機関区舞台は、福井県小浜市。ヒロインは高校卒業後、大阪に移り女流落語家を目指す。
ヒロイン9才の時、父の実家(祖父が箸職人)に引っ越してくる。
162号線を車で走る一家の背後には、国鉄色のキハ58・28。小浜線には直流1500Vの架線が。

そして、今回の朝ドラの最大の特色は、ヒロインの「妄想」シーンが多用されることだ。
何でもネガティブな方向に考える、妄想シーンが突然入る。
大阪放送局の間の取り方は、私の肌に合っている。

福井県内のいろんな所でロケが行われている。
気比の松原日本三大松原「気比の松原」では、ヒロインと、ヒロインのご学友のお兄さんとが、この2人の行く末や如何に!なのかなんだか分からないが、思い出の地として描かれる。
美浜町の松原海岸では、五木ひろしさん(本物)が、本人の役でヒロインと出会う。
若狭町の梅丈岳では、和久井さんが番傘を広げて飛び降りる。

母親役は和久井映見さん。ボケたり突っ込んだりホロリとさせたり。大女優である。
叔父役の京本政樹氏は、時代考証が・・・

蘇洞門めぐり小浜市内でも多く撮影された。
某高校の撮影は、小浜中学校の校門前に、6月だというのに満開の桜が持ち込まれた。
駅前商店街から入ったところに、ヒロインの友達の実家「魚屋食堂」があるという設定。

以前、息子と小浜観光をした時、小浜駅前の食堂で昼食を食べた。
そばが運ばれてきた後、デジカメの電池が切れていたことに気付き、充電させてもらえるよう店の人に頼んだ。
「そんなの、もっと早く言ってくれればいいのに。」と、行きつけの店のように、暖かく接してもらえた。

その店の壁には、「てつandとも」が来店した時の写真が飾ってあった。
彼らは、赤と青のジャージを着て、ギターを持って食事に行くようだ。

キャラミル研究所

ブログ仲間から、性格診断の回覧物が回ってきた。

キャラミル研究所


結果、

ウラゲノム : WILD、CAPTAIN、FEELING
オモテゲノム : HOT

このタイプの特徴は・・・
●基本的に『仕切りたがり』です。
●奔放で独創的。で、少しわがまま。
●ふやーっとモノを考えるのが好き。
●誰とでもよくしゃべり、いつでも本音でぶつかります。

だそうだ。

当たっているのだろうか。
そういえば、この4日間程、自分を晒す記事を書いてきた。
検証してみよう。


台湾バナナ (10/3)
・着想ユニット: わき上がる衝動やこうしたいという欲望の特徴
SELF、WILD、KNIGHT、PURE のうちの 【WILD】

その行動特性は、「遠足で調子に乗って川に落ちたりするタイプ」らしい。
正に、体が付いてこない運動量不足のサッカー選手そのものである。


狼少年 (09/30)
・能動ユニット: こうしたい、の実現にむけ、周囲にどう働きかけるかの特徴
INSPECTOR、GENERAL、MOTHER、CAPTAIN のうちの 【CAPTAIN】

仲間思いのモラリスト、ほめ上手なのは当たり前。
相手が狼少年であっても、嘘つきロボットであっても、関係ない。
地球平和のため、仲間とともに、宇宙怪人と戦う。キャプテン・・・翼?


停電 (10/2)
・判断ユニット: 最終的に物事を決めるときの特徴
REALIST、FEELING のうちの 【FEELING】

「気持ち」とか「勢い」とか「根性」とか「みんなの元気をオラにわけてくれ」とか。そういうもので気持ちを左右される。
REALISTかと思ってたんだけど、FEELINGかな~?っていう、「ま、いっか」型の「FEELING」である。 


変な文 (10/1)
・対人特性
HOT、SLOW、SMART、COOL のうちの 【HOT】

「ココロの開き方」 ・いつでも本音でぶつかるタイプ
「社交性」 ・おしゃべりで交際範囲を広く持つタイプ
これはもう、「HOT」以外に考えられないだろう。特に、穴の中はロバの耳で酷いことになってますよ。


検証は終わり~。
判定種別は少ないものの、まあ、当たってるんでしょう。
以上、職業欄で、「その他会社員」を選んでしまったDILIでした。

台湾バナナ

日本国内で消費されるバナナは、その87%がフィリピン産だそうだ(2006年実績)。次いでエクアドル産(10%)が多く、台湾産は1%程度である。

門司港バナナマン門司港レトロ地区に、黄色い被り物を着用したおっさんの人形がある。
愛と正義の使者、「バナナマン」。
思い切りベタなネーミングだが、お笑いタレントではない。

門司港では明治41年、日本で最初の「バナナの叩き売り」が行われたらしい。
台湾からバナナを船便で輸入するが、輸送中に熟成してしまったものや加工不良品を、消費地に送る前の段階で門司港の桟橋で叩き売る。
高級果物として「台湾バナナ」の地位は不動のものであったが、昭和30年代後半には中南米産が。その後盛り返すものの、昭和49年頃からは「フィリピンバナナ」の天下が今まで続いている。

私は炭水化物が好きである。
昨年まで毎日昼休み、サッカーをしていた。ナイトゲームの日の会社の昼の定食にスパゲッティーが出ようものなら、勝利のステップの小躍りをしていた。
そして、スタジアムへ向かう途中のコンビニで、ペットボトルの飲料と、おにぎりと、あと、売っていればバナナを購入する。
バナナには、果物の中でも最も多くの炭水化物が含まれいる。また、炭水化物がエネルギーになる時に必要なビタミンB群も多く含む。日頃やわな練習しかしていない身体なもので、試合の後半になると足が吊ってしまうのだが、筋肉の痙攣を防ぐミネラルも豊富だ。
そして、食塩よりも美味い。

ということで、私はバナナを見ると走りたくなる。

今回の九州行は、一旦会社へ戻ってから翌日自宅へ帰る行程だったので、台湾バナナは買うことができなかった。
最近では、フィリピン産台湾バナナも出回っているらしい。
何処かで、捜してみよう。

門司港では、今年も9/15から10/28の間、「バナナフェア」が開催されている。

停電

今朝、Yahoo!で、「ニコニコ動画に投稿される動画の権利保護について、今後強化を図ってゆく」というニュースがあった。
確かに、YouTubeと比べて、こんなのいいんだろうかといった、びっくり著作動画の公開がある。以前見た動画が、×印になっていることも多い。
私はその足で、ニコ動に飛んだ。
「ひぐらしのなく頃に解 第13話 皆殺し編」が、テレビ埼玉で放映されたアニメそのまま公開されていた。
この二千人皆殺しが始まったところを最後に、放映が打ち切られたようで、何がなんだか・・・
退社後確認したら、まだ見ることができたが、朝と比べてひたすら重い。早晩、×印になるだろう。

さて、子どもに見せたい番組として、NHKの「プロジェクトX」が度々一位になっていた。大人の都合による中止が惜しまれる。
本日は、難関に挑む男たちの記録。

「プロジェクトQ」


私の父は電力会社に勤め、架空送電線の保守に40年を捧げた。

2006年8月14日午前7時38分。
旧江戸川を航行中のクレーン船のアームが27万5000ボルトの高圧送電線に接触、2回線切断。東京都東部を中心に、広い範囲で停電した。交通、金融、通信等に多大な影響が出た。
特別高圧線網は多重化されているので、多少の不手際はあったものの順次切り替えを行い、同日12時20分には全面的に復旧した。

その1年後。
2007年7月19日午前8時47分。長崎県平戸島と本土を結ぶ6万6000ボルト高圧送電線にクレーン船のアームが接触し、2回線とも損傷して送電を停止した。
首都圏の事故と同様、伸ばしたままのアームが上空30mの送電線を切断した。
電気は通常、三相交流で送られるので3本の電線が必要である。1基の鉄塔の両側にそれぞれ3本の高圧線が縦に並んでいて、6本の電線が2回線の電気を送っている。
今回、クレーン船は最も低い電線2本を切断したため、2回線が停電した。

Q州電力は非常災害対策本部を設置し、事故の収拾に当たった。

九州全土から高圧発電機車70台を平戸島に集め、公共施設等を中心に応急送電を開始した。
高圧線の応急復旧として、残った4本の送電線のうち3本を使って1回線を確保するという前代未聞の手法を立案。つなぎ替えを行い、同日午後10時頃には高圧1回線による仮復旧を終え、送電を再開した。

2回線の本格復旧に向け、停電工事をすれば1日で送電線の架線復旧が可能であるが、ここで、九州電力は工事のための停電を避けるため、異例ともいえる無停電工法を採ることとした。
先ず、平戸大橋の歩道上に、2万ボルトの送電ケーブル約1kmの仮送電ルートを設置し、切替時の供給力を確保することとした。作業は8月28日、交通量の少ない時間帯に夜を徹して行われた。
8月29日未明から、残った4本の送電線のうち、通電していない1本をガイドにして、鉄塔上で1本目の送電線の架線作業を行い、同日完了した。

9月1日深夜、仮ルートへの通電を開始し、送電線1系統の以前と同じ縦3本の形態への接続変更を行い、送電を開始した。この作業のための、仮ルートの14時間の大役は終わった。
そして9月3日、2本目の送電線架線が行われ、翌9月4日、2回線による送電を開始した。

9月11日に仮ルートの撤去が完了し、九州電力および協力会社社員達の暑い夏は幕を閉じた。

                      (取材協力 : 九州電力(株)、(社)日本電気協会新聞部)



銀林みのる著「鉄塔 武蔵野線」(第六回日本ファンタジーノベル大賞受賞作)という小説がある。
映画にもなった。
小学5年生の見晴は近所の鉄塔で「武蔵野線75‐1」の番号札を見つけた。夏休みに2才下のアキラとともに、武蔵野線(送電線)をたどって行き、秘密の原子力発電所を求めて探検する。
あまり誰も興味を示さないような鉄塔に着目した、夢が溢れる冒険小説である。
ラストの描写には、私の眼前に百万弗の夜景が広がった。

鉄塔は、見ていて飽きない。鉄塔の写真ばかりを扱ったHPも存在する。
飾らない幾何学形状に癒されるものがある。


私の父は、台風が来ると対応のために出勤していた。
少年時代、父親が不在の停電の夜、闇の中で心細さを感じると同時に、使命感を見ていた。
そこにも「愛」があった。

変な文

最近、短歌を詠むことが少なくなった。
以前は道を歩いていても、心の扉を前に少し開いていれば、自然がいくらでも飛び込んできた。
近頃は、季節の変わり目でもあり、無防備に歩くと流感に罹りかねないのと、師匠があまりにも腕を上げたこともあって、今の私には詠めない。
また、短歌を詠むに当たって必須の、推敲が苦手である。私は少し気が短いので、文章をあまり推敲することなくアップする。世界に公開してから、どうしても気になったところを修正する程度で、しかるに私の文章は読みにくい。

私は、ブログの世界で様々な実験をして、自己満足に浸っている。
リニューアル以降もその傾向は変わらないどころか、増長の傾向にある。
本日は、諸般の理由により、ただでさえ読みにくい私の文章から主語を抜いたらどうなるか・・・の実験をしてみる。
なお、全編愚痴ばっかで、教訓もオチもありませんので、どうか、続きは開けないでください。

続きを読む

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。