スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼少年

「狼が来たよ」といつも言っていたがために、本当に狼が来たときに誰からも信じてもらえなかった少年。

私の周囲には虚言症の人物はいない。
いや、実際には居て、私が気付かないだけなのかもしれないが、虚言癖があると判明した時信用は失墜し、円滑な会社生活は送れない。

振り返れば、小学校の頃1人居た。
周囲は皆、彼をうそつき呼ばわりした。私は彼の数少ない話相手の一人だった。
北海道当時は今と同じで、大阪から北海道へ行くには飛行機に乗るのが普通だった。
ある年の二学期が始まった頃、彼は夏休みに、昼行特急の「白鳥」に15時間揺られ、青森から青函連絡船で函館に渡ったと言っていた。
周囲は嘘だと言って、誰も相手にしなかった。
彼は、私に「白鳥」に乗ったと告げた。私は、「そりゃ疲れただろう」と言った。彼は、「うん、疲れた」と答えた。
別に疑ってはいないんだけど、面白い話はそれだけで終わった。
でも、私は彼の話により、尻が四角くなる疑似体験をしていた。

小学生の頃読んだ鉄腕アトムに、「うそつきロボットの巻」というお話があった。
21世紀の日本は、各家庭に人型ロボットが普及している。
ある科学者が、重篤な母親の看病のためにロボットを作った。ロボットは嘘をつくことができず、看病の際に、「お母さんはもうすぐ死にます」と言わないように、嘘つきの回路をロボットに組み入れた。
その、アトムのクラスメイトのロボットは、いつも嘘をつくので学校で嫌われていた。
ある日、火事が発生した。そのロボットは、皆に火事を知らせたが、皆は普段の嘘つきぶりに辟易していたので誰も信じることはなく、そのロボットを袋叩きにして壊してしまった。
火事は本当だった。
火事の発生前、科学者にアトムが嘘はよくないと忠言し、科学者はそのロボットから嘘つき回路を取り外していたのである。
火事はアトムが鎮火した。
その後、病気のお母さんが、「いつも看病してくれたあの優しいロボットはどこ?」とアトムに尋ねた。
アトムは、「ここにいますよ、お母さん」と嘘をついたのであった。

私はこの話を読み、人を守ったり勇気付けるための嘘は美しいものだと思い、世の中には必要な嘘のあることを知った。
言ってはいけない事実のあることも知った。
代わりに、自分を守るための嘘はつくまいと、心に誓った。

今、良質の娯楽は少ない。
スポンサーサイト

サロン 3号店

ご自由にコメント等ど~ぞ

続きを読む

ご無沙汰

今週は記事のアップができなかった。
仕事が立て込んでいる。この土日にも勤務時間中にあまりしたくないような宿題をお持ち帰りしていて、半分くらい済んだ。
ブログに関しては、自分の中でたくさんの課題が出てきている。そのようななかで、以前からの仲間のブログを読んだりコメントを寄せたりすると癒されるものがある。
「愛」のテーマの記事は執筆準備中であるが、まだ暫く時間がかかる。
N700系
と、いうことで、ちょっと息抜きで九州のご報告。
表紙を飾るのは、N700系のぞみ。少しずつ増便されている。
ホーム停車中の「のぞみ」を狙ったが、ピントは背後の建物に綺麗に合っている。
「小倉」前日泊。

製鉄所次の日仕事は、まずまずうまく終わった。
仕事を早く終わらせて、自分へのご褒美として、ちょっこし鉄分補給。
写真は、某製鉄所。
写真を撮っただけで、一路「門司港」へ向かう。

ファ○マ門司港駅の写真。
駅舎は国の重要文化財。駅周辺には歴史的建造物が多くあり、観光活性化事業(門司港レトロ事業)が進められている。
通常、門司港駅の写真を撮るときは、正面から、ライトアップされた夜間に、駅前の噴水が全開の時を狙ってシャッターを押す。
今回は、何故か駅前のファミリーマートの看板を入れてみたかったので、この角度w。

鉄道記念館そして、今回の目的は、「九州鉄道記念館」訪問。
平成15年8月開業。
かつて九州地方を中心に活躍していた車両を展示していて、一部の車両は車内見学が可能である。開業当初、心無い人物による展示物の部品の盗難が頻発し、一時期は車内に入れない時期があったそうだが、対策を打ったようだ。

キハ07系キハ07系ディーゼルカー。
1940年1月29日、死者189名の安治川口列車脱線火災事故を起こしたキハ42000形ガソリンカーの後身である。
安治川口の事故では、列車がポイント通過中にポイントを切り替え、列車は脱線。駆動軸の接触によりガソリンタンクに穴が開き、脱線時の火花がガソリンに引火した。
キハ07車内事故車両に乗務していた車掌は、乗客の救出に当たったが、下半身に大火傷を負い殉職。
鎮火後、折り重なる死体の下に、2名の生存者が居た。
午前6時55分に事故が発生し、当日正午には復旧したようだ。
事故を受けて、引火しやすいガソリンカーはディーゼルカーに取って代わるが、車両の不燃・難燃化は、北陸トンネル内で発生した「きたぐに」の火災事故まで本腰を入れられることはなかった。

クハネ581そして、世界初の寝台電車特急581・583系。
昼間は座席特急、夜は寝台特急となり、24時間働くことができる。
青森から鹿児島まで広く使用されていたが、保守・運用・居住性等に難があり、次第に運用を離れてゆくことになる。その結果、余剰車が発生し、北陸本線の419系、長崎本線や東北本線などの715系に近郊化改造された。
581車内現在では、定期運用としては、JR西の寝台急行「きたぐに」のみ。
JR東日本には国鉄色の583系が12両。残りのJR西日本車は「シュプール」等に運用されている。
715系は既に全廃。北陸本線の419系は未だ健全であるが、新鋭の521系に押され気味である。

ペネシャンブラインドさて、展示されていたクハネ581-8は、クハ715-1として近郊化改造された後、1998年に廃車。JR九州小倉工場に留置されていたものを修復、展示されたもの。
715系の修復車なので、中・上段寝台は封印されたまま。座席も一部ロングシートのまま。
窓も715系化に当たって改造されたが、2箇所だけ581系の窓に復旧されていた。
2重窓の間にブラインドがある、ペネシャンブラインド。
取っ手は外されていたので、開閉はできない。
青ソニ
最後
883系ソニック。
光の加減だけは狙い通りだったが、駄作だ。
デジカメは難しい。


ひぐらし・・・

先週一週間は、盛夏以上に暑い日々が続いた。
もう、蝉も休眠に入っていたが、2、3日前には10ヶ月早い脱皮を遂げたミンミンが、淋しく鳴いていた。

本日未明、長野県辰野町で中三男子による父親オノ殺人未遂事件が発生した。今回は、オノよりも頭の強度が高かったのか、命に別状は無いという。
18日に、京田辺市で少女による警官の父殺害事件が発生した。
事件は連鎖するとされており、直接・間接に事件を想起させるものや、過度に陽気なイベント等は自粛されることが多い。また、国や自治体は、事件の解明を受けて、必要に応じて再発防止対策を行うことになる。
アニメ「ひぐらしのなく頃に解」が放映中止になったのも止むを得ないし、模倣犯と言うのは不適切であるが、本日の事件の発生により、東海テレビ担当者は自らの判断を正当化していることだろう。

未成年による事件は難しい。
京田辺の事件では、少女は、「父親の女性関係が嫌だった」、「父親がこの世から消えてしまえばいいと思った」と、供述しているらしい。そして、今後は警察の公式見解の発表は無く、密室の中で粛々と事後処理が行われる。正確な情報が無いので、関係部署は再発防止策の検討のし様がない。

この事件で、少女が何故父親の女性関係を知り得たかが気になった。
父親自らが、普段嫌われているらしい娘に武勇伝を話すとは思えない。
母親が夫の不実を、多感な十六歳の娘相手に愚痴っていたのだろうか。そして、聡明な娘は全てを自分一人で被ることとして、母親に不利な供述はしない。
動機が「父親の浮気」であるのなら、家庭固有の問題だ。周囲や番組編成者が過剰反応すべきではない。

私は、母親と娘との結びつきほど強いものは無いと考える。
男の及ぶところではない。
世の母親は、自分の娘のためなら何でもできる。例えば、娘が自分の不注意でトラブルに巻き込まれた場合、それを知った母親は自分の夢をなげうってでも娘を助ける行為に出る。母親は「娘>自分」と位置づけ、「娘の幸せ=自分の幸せ」と考えるもので、娘の側で母親の幸せを考える必要は無い。また、自分の行為が母親に迷惑をかけ、母親の幸せを遠ざけたとも考えなくて良い。
娘の力になれない事が、母親の最大の不幸である。

少女が手オノを購入する時、「自分の幸せ」を考えてもらいたかった。

コウノトリ

会社の城崎温泉の保養所の、来月の3連休の空き部屋があった。
前日にキャンセルがあったのであろうが、当日の夕には倍率が5倍となり、やはり、抽選に外れた。
しかたがない。天王寺動物園にでも行ってみよう。

コウノトリ(Oriental Stork)
絶滅危惧IA類(CR)、国の特別天然記念物(1956)、繁殖個体群・野生絶滅。
人間の赤ちゃんは、コウノトリが連れてくるらしい。

兵庫県豊岡市に、「コウノトリの郷公園」がある。
コウノトリの保護・飼育・増殖と、野生化に向けて、現在100羽を超えるコウノトリが飼育されている。
公園では、2005年から「放鳥」を行い、本年7月には、昭和39年の福井県小浜市における2羽以来、43年ぶりの野外での巣立ちを確認した。

J0403本日9月22日、3回目の自然放鳥(3羽)が城崎温泉で行われた。また、9月23日には、段階的放鳥(2羽)が豊岡市内で実施される。野外では、野生1羽を含め20羽(雄8、雌12)が生息することになるが、生息状況が順調なため、放鳥は当面(3年程度?)休止されるようだ。

今回放鳥の5羽のうち、2羽は、1971年に福井県武生市(現、越前市)で捕獲された雌「武生」の孫である。
「武生」は、絵本(くちばしのおれたコウノトリ)でも紹介された。
彼女は、雌の「紫」1羽を産んで2005年に死亡した。その「紫」の娘2羽が今回放鳥される。
かつて放鳥されたコウノトリは、福井県の西端、高浜町でも確認されたようだ。昭和30年頃、多く生息していた小浜や越前まで飛来すればいいのであるが。
両市では、コウノトリを新鮮な食料で迎えることができる田んぼ作りが行われている。

但馬地方は、米の産地でもある。
コウノトリの舞をもじった「こうのとり米」よりも、「あいがも米」の方が美味そうに思ったのは、私だけではない筈だ。

笑いの壷

日本は一極集中国家である。
東京を歩くと、有名人に出会うことがある。
しかしながら、私の自宅のある関西方面は、有名人に出会うことはほとんど無いのである。
2年ほど前、大阪梅田の地下街で、ある有名人と出会ったのである。
さて、ここまでで「ある」は何回ある?




数えましたか?
アルその時撮った写真→

鋼錬(鋼の錬金術師)のアル(アルフォンス・エルリック)
梅田を、歩いていて・・・捕獲されたらしい。
息子と記念撮影をしたのだが、主役はカットしてしまつた。

私は漫画を読むのが好きだ。小学校低学年の頃は自分で描いていたりした。その頃の作品が家にあるが、それは何が面白いのかわからない。
娘が小学校低学年の頃、私の恥作品を見せた。娘は「おもしろい」を連発して読んでくれた。
娘のちょっと変わった感性を垣間見たが、私の唯一の理解者の存在に気付いた。
以降、娘はいろんな漫画の単行本を買ってきて、妻と一緒に読んでいる。


日常息子はこれまで、漫画本に見向きもしなかった。
ところが、先週家に帰った時、息子が漫画を読んでわらっていた。
「日常」 あらゐけいいち 角川コミックス・エース

ロボットの高校生とその仲間の、学園ギャグコミックである。
笑いは、少し外したところにある。
全校朝礼で少女が、「白ヤギに乗った笹原先輩が 私を むかえに-」と妄想するなり鼻血を出して倒れる ・・・とか。(説明できんわ)

朝礼で、若い引っ込み思案の女性教諭であるところの桜井先生が、「私の靴箱にこんなもの(弥勒菩薩)を入れるいたずらをしたのは誰ですか。名乗り出るまで朝礼は終わりませんw」と言ったら、校長が名乗り出た。
その時の一句が泣ける。
「誕生日 よかれと思ってプレゼント 弥勒菩薩は いらぬとスルー」

と言う漫画を、息子は繰り返し、笑いながら読んでいた。

私もこっそり読んでみた。
ワロタw

息子と私とは、同じ笑いの壷を持っているに違いない。
そんな所が父に似るものではない。
もっとも、私はテレビの「サザエさん」で大笑いできるのであるが・・・

ただ今帰りましたっ

地球に帰ってきた。
帰りの宇宙船は少し奮発し、DVD鑑賞可能である。
乗船時間約30時間。往きと同じ
起きている間、R. ワーグナー(ロペスではなくリヒャルト)の、ニーベルングの指輪をずっと聴いていた。全16時間。
バイロイト祝祭劇場では毎年夏、4夜にかけて全曲演奏される。
(「ワルキューレ」第三幕 YouTube)

ハイカラメロンパン星は良かった。
F60星人も、黙っていれば心も通う。
星の土産は、空港の免税店で買った「神戸ハイカラメロンパン」
80円。
免税店なのに、何故、日本の消費税が含まれるのか?
宇宙戦艦トマト運輸で、私よりも先に地球に着く。
でも、「コープこうべ」で買った方が送料分だけ安い。

明日から仕事である。
ていうか、星では何も仕事をしなかったことに今気がついた。
まあ良い。
パワーアップして帰ってきたんだから。
(ここでどん引きになった人、手を上げてください↓クリック)

今夜無人入眠

誰も寝てはならぬ(Nessun Dorma)
プッチーニ作曲のイタリア歌劇「トゥーランドット」の中の名曲。
私の携帯の、着うたである。歌うのは、ルチアーノ・パヴァロッティ。
急に鳴ると恥かしいので、振動モードにしてある。

そのパヴァロッティ氏(71)が6日、モデナの自宅で腎不全により亡くなった。

1935年、イタリア エミリア-ロマーニャ州 モデナに生まれる。プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと並び、世界三大テノールと称された。
20年程前、3人の中で一番泥臭い歌い方で、イタリアの香りが漂っていた。
十数年前は、老齢化した3人の中で一番声に張りがあり、以前よりもテノールらしくなっていた。
氏が65歳の時、3人の中で一番早く引退を表明した。
彼の記憶が皆から抜けないうちに、カムバックした。
その後、他の2人は声楽家としては少し辛いと感じるなか、彼一人が全盛期を更新し続けていた。
昨年のイタリア トリノ五輪では、開会式に「誰も寝てはならぬ」を熱唱した。荒川静香選手は、同じ曲で金メダルを取った。

YouTubeで検索したがhitしなかったので、ニコニコ動画で字幕とともに氏を偲んだ。
トリノ五輪の動画を鑑賞したが、私の着うたよりも1音下げて歌っていることに気付いた。
高音の伸びは一級品であるが、低音域に力が無く、少し哀しさを覚えた。

YouTubeは、"Pavarotti" で検索したら、結構あった(9/7追)〕
〔SchubertのAve Mariaは秀逸〕
〔彼がハンカチをひらひらさせるのは腹の肉を隠すためで、楽譜を持つのは楽譜が読めないためとされている〕

公式ホームページは、氏の笑っている写真が1枚だけであった。メッセージをここに転記しておこう。

I think a life in music is a life beautifully spent and this is what I have devoted my life to.
Luciano Pavarotti (1935-2007)

オフ祝電

DILIです。本日の記事は、ちょっとお世話になっている人達へ。

さて、
オフ会開催の運び、誠におめでとうございます。
今回のメニューのひとつとして、江ノ電ツアーが入ったこと、鉄関連ブログ一管理人としてお喜び申し上げます。
F県T市およびH県K市のお留守を守る立場として、微力ではございますが精一杯努力いたしますので、存分にお楽しみいただけますようお祈りいたします。
少し、江ノ電の写真等を披露し、お祝いの言葉に代えさせていただきます。

出典は、平成15年2月の息子との旅行紀から。
20形江ノ電の楽しみ方としては、その車窓で、沿線の民家が殊のほか近いということに尽きます。
そして、車両の大半が連接車(車両の連結部に台車があり、2両編成の場合は2軸台車が3台)で、レールの継ぎ目を拾う音が独特であることです。
写真は、最新式(当時)の20形(鎌倉駅)。

連結鎌倉駅停車中の江ノ電。
普段は2両で運転しているが、その日は日曜日ということで、4両編成。
江ノ島側の2両は、300形の「チョコ電」(昔の色を塗ってある)。
この2代目チョコ電は、老朽化に伴い2005年に現役を退いている。

2000形途中ですれ違った2000形(奥2両は1000形)。江ノ電は単線なので、駅等で行き違いがある。




江ノ島江ノ島が見えてきた。俺の家も近い♪・・ってどこに住んでんねん!
海岸は、2月だというのにサーファーでいっぱい。
車は渋滞していたけれども、電車は快適。



江ノ島駅「江ノ島駅」で江ノ電を降車。
木造の素敵な駅舎だった。
駅前の売店に、梅宮辰夫グッズがあったが・・・



EXE江ノ電の「江ノ島駅」から、海の方へ歩いていって、こんどは小田急の「片瀬江ノ島駅」から、小田急ロマンスカー(30000系EXE(エグゼ))に乗車。新宿まで。



はい、私からの報告は以上です。
それでは、良い週末をお迎えください。
で、次回は小浜線?

高松へ・・・

521系JR西521系。(敦賀駅)
今回の出張と関係無いが、表紙にお供えしておく。
写真は近江今津行き普通列車。
私は大好きなのであるが、京葉線E331系同様、鉄ちゃんの反応は冷たい。

初日は移動のみで、ホテルにチェックイン後食事に出た。
食事といっても、入った店は、魚と薩摩焼酎の店。
薩摩と書いて「いも」と読む。近頃の芋焼酎は飲みやすい。
話題は焼酎。同行四人。
ソバ焼酎、ムギ焼酎に続き、球磨焼酎の話が出た。
私は、クマ焼酎という単語に反応し、「月の輪なのか? まさかヒグマでは?」という邪な考えに脳内を支配された。で、止せばいいのに、そのことを皆に話した。
1080形私の周囲に空隙が生まれ、秋の風が流れた。

翌金曜日、仕事を終えた私は讃岐うどんを食べ、往復を高松琴平電気鉄道(ことでん)に乗るために栗林公園へ行った。
写真は1080形。元京浜急行1000形(初代)。

帰りは本四備讃線(瀬戸大橋線)、マリンライナーに乗る。
5000系JR西の新快速塗色223系5000番台と、JR四国5000系で運用。
交直流にして青帯を巻くと冒頭の521系になる。
写真はJR四国5000系の1号車(高松側)。2階建ての、2階グリーン席(950円)1階普通指定席(510円)。

2~6号車自由席でも十分に座れるのだが、折角の機会なので1階指定席車を取った。
1階席乗車率100%。隣席は130%で、少し窮屈。
以前乗ったE1系Maxの1階席と同様、防音壁しか見えない。
窓が駅のホームの高さで、こんな感じ→
京阪特急なら料金不要であるため、510円の価値は無いものと思っていた。

瀬戸大橋線には、トロッコ列車(キクハ32-502+キハ185-26)が走っている。
瀬戸大橋現在のものは、車内外がアンパンマン一色である。
トロッコは、事故防止のためアクリル窓を付けてあるが、足下にも窓があり、橋上から瀬戸内の海面風景を楽しめる。
私を乗せた列車は瀬戸大橋区間に入り、そこで、マリンライナー1階席の510円の価値がわかった。
橋梁下部グレーチングの隙間から海面が見え、トロッコ列車の車望が楽しめる。
但し、窓側席限定である。
隣席の130%はずっと携帯で遊んでいた。

レールスター本日の裏表紙は、帰りに乗った700系7000番台レールスター。(岡山駅)
岡山駅には、ホーム柵は無い。
普通車モノクラスであるが、指定席は2+2で肘掛けも大きく、ゆったりと座ることができる。
新大阪まで1時間の旅。
人気が高く、隣席は岡山-姫路間、姫路-新神戸間と、1駅毎に入れ替わり。

そして、今週は月曜の朝、赴任先に電車で向かう。
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。