スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子鉄の広場2号店

おかげさまをもちまして、多数ご来店いただきました本店が次ページに追いやられてしまいましたので、ここに2号店を開店させていただきます。
「親子鉄」としていますが、「子鉄」でも、「独身鉄」でも、「非鉄」でも、「かね哲」でも、「虎吉」でも、「地球人」でも、「異星人」でも、「みみず」でも、「おけら」でも、「あめふらし」でも、ど・な・た・で・も、コメントお寄せください。

続きを読む

スポンサーサイト

脳内フェチメーカー

以前、「脳内メーカー」で自らの脳内構造を皆様にご披露した。
月日は流れ、第2弾「脳内相性メーカー」、第3弾「前世の脳内メーカー」を経て、遂に、私のふぇち度(こだわり)が今、白日の下に晒される。
その名も、「脳内フェチメーカー

DILIまず、HNのDILIでやってみた。
またまた・・・
いフェチって読むのだろうか。
確かに、私の脚へのこだわりは並大抵のものではない。
太い脚は鉄のワラジででも・・・(内緒です)
匂いについても、私の同僚で親友の擬似-広汎性発達障害(PDD)仲間?
PDDだからそうなのか、野獣性が似ているのか、私と彼とは匂いに敏感なところがある。
指もあるかも。ドラゑもんの手に魅力を感じない。
己はねぇ、、、下腹の贅肉の落ちた今の自分がちょっとす・・・
って、何か大変な告白タイムとなってきてしまった。

ぢぃ次に、HNの和名。
でたっ!
脚、脚、脚、脚、脚、、、声・・・
声ねえ、、、
妻の声には惚れてます
はい、白状します。

続いて、本名でしてみたら、
唇52個(数えたよ)
脚1、声1、髪1、服1・・・
当って無い。
私は唇を直視しない。
言葉の出てくる穴と認識するのか、見ていたとしても、次の瞬間形も覚えていない。
眼は大好きだけど・・・

dili最後に、HNを小文字の"dili" でやってみた。
こんなのあり~の??
尻の周りを匂いが囲む
小文字のHNは本日初めて使ってみたが、こんな秘密があったんだ。
いや、中央の「尻」は、別に「尻の穴」ではないと思うが、
それにしても、くさそ~
金太が、マカオに着いたときみたい。


ということで私は明日、高松へ陸路、向かいます。
匂いを脳裏に溜め込んで。

四国

讃岐うどんは、ご家庭ではなかなかあの食感は出せず、現地で食すに限る。
今週、木金と、高松出張である。

本日は、四国のアルバムを引っ張り出して、復習しておくこととする。

ボンバル2005年3月、出張で愛媛県八幡浜まで行った。
松山まで搭乗したのはこれ。
夕日を浴びる六枚羽根。
あの、高知で胴体着陸した、悪名高きハイテクカナダ機。
当時は事故前で、機内のスピーカから位相を逆転させた音を流し、騒音を減じる機能にただ感心していた。
もう2度と乗ることは無いだろう。
2000系
松山から、JR四国2000系振り子DC「しおかぜ」に乗車。
車掌さんは、この夜を最後に高松方面へ転勤。
記念撮影をさせてもらった。
元気で頑張っているかい?

翌日、仕事を終え、アンパンマン列車(メロンパンナ号)で松山へ向かう。
なぜか道後温泉立ち寄り。
駅と空港との経路に温泉がある・・・と言うのには無理がある。
ともあれ、この記事は、この写真を出したいがためだけのもの。
IMG_0716.jpg
伊予鉄のグランドクロス。(写真クリックで拡大します)
高松架線を見ると、絶縁ギャップがある。
デッドセクションだ。

そして、2006年8月、高松出張があった。
デジカメを持って行かなかったので、携帯で。
駅前ビルの展望台から見た高松市街。
下に、琴電高松築港駅が見える。
今回も、うどんを食べる時間はあっても、琴電に乗る時間は無い。



健康について

本日、昼休みにグラウンドを走った。
通常、5~6周走ることとしているが、何かにつけて弱気の虫が出現する。
今日は近所のガキお子さまたちが、樹木にできた蜂の巣に石を投げては逃げるという危険な遊びをしていたので、彼らに「気をつけよ」という何の励ましにもならない言葉をかけたとともに、私も身の危険を察し、ランニングを4周で切り上げた。
先週も炎天下を走ったが、火曜日などは足の爪を切るのを忘れ、薬指(足の第四指を薬指と呼べるのか?)の爪が中指に食い込んで痛かったため、3周で切り上げた。
ということで、健康に良いのか悪いのかわからないが、炎天下のランニングを継続している。
お味噌が、流れ出ている。
おかげで、近頃は体脂肪率が極めて少ない。
でも、服を着て測ると、1.5ポイント上昇する。
一喜一憂すべきものではないが、励みにはなっている。

さて、突然健康の話を始めた今日の私であるが、これには理由がある。
健康食品製造販売の「やずや」では、「ビューティーチャレンジ」を募集している。
おっさんに、ビューティーは不要だ。
自らのブログに「美容」や「健康」の記事を書き、専用URLにトラックバックし、
「やずやの千年ケフィアが欲しい」と書くだけで、
ロシアにおいて1000年の歴史を持つ、乳酸菌と発酵乳による共生バランス発酵食品の「ケフィア」が、私のものに。
登録により、千年ケフィア初体験セットがもらえ、抽選で毎週30名に千年ケフィア1ヶ月分が当たる。

下の★★★★★をクリックすれば、良い事があるかも。






面白かった分だけ★の数をクリックしてくださいね。


  
★★  
★★★  
★★★★  
★★★★★



◎やずやの千年ケフィア◎

トラックバックでプレゼントキャンペーン


2007年9月30日(日)まで


【 あなたのビューティーチャレンジ募集中! 】




>他のキャンペーンの参加者のブログを見る




>ブログは持ってないけど「千年ケフィア」を試したい!


鉄道模型フェスティバル

阪急百貨店・阪神百貨店共同企画の、「鉄道模型フェスティバル」を開催している。
息子と行って来た。
息子は先週、阪神百貨店の方に行ったので、昨日は阪急百貨店の方に行った。
親会社は合併したが、それぞれの百貨店で、それぞれの鉄道模型を展示している。

正午前に会場に着いたが、入場制限により長蛇の列であった。
先に食事を済まそうとして8階に上ったが、小林一三がかつて大衆向けライスカレーを開発した大食堂も、長蛇の列であった。
いつものJRガード下の店へ行く。
いつもなら頭上を通るトワイライトエクスプレスは、先月の地震の影響により運休。

食事を終え、阪急百貨店に戻った。
梅田駅即入場。
入って直ぐ、1910年3月10日の、営業開始当日の梅田駅模型が我々を出迎えてくれる。
「箕面有馬電気軌道株式会社」、梅田-宝塚間および箕面支線の開業日である。
会社の設立は1907年10月19日で、今年が100周年である。
記念事業の一環として、本模型フェスティバルが開催された。

KATO模型メーカー各社が集合レイアウトを展示している。
写真はKATOのもの。
これだけ縮小すると、何が何だか・・・
写真を撮ったとき、キハ82系特急形気動車と、手前に鮮魚列車が走っていた。
鮮魚列車は、白い国鉄タイプの冷蔵車を、なぜかJR貨物の新世代EF210「桃太郎」が牽引している。
モモタロス、過去に戻ったか。

tomixこちらは、tomixのレイアウトの一部。
最初、法隆寺の夢殿と、東大寺の大仏殿と、興福寺の五重塔が林立する山寺の前を、阪急電車が走っているのかと思った。
社寺仏閣のHPで確認したら、いずれも法隆寺のものをモデルにしているようである。
しかしながら、縮尺が・・・
これが気にならない所が、鉄道模型ストラクチャーのテーマパーク性である。
模型運転
次の部屋は、「鉄道模型運転体験ゾーン」。
45分待ち。
息子は展示会等での運転にこだわりが無いので、助かる。
私は、生きるのにせっかちである。

1形そして、「鉄道模型でみる 阪急電車いまむかし」
写真は、箕面有馬時代の1形の模型。
明治時代の遺産。
前後にトロリーポールが付いている。
社名にある有馬温泉は、会社設立後100年経った今も、宝塚からはバス輸送である。

グランドクロス西宮北口にあった、神戸線と今津線との平面交差(グランドクロス)のジオラマ。
独特の音が、鉄ちゃんにはたまらない。
私が西宮北口に住んでいたのは、グランドクロス解消、今津線分断後のことであり、平面交差の記憶は無い。
二年前、四国へ行った時、伊予鉄でグランドクロスを体験した。
記事は、近日中にアップするかも。

近鉄10100系さて、最後に昨日の成果の紹介。
何故か、ヨドバシのポイントが貯まったので、鉄道模型を買った。
写真の、KATO製「近鉄10100系 新ビスタカー 6両セット」
新ビスタカーではあるが、今のビスタEXの先代機で、廃車されている。
2階建て中間車をはさんだ3連接車体×2編成である。

私は、連接車(車両間に台車が一つ)が好きである。
関西では、古くに京阪の「びわこ号」があるが、連接車に乗車する機会はあまり無い。
連接車の走っている、小田急、江ノ電、福井鉄道に憧れる。
2両の場合、車体が「へ」と「く」を繰り返して走行し、ルイヴィトンのマークのようである。
E331系は京葉線で元気にしているのであろうか。
ぜひ、乗車紀行をお聞かせ願いたい。

夢ハ叶ヘリ

今日の記事は、私の物欲について。
(なお、比較的長文ですが、最後まで読んでもあまり面白くないと思います。)

私には、小さい頃から2つの欲しいものがあった。
一つ、「お茶運び人形」
二つとせ、「自動演奏ピアノ」

「お茶運び人形」は、夜中に毛が伸びていて朝起きたときに見てぶったまげるというアレや、夜中に五寸釘を打ち込むアレではない。
人形が手に持っているお盆に湯呑みを乗せると、お客様の所まで歩いて行って停止し、客が湯呑みを取ると、愛想無く回れ右して去っていく。
和風作りで、ダイニングテーブルで使うと、おそらく落っこちる。
この「お茶運び人形」が欲しかった。
私はからくり物が大好きで、奇天烈斎氏の残した「奇天烈大百科」を古書街で捜索したりした。

数年前だったか、科学キットで「お茶運び人形」を売っていた。
今も探せばあるのだろうが、可愛くないので買っていない。

さて、「自動演奏ピアノ」のお話。
宝塚大劇場の1階ロビーに、誰も弾いていないのに鍵盤が動いて自動演奏をしているピアノがある。
かつて私は、「カシオトーン」や、「クラビノーバ」を購入し、自動演奏機能を楽しんでいた。
ソフトを購入することにより、曲は勝手に奏でるのであるが、如何せん鍵盤は動かない。
発光ダイオードが点くだけである。
私は、21世紀の科学の粋を集めて作ったロボットの「トビオ」が身長が伸びることが無いので、天馬博士がサーカスに売り払った気持ちがよく分かった。(鉄腕アトム誕生時の逸話ですw)
(なお、「21世紀の科学を売り払ったトビオが、サーカスを集めて作った天馬博士の身長は伸びることが無いので、気持ちがよくなった」と読まないようにしましょう)

本日、大阪梅田のヨドバシカメラへ行った。
楽器売り場には、鍵盤が実際に動くピアノを売っていた。
約190万円であった。
ゴールドポイントがたくさん付くだろうな~っと、夢見心地になった。(現在ポイント還元増量キャンペーン中)

息子と鉄道模型を見終え、ゲーム売り場へ向かったが、私はその途中で息を飲んだ。
こんなものがあるんだ。
どれくらいの時間、私はそこに立ちつくしていたのだろう。

最終的に、財布の中身と相談し、カートに入れた。
GrandPianistセガトーイ社製、「グランドピアニスト」購入完了。
実物の1/6スケールのグランドピアノで、自動演奏時に鍵盤も動く。

家に帰り、10分で組み立て完了。
いろんなジャンルの曲が、100曲収録されている。
少し音程が外れているように聞こえるのは、サンプリング音自体の弱点であろう。
何か、鍵盤を叩いた後のピアノ線張力が緩んでいるように、聴こえる周波数が不安定である。
3拍子は「ずんたった、ずんたった。」
4拍子は「ど・す・こ・い、ど・す・こ・い。」
MIDI音源で、SDカードにより自作物の演奏も可能であるとのことなので、これが限界かどうかは分からない。

それでも、誰もいなくても小さい鍵盤が動いて、妙なる調べが奏でられる。
私の長年の夢が、現実のものになった。
これは、見る音楽だ。
私の脳内は、21世紀に飛んだ。(なんでやねん)

実際に演奏もできる。
私の指では、隣り合う3音を同時に叩く。
ちょっと大きめの小人に丁度良い。

究極の占い

本日は、鉄がらみの記事。
生年月日の入力により、山手線28駅(東京駅を除く)の中のどれになるかで、自分の性格と恋愛傾向がズバリ当たる「山手線占い
イラストは何故か205系ウグイス。時代を感じる。

結果はこれ↓

日暮里駅
買い物帰りに富士山を望むフランクな景勝駅
晴れた日には「富士見坂」から富士山が見える。東京で台地から富士を望める唯一の街。庶民派の名店、惣菜屋が並ぶ「谷中銀座商店街」、今は数軒となった「駄菓子問屋街」や模型屋の数々も古き良き郷愁の香り。

「水曜日グループ」
細でやさしく、人の心の痛みがわかるあったかハートは恋人にしたい率ナンバーワン!

「他人に負けぬ武器をもつ、自信の一点豪華主義」
日暮里駅恐るべき包容力!
日暮里クンの広すぎる愛
やさしくて、愛があふれそうな日暮里クンにとって、彼女&母&飼い犬の3方向同時愛も日常のこと。しかし、全部、本気愛だから、八方美人とは質が違う。これぞ人徳の成せる業。

-どんな性格?-
感受性が強く、極端に明るいときと悩んだときの落差が激しい人。人に対する態度はソフトで温厚だが、内面には強いプライドを秘めていて、驚くべきマニアックな知識を持っていたり、ここだけは他人に負けないという強みを持っている。真面目で曲がったことが大嫌い。心根がやさしく、困っている人を放っておけない愛情深い性格。

-恋愛の傾向-
徹底的な尽くし型。相手をとことん尊敬し信じることができるピュアなタイプ。相手の心の機微を読み取るのがうまく、包容力があるので異性運はかなり強い。自分から告白するよりも、相手からやや強引に誘われるほうを好む。しかし、不倫や遊びの恋におちると、強い正義感が自分を苦しめることになるので要注意。


何なんだろう?
すごく当たっているような気がする。
でも、私の持っているこれが包容力で無いとすれば、全く当たっていないような・・・

まあ、生年月日で運勢が決まるのであれば、世渡りだけで生きていける。
そうでないから、努力するから、人の世は面白い。

なお、私と生年月日が同じ人物が社内にいた。
お互い変人で、結構ウマが合っていた。
彼は、本厄の年に、北新地で倒れて帰らぬ人となった。

ちょっと、思い出してしまった。
明日は飲みに行こう。

ふぉーると

ブログ仲間が、息をひそめて待つ瞬間がある。
人生の転機などが読み手に伝わり、読み手はその行く末をこっそり見守る。
記事がアップされていないか、コメントがついていないか。
その時、目は金魚になり、耳はダンボになっている。

私の場合、その雰囲気は耐えられず、前衛でちょろちょろとサーブの邪魔をしてしまう。
ようやく気付いて、突然静かになる・・・ってこんな話はどうでも良い。

昨日は、私がサーブを打つ番であった。
渾身の力により発信されたメールは、yahoo無料メールにURLを貼り付けたためか、スパムキラーにかかったようで亜空間に迷い込んだ。

再送しておいた。

セカンドサーブの報告は、タイミングを逸するので・・・

Happy Birthday

妻よ
誕生日おめでとう。

日頃の感謝を込めて、URLを贈ります。

父子鉄について

ブログリニューアル後最初の記事として、我々親子の紹介から^^。


私は、中学時代の友人の影響により、鉄道模型からこの世界に入る。
しばらくブランクがあったが、大学に入学し、当時学内に無かった「鉄道研究会」を創設。会長職のため、幅広い鉄ジャンルを体験。
数ヶ月で興味が他に移る(早っ!)
社会人となり結婚し、東京に住んでいた頃、御徒町に鉄道模型が安い店を発見。「大人買い」に目覚める。
息子が生まれ、「鉄」に育て上げたのは、私である・・・ようだ。

息子(中学2年;H19.8現在)は、
鉄道グッズ収集が好き。
鉄道模型が好き。
時刻表を読むのが好き。
電車の型式の知識が多い。(半端じゃない)
走行音を録音する。インバータのメーカーが分かる。
電車に乗ると、いつも電動車。(指定が付随車の場合は、録音時だけ遠征)
好みの電車が来るまで、駅で待っている。
写真を撮るために走って行ってしまう。
そして、電車に乗っているときが至高のひとときである。

自分の「こだわり」を、「生きるうえでの豊かさ」にし、それを一緒に(むしろ自分の方が)楽しむ父親がいる。
息子は、今は幸せなのだろうなぁ。
勉強も文句を言いつつ、すごく頑張っている・・・のか?

新装開店のあいさつ

本日、ブログを変更しました。
これからは、発達障害と鉄道をキーワードとし、人の輪を広げて行きたいと思っています。
まだ第一歩を踏み出したばかりですが、皆様と情報交換しながら楽しいブログを目指したいと考えていますので、よろしくお願いいたします。
                                        平成19年8月吉日 DILI

応募要領

ブログの名前公募につきましては、受付を終了しました。

多数のご意見ありがとうございました。
暖い後押しにより、歩いて行くことができます。
皆様のご多幸をお祈りするとともに、今後ともよろしくお願いいたします。

続きを読む

滝汗

私は、首と腰に爆弾を持っている。
今は、6月下旬頃から、ずっと腰痛が続いている。
当初は、特に朝起きた時が一番の痛みがあり、一日中痛み止めは手放せなかった。

続きを読む

台風の過ぎて久しき夏の陽に蝉の喧騒105dB


私の夏の9連休は本日で終了する。
前半の黒部旅行で、ゆったりとしてかつ密度の濃い時間を過ごした。
全行程の大半を車中で揺さぶられることに充てた。
おかげで、私の現在と将来について、いろいろと考えることができた。

長野、富山、福井、いずれも思い出深い土地である。というよりも、富山と福井で20年以上を過ごした。
息子には思い出話や豆知識を披露し、頭の一方で、別のことを考えていた。

旅行から帰り、休みの残りの間も自分の時間を過ごした。
今、心は安定している。
明日からの仕事に向け、意識は高まっている。
一週間分の溜まった仕事を楽しまなければ。

夜、給油しなければいけない。
ガソリンは45リットル程度入るだろう。
900km、元気に走ることができる。

旅行(その4)

今回で旅行記は最終である。
これまで、鉄道好きの息子と2人、男の旅をして来ている。
知床、敦賀・小浜方面、愛・地球博、大井川、黒部、高山、東京、長崎、等。

今回の長野・富山・福井の旅は、息子に行程を立てさせた。
私は、見学会の申し込み、ホテル・切符の手配と、ポイントとなる時間・場所を示しただけであった。
事前にあまり真剣に確認していなかったので、当日になって急遽の変更もあったが、合理性を説明のうえ納得させた。
息子の役目として、私を行程表に従い各所に連れて行くように伝え、今回の旅が始まった。

3日目の朝、彼は一つしかない行程表を紛失した。
私は詳細なスケジュールを知らないので、どうすれば良いか彼に考えるように伝えた。

彼は、しばらくして自分のPHSを使い始めた。
私は、彼が母親に、自宅にある控えの内容を聞くメールを送っているものと思った。
ところがそうではなかった。
彼は電車の時間を覚えていて、それをPHSのメモに打ち込んでいたのであった。
メモを打ち終えた彼が、私は愛おしかった。
さすが、アインシュタインと誕生日が同じだけのことはある。

私の方向性のひとつが、少し見えてきた気がした。

中島みゆき「地上の星」《YouTube

旅行(その3)

旅行の本来の目的である乗り鉄について、状況を報告したい。
383系
JR東海383系「しなの」(名古屋駅)
700系「のぞみ」から名古屋で乗り換え。
長野方面へ向かう振り子電車である。大阪発のもあるが、時間短縮のため新幹線を利用。

3500系長野電鉄3500系(須坂駅)
篠ノ井から屋代経由で、長野電鉄に乗車。非冷房車である。
けっこう暑い。さすが夏休みである。
旧営団3000系の流用車。


1000系長野電鉄1000系「ゆけむり」(須坂駅)
ご存知、小田急10000系ロマンスカー。
4両化し、こだわりの塗色変更。
自由席特急料金100円也。
連接台車のリズムが心地良い。

300系関電トロリーバス300系(黒部ダム駅)6.1km
トロリーバスは、法令上では無軌条電車(むきじょうでんしゃ)と呼ばれる鉄道である。かつては"無軌道電車"と呼ばれていたが、絶叫マシンのようで楽しい響きである。なお、40年余の間、無事故。
VVVFインバータ制御、5~6両で車列を組む。

専用バス専用バス(樽沢横坑)10.3km
黒部ダムから黒部トンネル内を専用バスで移動し、黒四発電所(地下)に向う。行程内は、常時ヘルメット着用。気温4℃。
途中にある横坑で下車し、展望台があるが、雲の中で何も見えず。
ていうか、熊進入防止の柵から、人間は外へ出れず。

インクラインインクライン815m
建設資材運搬用の斜行エレベータ。見学会用に客室を設置。
最大運搬能力25t。
時速約2.4kmで、34度の斜面を下る。
途中すれ違い地点で写真を撮ったが、地底怪人の乗り物が...

バッテリートロッコバッテリートロッコ(黒四発電所駅)6.5km
発電所見学を終え、バッテリートロッコに乗る。
みゆきポイント、仙人谷ダム、高熱隧道を経て、欅平上部に至る。
客車はアルナ車両製。窓は、車内外連動の手動ワイパーが設置されている。硫黄の匂い、火山の内部。

エレベータ竪坑エレベータ(欅平)200m
上部軌道と工事用軌道を結ぶ、高度差200mの人荷用エレベータ。
積載重量4500kg。貨車ごと入る。
上部に展望台がある。上の方は雲の中。
エレベータを降りた後、工事用トロッコ列車で黒鉄欅平駅へ向う。
見学会解散。
黒鉄
黒部峡谷鉄道(欅平駅)20.1km
欅平駅から宇奈月駅まで、1時間15分の旅。
さすが夏休みで、13両編成がほぼ満席。
お疲れのお客さんが多い。ご苦労様でした。

地鉄14760富山地方鉄道14760型(宇奈月駅)
富山地方鉄道では、元京阪3000型や元西武5000型等が、かつての内装にあまり手を加えることなく走っている。
本日乗車したのは自社調達の14760型。
各車両は、特急~普通の全ての運用に入っているが、特急のみ特急料金が必要である。
地鉄7000
富山地方鉄道7000型(富山駅)
翌朝の市内電車の写真。
宿泊先では、海の幸を堪能した。
鰤の刺身は、富山で食すに限る。

ポートラム富山ライトレール TLR0600型(富山駅)
新潟トランシス製造の連接車。愛称「ポートラム」。
JR富山港線を一部路面電車化し、7色の低床式電車が走る。
晩年のJR富山港線は、直流電化区間にもかかわらず、高山本線と同じディーゼル車が走行していた。

475JR西455/475系(富山駅)
芦原温泉駅までの各駅停車の旅。
新鋭の521系は、福井駅以西である。
途中、金沢駅で乗り継ぎ、ホームで「白山そば」を食べる。
駅そばの発祥は、阪急電鉄であった。

6101えちぜん鉄道6101型(あわら湯のまち駅)
JR芦原温泉駅から京福バス290円で、あわら温泉へ行く。
目当ての共同入浴施設は、定休日。
天気が良かったので、気分を害すことは無かった。
踏切の鐘の音が懐かしい(看板では"ジャンジャン"と擬音化)。

880福井鉄道880型(田原町駅)
名古屋鉄道から譲渡された連接車。乗車したのはコカコーラのラッピング車。
福井駅前を経て、武生新へ向う。
のどかな田園風景の中の直線を走るが、面白いように揺れる。

681JR西681系「サンダーバード」(武生駅)
3日間の旅も終わりが近づいてきた。
車中で覚醒した頃には日没を過ぎているであろう。
思い出に浸りながら、ひとときの休息に入った。
同じ電波を持つ2人で。

旅行(その2)

善光寺今回の旅行のうち、乗り物については別の記事でアップするとして、本日は観光等の紹介をする。

初日に行った善光寺。
山門は全工事だった。
弱い雨が降ってきた。

大町温泉宿泊した大町温泉。
夜は空一面雲に覆われていたが、露天風呂のそこだけの雲の切れ間から、満月が見えた。
世界中の人々がいろんな想いで見ていることだろう。
永田町の人々は...?

破砕帯扇沢(長野県)から黒部ダム(富山県)へ向かう、走るトロリーバスの後窓から。
青い光のところは、世紀の難工事となった破砕帯。
電気バスで瞬間で通過。


発電所黒部ダムからトンネルを10km余りバスで移動し、黒四発電所に到着。
トンネル内は寒い所で摂氏4℃。
私は今回も、半袖で頑張ってしまった。


みゆき部屋2002年の大晦日に中島みゆきさんが仮眠した、通称「みゆき部屋」。
紅白歌合戦で「地上の星」を歌ったのは、発電所から少し下流側のトロッコトンネル内。23時頃の出演であったが、もう帰れないので、スタッフ等約100人が仮眠。みゆき嬢は写真中央の長ソファーで人払い。今も残り香がするらしい(嘘)。

仙人谷バッテリートロッコに乗り、途中の鉄橋で下車し、仙人谷ダム(黒三発電所の取水)を見学。
写真の上部は雲で真っ白。
この後、バッテリートロッコは高熱隧道を抜け、欅平方面へ向かう。


ブルートレイン富山市内の、鉄道模型が走る喫茶店「ブルートレイン」へ行った。
681系スノーラビット、E2系白山、トワイライトエクスプレス、E1系Max、カートレイン、D51貨物列車のHOゲージ模型が走っていた。
19時閉店。


岩瀬浜若者のメッカ、富山市の岩瀬浜海水浴場である。雲が無ければ、背後に立山連峰の大パノラマが広がる。
しかし、7月31日という最盛期にもかかわらず、人が極めて少ない。駐車場(無料)も1割程度であった。浜茶屋は閑古鳥。
地元の人は泳がない海域は、もう少し向こうのはずだが...

あわら芦原温泉の「セントピアあわら」に行った。
500円であわらの湯が楽しめる・・・筈だったのに、夏休みなのに、なんで火曜日定休日やねん!
想定外であった。
帰りの「あわら湯のまち」駅で、明治の「黒ごまオ・レ」が置いてあった。温泉が休みだったことは、どうでも良くなった。

旅行(その1)

息子と「男の旅」に行って来た。
とても楽しかった。

私は、黒部ダムへは5回目、黒四発電所へは4回目である。
私の父が電力会社OBであり、黒部には私の原点があるような感慨を持っている。
息子はダム/発電所は、3年前に続き2回目の訪問である。前回も今回同様、専用軌道見学会への参加であった。

当日、30日は曇天であり、私は視界の悪いダムサイトは初めてであった。
大町側からトロリーバスで黒部ダムに到着。
夜半に降っていた雨は上がっていたので、集合時間までの20分を利用して展望台への220段の階段を昇った。
視界の悪い中、観光放流の音と水煙が我々を迎えてくれた。

IMG_2794.jpg

今回の見学会で、出会いがあった。
今から20年以上前、私が入社間もない頃配属になった事業所に、Kさんという先輩社員が居た。
彼とは所属が違ったが、その仕事ぶりは誰もが尊敬するべきものであった。
その後、彼とは勤務地が別々になったが、Kさんは自分のしたいことをするとして、実家のある富山へ帰ったという風の便りを聞いていた。

集合場所に行くと、懐かしい顔があった。
60を過ぎた、20年前と変わらない、生き生きとしたKさんが我々の見学会の引率者として点呼を取っていた。
彼は、好きな写真と山登りを活かすため、この道を選んだという。
今回の見学会で、私は彼から、元気と生き様を分けてもらえた。
息子が鉄道好きという話をしたら、とても気を遣ってもらえた。
団塊の世代は、私のような若輩者が決して侮るものではない。

黒四発電所は、黒部ダムから10.4kmの導水路を経たところの、全地下式、総出力335MWの水力発電所である。
今回参加した見学会は、欅平-黒部ダム間の専用軌道を公募により一般に公開し、電源開発の軌跡と電気事業への理解を深めることが目的とされている。

IMG_2814.jpg

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。