スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三振を何度するとて次も見送る 勝ち負けではない 白球と対峙 
梅雨明けき 砲に気付かず鳴く蝉の 十日の時雨ののちに達観
何時かまで自然に帰しき逸れ子の 何時かになれば決心の書物

続きを読む

スポンサーサイト

Slump

刺す竹の君を擽る霧雨の緑繁れど夏遠からし

続きを読む

なんでやねん


先月末、私の相方が異動により転出した。
彼は生粋の大阪育ちで、私がボケるとテンポ良く突っ込んでくれる。
こうして、明るい職場を築き上げてきた。

残された友達で、彼の右に出る者はいない。
これまでは、マイクの前で私が右に立っていたのであるが。

「なんでやねん」の一言で良い。

今の私の周囲は空気が凍り、冷房要らずである。
今夏の関東地方の電力不足を、一家に一人、DILIが救いたい。

突っ込みの無い私は、ただのボケになってしまう。


その点、ブログは良い。
雄大な時間軸の中でおボケをかまそうものなら、次の日にも良質の突っ込みが返ってくる。

充分に、言葉を選ぶことのできる世界である。


しかしながら、私はある面せっかちである。
会議は10分まで。

今、社内で「なんでやねん」担当を物色中である。

短歌押鈴...

デフォルトの午前3時のUpdate お目にかかれて光栄ですわん
家族団欒 昼間の汗の爽快と 寒天くずもちカップの幸福
会社内の隔離されたる心霊スポット 極限の意識 英語の仕事
今日を生きて 今日とは違う明日を生きる 繰り返しでないことの嬉しさ
四月からこの調子だよ伊藤くん 誰も私を止められませぬ

短歌の真似事...

宵山の朝 低く垂れ込めた雲厚く 無言のツグミ夏虫の叫び
弱冷車 普段は見えない 天使の眼 心地よい揺れで すぐ降りて来た
須磨ノ浦 眼下に望むタンク山 日本一の福祉を誇れ

はぁ

暇である。

かなり以前、双子の区別がついた。
ザ・ピーナッツ('41.4.1生)において、ほくろのあるのが姉のエミである。
リンリンランラン('59.1.3生)の時代になると、区別がつかなくなった。
リリーズ('60.12.7生)に至っては、声までが重なり、まるっきり分身の術である。
茉奈・佳奈ちゃん('86.2.23生)は、若い頃は明らかに別人であったが、今ではわからない。
辻ちゃん加護ちゃんは、よく見ると判った。(双子じゃないゾ)

双子の政治家は知らない。(荻原兄くらいか?)
選挙区の問題があるのだろう。
それとも、国会が おすぎとピーコ('45.1.18生)状態に陥るのであろうか。

ということで(かなり強引)、回覧物の相性診断「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」に手を染めた。
私のマニフェストの主要政党との一致度が、たちどころにわかる。
結果はこれ...

政党

私は、日本を少しも憂いていないようだ。
予想以上に予想通りの結果である。

野党は現政府を、重要法案を議論することなく成立させているとして批判している。
しかしながら、小渕政権の頃は、今の比ではなかった。
故小渕氏は、首相在任当時、小中学生に絶大な人気があった。
その人格と与党圧倒多数とにより、何をしても糾弾されることは無かった。

○泉氏は、主婦層に人気があったが、その変人性により友達が少なかったようである。
日本も潰れなかった。

安○氏は、ただでさえ少ない友達が去る相が出ていて、危機管理意識にも欠ける。
不適切発言や、光熱費問題を収束できない。
新任の某衛相は、過去に学歴問題はパスできたようだが、秘書給与問題が再燃したら、真っ先に危険な立場となるのか。

情けないことに後継者は居ない。
私の政党マッチは、自民党とその動物王国の仲間たちで占められた。


なお、「日本共産党」を「共産党」と略するのは如何なものかといつも思う。

電波おやぢ

ブログの世界は愉快である。
多種多様な回覧物が、世界60億ブロガーの間を往き来している。

先週、南氷洋捕鯨を終え5日振りに家に帰った時、娘が"脳内メーカー" をしていた。
本名では悩み事が多いようだ。
"ウソコ大学" の入学願書を渡しておいた。


我が家は、山を切り開いた住宅地のややはずれに位置し、携帯電話の電波マップの境界線に近い。
docomoだと繋がらない場合が多く、私はau機を愛用している。
息子の持っているwillcomのPHSは京阪神およびT市では高性能であるが、単身寮では圏外となる。

auにしても、近くの基地局が1つ(たぶん)であり、本体が常に2つ目3つ目の基地局を捜しに行っている(と思う)ので、電池の減りも激しい。


さて、ブログ占いの"電波度チェック" が回覧された時、チャレンジャーを自負する私は挑んでみた。
「電波無双」であった。

占いの結果が判明した時、ブログの世界に公開し、自分のことを棚に上げて相手の意外な一面の発見を笑う。
これが、正規の楽しみ方である。

パラメータを計画的に選択し、どのような結果が存在するのかの力仕事、いわゆるローラー作戦をすることは邪道であり、開発者の人格や著作物の権利の保護の観点から、禁ずべきことだと考える。
しかしながら、挑戦者の私は、王者を打倒すべくリングに上がる欲求を抑えることができなかった。

ということで、一回だけ、より怪電波の結果となるであろう選択肢(ていうか、すべてYES)を選んで、実行してみた。


結果は、「真・三国電波」であった。

こんなものがあるんだ。

「伝説的電波です。
 最早右に出る者はいないでしょう。
 もっと電波力を向上させれば、
 レーザーかレールガンくらいは
 撃てるようになるでしょう。
 もしくはもう撃てるかもしれません。
 今すぐ窓から手を翳して放ってみましょう。」

双璧ではまだまだである。

サスペンス劇場

ホビスタに行ってきた。
尼崎市駅前潮江地区は、ダウンタウンの松ちゃんの故郷である。
オ○シスの上、トイ○らスの跡に、店の形状そのままに中身がホビスタに変わっていた。
尼崎と伊丹とに、隣接してトイ○らスは要らないらしい。

鉄道ジオラマは立派なものであった。
しかしながら、神戸、大阪、京都は竣工しているものの、裏側に回って、山陽、山陰、北陸等は工事中である。
鉄骨造の餘部鉄橋もできるようだ。
これらは、トンネルを掘るべき山が、まだベニヤ板の骨組みのみであった。
山の構造が良くわかった。


さて、帰宅して一息ついていたら、ヤ○ト運輸が来た。
冷凍ものを送ってきたが、差出人が私、受取人が妻。
品名の表記はなく、「冷凍便」、「ケーキ在中」のシールが貼ってある。
妻は宝塚歌劇に出かけて不在。私は身に覚えがない。

妻に電話をしたら、auお留守番サービスが出た。
ヤ○ト運輸の問い合わせシステムに伝票番号を入れたら、西宮市の物流センター発で、その近辺にも心当たりはない。

着払いではなかったが、私はこれは爆弾に違いないと思い、箱のまま冷蔵庫に入れることとした。
丁度、箱が入るだけのスペースがあった。
振動を与えないように、慎重に作業した。
まるで爆発物処理班である。

〔CM〕

一時間半後、妻が帰ってきた。

娘の友達がコンビニでバイトしていて、彼女からお中元を利用して欲しいと頼まれていたので、自宅宛にお中元した。
これが真相である。

「芦屋とろっとち~ず」は解凍されていた。

関西進出

7月6日、JR尼崎駅前の”アミング潮江” に”ホビスタ” が開店した。
http://www.hobbista.jp/aboutus.html

明日、息子と行って来ようと考えている。

東京・銀座8丁目の「バー 銀座パノラマ」の第2号店、「銀座パノラマ尼崎店」が入った。
11:00から23:30までのレストラン&バーであり、2×5mの鉄道模型レイアウトを、75席が囲む。
お約束の新幹線ランチもある(残念ながら、お子さま向け)。
オリエンタルなデザートもあるそうだ。


ホビスタのメインはそこではない。

圧巻は、西日本最大、140平方米、16路線の鉄道ジオラマが中央にある。
運転台は、実物を改造したもので、模型の運転も可能だ。

その他、ジオラマ専門店、模型、書籍、グッズ、特撮ヒーローのフィギア専門店もある。


模型の走る喫茶店としては、富山市内の「ブルートレイン」に何度か行った。
学生時代、ウォータードリップのコーヒーというものを、ここで初めて飲んだ。

味が忘れられず、社会人になって水出しコーヒーのセットを購入した。
飲むたびに、鉄道模型の走る情景が思い浮かぶ。

鉄道模型には、コーヒーが本当に良く似合う。

くそーってお下品な・・・


昨夜は一曲目にクリスタルキングの「大都会」を選んだ。
今日は声が出ない。

なのに、上司と罵り合った。
人の話を全く聞かず、自分の変な思いつきを正当として、自分で理由の説明も出来ないものを押しつける。
激論15分、私は入社以来初めて激怒して席を立ち、PCを消して帰宅した。

くそー


穴を掘った。

「王様の耳はロバの耳ー」
「王様の耳はロバの耳ー」
「王様の耳は馬の耳ー」

未だだ。

穴を掘った。

「王様は服を着ていない裸だよー」
「王様は服を着ていない裸だよー」
「王様は徳を着ていないお馬鹿だよー」

お、一寸すっきり。

また、穴を掘った。

”聞かザル” の化石を発掘した。

私は、それを埋め戻した。


よし、世界に公開。[保存]ポチッ

ブログは使用上の注意を良く読み、正しく使いましょう

うちのわん太 大公開!

わん太、3才。名前は非公開。目線付き。

わんこ

おでぶだが、体重3kgに満たない。
大きいネコよりも小さいが、小さいネコよりは大きい。
ちなみに、私はネコ好きで、近くにネコがいるとくしゃみが出るのですぐ分かる。


さて、私の脳内には、こいつの弟分が走り回っている。(最近では小人が出没?)
兄弟して正義の味方気取りであるが、弱い。

私の方が強いので、世界はうまく回っている。


少年の目

本日、私は時空を越えた。

デジカメを持つ息子と、新幹線ホームに居た。
対向ホームに、本日より営業運転を開始した、博多行きのN700系新幹線が入線してきた。
迎えるホームは、写真小僧であふれていた。

アルミニウム合金製車体に身を包まれ、世界最先端技術のハイテク車両である。
携帯を持つ手が震えた。

N700


この後、息子の持つデジカメを奪い取ったのは言うまでもない。

発車して姿が見えなくなった後、約30分後の次の東京行きホームに人の波は移動した。

東京行きホームは最も端で、人の波が2倍になることが想定されたため、新大阪駅を後にした。


次に向かったのは、大阪 北新地の「恋道路(RETORO)」である。
平日は、18時から翌3時までの鉄道バーであるが、期間限定で日曜日の午後、子供にも開放している。
店は、周回線路のレイアウトが配置され、カウンター10席、4人ボックス席2つで、こぢんまりとしている。

ソフトドリンクを頼み、鉄道模型が走るのをずっと眺めていた。
店は暗く、ムード音楽が流れている。
携帯ではうまく写真が撮れなかったので、↓

http://www.kitashinchi-retoro.com/top/index.html

至福の時間を過ごすことができた。
息子は、「僕が二十歳になるまで、この店がつぶれなければいいな」と言っていた。

いつまでも、十三歳の目を持っていて欲しい。
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。