スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コースター事故について(最終)

絶叫マシンというものは、乗客の乗りごこちは悪い方が良いという発想のようである。あえて乗客の身体に加速度をかけ、スリルを味わわせることを目的としている。
どうも、風神雷神2には、自動車のサスペンションに当たるものが見当たらない。本日の産経新聞朝刊に、初代「風神雷神」の車軸部分の写真があったが、車軸自体のたわみで機械的な振動を吸収するためのテーパ形状なのではないだろうか。これでは、軸の並行部のはめあいを適正に管理しないと、破損したボルト部はたまったものではない。この設計を実現させるには、軌道の剛性と平滑度が不可欠である。実際には、2両目が左に傾き、枕木に相当する梁をなぎ倒してしばらく走行を続け、大惨事となった。

不安全に配慮して安全に設計する。この世界に先人の努力は見えない。
私がかつて学んだ機械工学と、かなり違う分野のような気がする。
無性に悲しく、辛くもあるので、今後、コースター事故にコメントするのは控えることとしたい。
スポンサーサイト
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。