スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月12日

歌人の河野裕子さんが亡くなられました。

たとへば君 ガサッと落葉すくふように私をさらつて行つてはくれぬか 河野裕子「森のように獣のように」(1972)
きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり 永田和宏「メビウスの地平」(1975)

河野裕子さんは2000年に乳がんの手術を受けましたが、2008年夏に転移が見つかりました。
2008年11月に第13歌集『母系』を出版し、読売新聞にインタビュー記事が掲載されました。

病むまへの身体が欲しい 雨あがりの土の匂ひしてゐた女のからだ

「60兆の細胞の一つが気まぐれを起こしたんかな……アハハ。きれいごとは言いたくありません。でも、今が一番幸せ。若いころの夫は目がきれいで、影がありました。私の病気で、永田さんは優しくならはった」

ほんとうのさびしさはこれから本気でやってくる二人の卓を夕日が占めて 永田和宏「日和」(2009)
影踏みて歩みゆくうちずずずずずとわが身の中心がずれてゆくなり 河野裕子「葦舟」(2009)

夫の永田和宏さんは、歌人で細胞生物学者です。6月に日経新聞のプロムナード欄へ寄せたエッセイでは、

一日が過ぎれば一日減つてゆく君との時間もうすぐ夏至だ

「転移・再発がどういう状況を意味するのかは、癌に関わる研究をしていた私には、誰に言われなくともよくわかる。にわかに妻との時間が抜き差しならない切実なものとして、心を占め始めた。一日一日をできるだけ一緒に楽しく過ごしたいと願う。しかし、楽しければ楽しいだけ、そのことによって減っていく時間はいっそう切実に惜しまれるのである。」
「配偶者や家族が自分にとってなにより大切な切実な存在であるのは、これまでに、ほかの誰のものでもない自分たちだけの時間を共有してきたことによるのだろう。共有してきた時間は、二人で話題にしてこそ意味がある。確かに思い出すことのできる時間の記憶を、もはや誰とも共有することのできなくなる寂しさは、想像がつかない。」

河野裕子さんは夫の永田和宏さん、長男の淳さん、長女の紅さんとともに、産経新聞で歌人一家リレーエッセー「お茶にしようか」を連載していました。

相槌を打つ声のなきこの家に気難しくも老いてゆくのか 永田和宏(7月31日付 産経夕刊)
聴診を受くるは何年ぶりのこと胸と背中をゆつくり滑る 河野裕子(8月7日付 産経夕刊)

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

1月3日の海

雪の晴れ間

闇夜から魔王がきてもこのぼくが3分間で守ってあげる

6月18日の短歌

降雪

かなしみにうなだれ頸のはじけてはならじと初夏にひらりを仰ぐ

6月14日の短歌

海椎

白砂のテトラの隙を溢れてはそこまで私に似なくていいのに

続・朝の詩

12月21日付産経新聞に、朝の詩11月「月間賞」の発表がありました。


  墓石

 底ぬけに澄む
 秋空の其の下で
 野球帽被ったままの
 少年が ただ黙黙と
 丹念に 墓石を洗う
 父の背中を
 流すように



選者の詩人、新川和江さんは「涙ぐまずには通り過ぎることができない美しい光景です。結びの2行の表現が感動をさらに深めています。」と話しています。

今週は私の感性が錆びているのか何なのか、「墓石」の詩で涙を流すことができませんでした。通常時は極めて涙もろいのですけどw
私の中で、「秋空」と、「野球帽」と、「父の背中を洗う手」をひとつの光景に並べることができなかったのだと思います。
無心に作業しているのか、早く終わらせて野球の練習に行きたいのか、父親に感謝しているのか、少年の気持ちをうまく読むことができませんでした。
素直に、「感心な少年」であると感動すれば良いのでしょうか。
そこまで日本は落ちぶれてないと思っているのです。
どこにでもいるような、普通に親孝行な少年だと思います。

詩全体を見て心にひとつの情景を思い浮かべて心が温かくなれば作者の狙い通りなのでしょうが、私の妄想は広がりませんでした。
それは、以前紹介した11月1日付の「いちたすいちは」、これを推挙していたからだと思います。
あれは、作者の心が伝わって来る、良い作品でした。

小春日和

はるの日をせにうけ馬のかけぬけてつかのまの冬、きみをおも不二(ふに)

10km折返し

大相撲の話。
「安馬」は大関昇進にあわせて、しこ名を「日馬富士」(はるまふじ)に改めることになりました。
「日輪」の"日"、「安馬」の"馬"、師匠の現役時代のしこ名の「旭富士」から"富士"を頂いたとのことです。
姓は「日馬」、名は「富士」かと思ったら、四文字しこ名でした。

日本海側ではこの季節、どんよりとした薄墨色の空に荒れた海が定番なのですが、本日は秋晴れの穏やかな一日でした。
たまには、いいですよねw

Wanta

文句たれをりつつつよくリード引くわん太の好きな冬がまた来る

3年前の大雪

うちのわん太、5才。
めったにつもることのない雪のうえのさんぽにつれて行くと、ろめんの冷たさにぶひぶひと文句をたれながら げんきよくかいぬしを 引きずってくれます。
雪山きゅうじょ犬の血がすこしまざっているのか、さむいとやせいがさわぐようです。


近ごろ、赴任先から家に帰るのが楽しい、
家から赴任先へ行くのが楽しい、
寮から会社へ行くのが楽しい、
会社から寮に帰るのが楽しい。
そういえば2週間以上、一滴も酒類を口にしていません。
でも、明後日から忘年会シーズンが幕を開けるのですww

朝の詩

産経新聞朝刊 平成20年11月1日
『朝の詩(うた)』

 いちたすいちは

   大阪府××市
   松原 ○○ (15)


 いいか? 坊主
 世界ってのは
 足し算で出来てんだ

 喜びも 悲しみも
 人も 命も
 罪も 罰でさえも
 積み重なって
 出来てるんだよ

 だから
 死ぬなんて言うな
 オッチャンからの
 お願いだ


続きを読む

隔靴掻痒

朝食のスティックパンで耳そうじ しそうになっていた、気がついた
髪結いが「痒いところはどこ?」だってw うつ伏せになった背中が笑う
自分のは見えない、他人の見たくない、あのねムーミン、こっち向いてよ

♪


おなかいっぱい

夏草に 草を隠して 秋雲に 月を隠され 食欲の秋
電波って、届くものだな、この宇宙。確かめなくても、異星人でも。
ナンデマタコンナノダロウジブンダケシアワセニナッテモウシワケナイ

今日の短歌

幾度の恥をかき捨て年忘れ 忘れることは烏賊ほどもなく


越前ガニの季節、忘年会が目白押しのDILIです。
クロンシュタットさんのお国、仙台方面は"牛タン"+"一の蔵"の季節なのでしょうか。

さて、"タン"といえば、「びんちょうタン」などの、萌え擬人化キャラというのがあります。動植物や無生物・概念などを、萌えと結びつけて作り上げられた人間のキャラクターのことです。
フリー百科事典ウィキペディアで、驚くべき萌えキャラがいました。
その名も、「ウィキペたん
しかも、「コモンズたん」と「クォートたん」を加えて、3人で「ウィキシスターズ」というユニットを結成しているようです。

さらに調べていると、「痛車」というジャンルがありました。
映画等の撮影に用いられる車を「劇車」と呼ぶようですが、「痛車」とは、漫画・アニメやゲームなどに関連するキャラクターやメーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付けたり、塗装を行った車、あるいはそのような改造のことのようです。
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.1)
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.2)
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.3)
ASCII.jp 痛車、2007夏(Vol.4)
昔は、電飾やイラストを施したデコトラが憧れの対象だったのですが、時代は進んだものです。
そおいえば、私の車も黒色なので、白のカッティングステッカー貼ってみようかな~ と思っただけでも非難轟々なので、暇な時に合成写真で楽しむだけに留めておこう。

鉄道の世界では多くのラッピング車があります。
ただし、自分で車両を購入することは、ごく一部の富裕層に限られますので、ネットの世界では画像加工された「ウソ電」たるものが存在します。
ウソ電

実は、我が息子は「ウソ電」から鉄の世界に足を踏み入れたのでした。

台風の過ぎて久しき夏の陽に蝉の喧騒105dB


私の夏の9連休は本日で終了する。
前半の黒部旅行で、ゆったりとしてかつ密度の濃い時間を過ごした。
全行程の大半を車中で揺さぶられることに充てた。
おかげで、私の現在と将来について、いろいろと考えることができた。

長野、富山、福井、いずれも思い出深い土地である。というよりも、富山と福井で20年以上を過ごした。
息子には思い出話や豆知識を披露し、頭の一方で、別のことを考えていた。

旅行から帰り、休みの残りの間も自分の時間を過ごした。
今、心は安定している。
明日からの仕事に向け、意識は高まっている。
一週間分の溜まった仕事を楽しまなければ。

夜、給油しなければいけない。
ガソリンは45リットル程度入るだろう。
900km、元気に走ることができる。

三振を何度するとて次も見送る 勝ち負けではない 白球と対峙 
梅雨明けき 砲に気付かず鳴く蝉の 十日の時雨ののちに達観
何時かまで自然に帰しき逸れ子の 何時かになれば決心の書物

続きを読む

Slump

刺す竹の君を擽る霧雨の緑繁れど夏遠からし

続きを読む

短歌押鈴...

デフォルトの午前3時のUpdate お目にかかれて光栄ですわん
家族団欒 昼間の汗の爽快と 寒天くずもちカップの幸福
会社内の隔離されたる心霊スポット 極限の意識 英語の仕事
今日を生きて 今日とは違う明日を生きる 繰り返しでないことの嬉しさ
四月からこの調子だよ伊藤くん 誰も私を止められませぬ

短歌の真似事...

宵山の朝 低く垂れ込めた雲厚く 無言のツグミ夏虫の叫び
弱冷車 普段は見えない 天使の眼 心地よい揺れで すぐ降りて来た
須磨ノ浦 眼下に望むタンク山 日本一の福祉を誇れ

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。