スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠2009鑑賞(100:好)

「100:好」のお題は私(陸王)が応募したものです。
題詠2009鑑賞記事の最後として、181首の「好」のなかから私の好きな七首を選んでみました。


100:好(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
ゆるやかなこころの傾斜たどりゆき たどりついたら「好き」と言いたい

>ひとつめのおねがい「チョコボールを食べたい」
 箱を開ければ勢いあまって中のチョコボールが飛び出してきみの方へ転がっていった。
 わずか126円(税込)でw

100:好(振戸りく) (夢のまた夢)
君がいう好きを聞き取りやすいよう髪をまとめて逢いに行きます

>ふたつめのおねがい「耳飾りがほしいナ」
 かわいいのを選ぶつもりが、買ってきたのはちょっと大き過ぎたw
 でも、福耳が養成されるし、わたしの声も良く聞こえるようになるし。

100:好(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
お好みの強さを聞かれやさしくと言えば一気に締められた首

>みっつめのおねがい「わたしってこういう女だから」
 知ってた。ずっと前から。

100:好(ゆき) (ひたぶる君を)
永遠に好きな男と思ひけり雪兎(ゆきさうさぎ)の南天の赤

>よっつめのおねがい「わたしのことをずっと見ていてほしい」
 わが身が水に帰すとも私の眼はきみを見つづけることだと思う。

100:好(梅田啓子) (今日のうた)
一刻なひと好きになるわが性(さが)よ音叉がきふに共鳴するらし

>いつつめのおねがい「あなたとは前世で一緒だったような気がする」
 性格、行動、考え方、価値観、境遇、体質、波長、これほどまで似なくてもいいのに。

100:好(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
終わりなき失踪 多分好きだったものを求めて続く疾走

>むっつめのおねがい「今日一日だけ、お酒を飲みに連れていってほしい」
 久しぶりに見たきみの笑顔。「001:笑」以来かな。

100:好(香-キョウ-) (Sky on Blue)
一緒には歩けなかった でも 私 貴方を好きになって良かった

>ななつめのおねがい「ありがとう、あなた」
 きみに逢うことができてほんとに良かった。


~あのぉ、本日の記事もフィクションですw~
スポンサーサイト

題詠blog2009選

題詠blog2009の会期は明日をもって終了します。
ちょっとフライングですが、これまでに私が観賞した歌を中心に一首ずつ好きな歌を選んでみました。
主観だけで選びましたので、ここで紹介できなかった私の尊敬する歌人もたくさんいらっしゃいます。
何分にも規模の大きな歌会ですので、失礼をお許しください。



001:笑(みずき) (空)
嘆かじと笑み生るるまで冬近き鏡の中にわたしを探す

002:一日(さや) (ふかふかの日々をふかふかと共に)
教団の入りたいのね?八月の一日は仕事休めますわね?

003:助(日向奈央) (てのひらのきみ)
ばかだから助けられたい助けたい あなたの生きる意味になりたい

004:ひだまり(emi) (時計をはずして)
ひだまりで笑う少女のスカートが揺れて春の日さよならと言う

005:調(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
浮気とか勝手にドラクエ進めたりとかしてないか今から調べる

006:水玉(O.F.) (O.F.)
水玉の透明ビニール風呂敷で白猫包めば沈丁花咲く

007:ランチ(音波) (短歌のなぎさ)
サマランチ会長ほどの永遠を誓って君を吾が物にする

008:飾(藤野唯) (Sugarmint)
わたしだけの熱でここまで永らえてくれた恋に白椿を飾る

009:ふわふわ (井手蜂子) (Hello,Mr.Darkness.)
2メートル先のworldendにはふわふわwaraw異世界のひと

010:街(岡本雅哉) (なまじっか…)
市街地で育ったんだねやわらかくひとのあいだをすり抜けるきみ

011:嫉妬(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
「嫉妬する?」「ううん、しないよ」その言葉パズルゲームみたいなものだ

012:達(蓮野 唯) (万象の奇夜)
しっと(嫉妬)りと口溶け甘い罠を張る乙女達は恋の狩人

013:カタカナ (minto) (@100@)
ふりがなを付けたるときはカタカナに その恋叶ふと占はれたり

014:煮(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
どれくらい煮込んだだろう裏道の白が眩しい小さな部屋で

015:型(駒沢直) (題詠blog参加用。)
型落ちの冷蔵庫から聞かされた彼女が死んだほんとの理由

016:Uターン(原田 町) (カトレア日記)
カーナビの言うこときかぬ君ゆえにUターンを余儀なくされて

017:解(伊藤真也) (クラッシュボク)
埋められない方向性でおっぱい部・部長まさかの解任劇

018:格差(松原なぎ) (日向水)
天地格差を説く指に輪が光りせんせいわたしけっこんします

019:ノート(柴田匡志) (スタートライン)
初めての新車は日産ノートにて納車の日にはそわそわしてる

020:貧(鹿男) (もえないゴミ箱)
浴衣から見えるそいつを期待して富豪にハート渡す貧民

021:くちばし(月下燕) (月下の燕)
くちばしもしっぽもあなたにあげましたただわたしだけいまはそれだけ

022:職(間遠 浪) (少女らせん)
「職業が家出少女のともだちがあたしを少しこわしていった」 model:相原玲

023:シャツ(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
青いシャツのひと泣きながら待っている変わらない赤の交差点

024:天ぷら(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
るすばんの時のぶつだん キョンシーの天ぷらくらいおそろしかった

025氷 (惠無) (なんでもない一日)
なぜそれが氷屋さんかわからずにひっくり返した三輪車

026:コンビニ(都季) (31pieces)
「真夜中のコンビニみたいな人ですね」君の笑顔の真意が読めない

027:既 (斉藤そよ) (photover)
ついくせで羊をさがす ふたりとも 既に手にしているというのに

028:透明(うたまろ) (五と七と五と七と七)
価値を越え透明なまでに稀有な意味 愛する人に出会えたことは

029:くしゃくしゃ(ノサカ レイ) (のーずのーず)
幾たびも くしゃくしゃにした約束を君は果たして天国へゆく

030:牛(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
後ろから牛が来てます失った思い出だとか背負っております

031:てっぺん(nnote) (白い箱から)
鉄塔が埋め尽くす空てっぺんの青に漂うさまざまのゆめ

032:世界(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
プテラノドン「ハロー 静かな宵越しと ハロー 世界の逆回転」

033:冠(あみー) (正直なたましい)
くさなぎのくさは草冠に早い、つよしは岡のみぎにりっとう

034:序(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
別たれるひとときのみにふと過ぎる 『来世で逢おう』絆の序文が

035:ロンドン(チッピッピ) (うたよみブログ)
お土産に買った玩具のロンドンバス甥っ子遊ぶ「にちりん」とともに

036:意図(花夢) (花夢)
意図的に嫌いになろうとしてみたら涙みたいに星が流れた

037:藤(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
藤棚をさ迷う蝶に追いかけるぼくと君との視線重ねる

038:→(月下 桜) (*月下桜の世界*)
二秒後にぶつかってしまう緑の人→        ←緑の人

039:広(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
青空は曖昧模糊と広がって僕は生きてる理由を無くす

040:すみれ(春待) (三感四音)
すみれ色アメジストリング欲しがりし君は来月十六となる

041:越(みぎわ)(たづたづし)
若さゆゑの自惚れつらつら浮き上がり腰越状は哀しき手紙

042:クリック(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
十五分の楽曲に一度しかないシンバルのやうにNOをクリック

043:係(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
おたがいのおはなしを聞く係です役割あれば生きやすいから

044:わさび(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
もうええわさびしい老後やろうけど長所の捏造なんてできひん

045:幕(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
紅い血でひとを裏切る劇をみて幕間にきみの小指を噛んだ

046:常識(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
従ってやるほど価値も見出せぬ創造主(自称)作った常識

047:警(市川周) (ミルミルを飲みながら)
警備員照らす理科室ともだちがいるってどんな気分だろうか

048:逢(陸王)(Always Walking with Yu)
逢えたからとてもしあわせだったからわたしはひとり京都へ行くの

049:ソムリエ(ことり) (歌)
ソムリエの恋人がいますその人はすぐに小鼻をぴくぴくさせるの

050:災(森山あかり) (言葉の花かご)
災いは人生の帯なによりも強い絆を育むための

051:言い訳(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
隕石が落ちてきたとか 言い訳を聞くのはつらい よく動く口

052:縄(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
兵十が火縄銃持ちごん撃ったときの気持ちになったさよなら

053:妊娠(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
綴じ込めたはずの( )から滴った涙で月は妊娠をする

054:首 (穴井苑子) (猫のように純情)
この首がにょろり伸びたら海の中スキップしながら遊びに行くね

055:式(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
サクマ式ドロップスのうちハッカだけ 食べてしまって、口をきかない。

056:アドレス(村本希理子) (きりころじっく2)
秘密番号(ピミルボノ)設定、住所(チュソ)にアドレスを とあるところの会員となる

057:縁(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
縁側で祖母がゆっくり気化してく七月の空、きっと永遠

058:魔法(健太郎) (モノクローム文芸館)
夜明け前 解けない魔法 シンデレラ いつもの笑顔が ほんとは見たい

059:済(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
色々とありましたけどすべてもう済んだことです 生きてください

060:引退(佐藤紀子) (encantada)
母は母 その役割に引退も休暇もなくて太郎を思ふ(浦島太郎物語)

061:ピンク(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
ピンク色している君のパンティが桜前線教えてくれた

062:坂(今泉洋子) (sironeko)
入寮の子を見届けて女坂卯月の風に抱かれくだる

063:ゆらり(こゆり) (おかっぱ短歌)
最後くらいきちんと記憶したいのにあなたの顔さえゆらりと滲む

064:宮(理阿弥) (車止めピロー)
返事待つモニタを映す窓に闇 蛾を喰う守宮の腹膨れゆく

065:選挙(ふみまろ) (光る風の記憶)
異教徒が滅びの術を連呼する選挙に向かえ ああ砂嵐

066:角(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
丸四角記号みたいな彼の国の言葉覚える あなたのために

067:フルート(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
放課後に取り残されたフルートの銀のひかりに刻んだ傷跡

068:秋刀魚(佐藤羽美) (hinautamemo)
秋刀魚焼く匂いの満ちる室内で夫が猫の霊気をさせる

069:隅(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
いつまでも心の隅にたたずんだ君にさよなら花を贈って

070:CD(ウクレレ) (十線譜)
忘れないようCDに焼き付けたあの日ふたりで見つけた虹を

071:痩(ほたる) (ほたるノオト)
痩せていく猫の背中の鍵盤をなぞれば生命(いのち)のか細さ響く

072:瀬戸(ひじり純子) (純情短歌)
瀬戸物の食器をあれこれ選ぶとき無心になれる時を忘れる

073:マスク(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
唇を潤すだけに君がいたことに気づいた マスクをはずす

074:肩(tafots) (1年で1000首をつくる)
帰り路のいもうといつもこめかみの窪みを肩に乗せて眠りし

075:おまけ(ゆき) (ひたぶる君を)
こぶだしとかつをだしとのあはせだしおまけにあなたひとのものだし

076:住(ぱん) (向日葵 と 月)
きみの住む町を今でも通るけどもう信号で探してないよ

077:屑(さかいたつろう) (流星文庫)
パン屑をこぼして歩く女の子 笑って付いていく男の子

078:アンコール(はこべ) (梅の咲くころから)
アンコールしてみたいほどの過去はなく あしたこそはと毎日が過ぎ

079:恥(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
再会のシャルル・ド・ゴール空港のキスなら平気 恥ずかしくない

080:午後(迦里迦) (香飄)
かぶきたる午後は過ぎにき変性(へんじゃう)の生の身ひとつ水へ降りゆく

081:早(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
謀反とかするタイミングにはちと早い深夜にたぬき蕎麦でいいかな?

082:源(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
震源はあなたの胸の奥だから背中をそっとさすってあげる

083:憂鬱(こうめ) (はこにわ相聞歌 )
この手もて悪魔を引き裂く夢想する 憂鬱に伏す君の髪撫で

084:河(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
上野まで河馬を見に行きたいのですとても小さな河馬と聞きいて

085:クリスマス(酒井景二朗) (F.S.D.)
獨人きり靜かに過ごすクリスマスに冷えたラジオが輝く刹那

086:符(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
風に飛びし切符拾いて渡したる女と並び改札を出る

087:気分(みつき) (みそひと :: misohito ::)
ああ今日は天気もいいし君のこと振り回したい気分なのです

088:編(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
編集をされた事実を渡されて僕の思想はどこかが歪む

089:テスト(Re:) (プリズム)
テスト中に窓から見えた空みたい欲しくなってるあの人の声

090:長(Ni-Cd) (反実仮想)
長袖をつかんで彼をもぎとろう(乙女の日記:10月7日)

091:冬(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
ささやかに君を祈らん忍冬(すいかずら)越冬ののち小さく咲いて

092:夕焼け(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
夕焼けが目に染みただけ春からは「また明日」ってもう言えないね

093:鼻(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
着床に至る経緯を説いてみる 鼻の高さの泡立草に

094:彼方(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
室伏の力を借りてケータイを空の彼方へ捨ててやりたい

095:卓(船坂圭之介) (kei's anex room)
禁断の味の恋ほしき 完熟のトマトに振れぬ嗚呼食卓塩

096:マイナス(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
来年の色恋割り切れぬ歳 素数マイナス12の素数

097:断(すいこ) (すいこのうたおきば)
断ち切ったわけでもないのに糸はただ細くなってくまた会いたいな

098:電気(田中ましろ) (ましたん)
お願いよ電気を消して 遠くからゴルゴがきっとのぞいているわ

099:戻(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
羅紗紙がやぶれた本を強引に箱に戻して終える少女期

100:好(梅田啓子) (今日のうた)
一刻なひと好きになるわが性(さが)よ音叉がきふに共鳴するらし

101:永遠(DILI)
ゆふぐれに見つかりしもう片方の沓永遠の硝子の城に

題詠2009鑑賞(053:妊娠)

「053:妊娠」(TB~182)。

053:妊娠(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
綴じ込めたはずの( )から滴った涙で月は妊娠をする


もう諦めたはずだったあのひとへの想いがふとしたことで溢れ、泣き濡れたわたしに満月のつきのひかりは届くことはなかった。

題詠2009鑑賞(052:縄)

「052:縄」(TB~186)。

052:縄(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
兵十が火縄銃持ちごん撃ったときの気持ちになったさよなら


「ごん、お前だったのか?いつも栗をくれたのは」
ごんは ぐったりと目をつぶったまま うなずきました。
                 ~新美南吉「ごん狐」より~


ものゐはぬものに
私は、「さよなら」と云うことはどうしてもできません。

題詠2009鑑賞(051:言い訳)

「051:言い訳」(TB~179)。

051:言い訳(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
隕石が落ちてきたとか 言い訳を聞くのはつらい よく動く口


スランプにより「051:言い訳」の鑑賞ができなくて、一ヶ月以上経ってしまいました。
思い起こせば9月14日、私はこの日、その後の人生感を変える出来事に遭遇したのです。
ある人に対して「あなたはこの日で人生感が変わる」と予言していたら、それが我が身に降りかかってきたのでした。

人は誰も、決して押してはならないスイッチを持っています。

その日私は、宇宙人の友達と火星の酒場で日本酒を飲んでいました。
寒い夜は熱燗に限りますw
二人とも銀河系の平和を守る仕事なのでやたら話は盛り上がり、気がつけば霞ヶ関ビル3杯分の清酒が空いていました。
そこでお開きにすれば良いものを、調子に乗って特撮ヒーローメドレーで、カラオケ5連発行ってしまいました。
でも店の外は真空状態なので、騒音が漏れて近隣に迷惑をかけることはありません。
相当出来上がった状態で6曲目を選んで、デンモクの送信ボタンを押しました。
今にして思えば、デンモクにしては重いし大きいし、ボタンもおおげさに赤かったし。
その直後、ひとつの美しい惑星が粉々に破壊されました。
そんな危険なもの、飲み屋に持って来るなよっ!

それからしばらくの間、たいへんな日々が続きました。
ボタンスイッチ押下により発射された波動砲は、何億もの知的生命体の住む平和だったであろう星を木っ端微塵にしちゃいました。
我々の手に負えなかったので、創造主のところへ頭を下げに行きました。
さすがに全知全能の彼はすごくて、時間を戻してちゃらにしてくれました。
神さま、ありがとうw
惑星の平和は、このようにして守られたのです。
喧嘩する度に恋人たちのつながりが深くなるようなもので、私は、もう二度と悲しませないと心に誓ったのでした。

あと、道を歩いている私の目の前に隕石が落ちてきたという話もあります・・・
(後略)


ほんと、記事を書けなかったことの言い訳って見苦しい(笑)

私は言い訳はあまり好きじゃないのですが、待ち合せにちょっと遅れたりした時は、「暴風雨の中、断崖絶壁をよじ登ってイワツバメの巣を取りに行ってた。」と、言っています。
なお、中華料理のツバメの巣は、アナツバメのものだそうです。


題詠2009鑑賞(050:災)

「050:災」(TB~164)。

050:災(森山あかり) (言葉の花かご)
災いは人生の帯なによりも強い絆を育むための


本日9月26日は伊勢湾台風の50周年忌です。
昭和34年9月26日。18時過ぎに紀伊半島に上陸した台風は翌27日0時過ぎに日本海に抜けましたが、愛知県を中心に5000名を超える犠牲者を出しました。
被災者の合言葉は「ともに助け合って乗り切ろう」というもので、親子、夫婦、友人、隣近所などの絆の強さが、嵐を乗り越える力となりました。

昭和51年に、伊勢湾台風により生き別れとなった家族を題材とした「赤い運命」(山口百恵、宇津井健)がTBS系で放映されました。
そして台風50年目の今年、平日13:30~の昼ドラ帯で伊勢湾台風後の家族の絆を描いた「嵐がくれたもの」が放映されています(フジテレビ系)。
HPでは過去一週間の動画を再生できるのですが、これは、涙無くては見てられません><
「昼ドラ」は過激とは聞いていたのですが、病みつきになりそうです(笑)

題詠2009鑑賞(049:ソムリエ)

「049:ソムリエ」(TB~162)。

049:ソムリエ(ことり) ()
ソムリエの恋人がいますその人はすぐに小鼻をぴくぴくさせるの


わはははw
職業病ってやつですね。

私の仕事は地球の平和を守ることですが、家庭の平和がたいへんなことにww

題詠2009解説(048:逢)

「048:逢」(TB~162)。

048:逢(陸王) (Always Walking with Yu)
逢えたからとてもしあわせだったからわたしはひとり京都へ行くの


この歌を詠んだのは、まだ「幸せ」も「京都」も知らなかった2月のこと。
適当に描いた予言は実現することもあるようです。
たぶん。

なのにあなたは京都へゆくの (チェリッシュ)
作詞 脇田なおみ ・作曲 藤田哲朗

わたしの髪に 口づけをして
かわいいやつ と わたしに言った
なのにあなたは 京都へ行くの?
京都の町は それほどいいの?
このわたしの 愛よりも

静かに寄り添い やさしく見つめ
愛する人 と わたしを呼んだ
なのにあなたは 京都へ行くの?
京都の町は それほどいいの?
このわたしの 愛よりも

燃える腕で 抱きしめて
永遠の愛を わたしに誓った
なのにあなたは 京都へ行くの?
京都の町は それほどいいの?
このわたしの 愛よりも
このわたしの 愛よりも


題詠2009鑑賞(047:警)

「047:警」(TB~165)。

047:警(市川周) (ミルミルを飲みながら)
警備員照らす理科室ともだちがいるってどんな気分だろうか


少年時代のぼくが、手には懐中電灯をひとつ握りしめて勇気試しでひとり入った深夜の学校の理科室。
真っ暗な教室の中、人体模型やホルマリン漬けのなにかに混ざって、懐中電灯の灯りのなかに浮かぶ体育館シューズを履いた二本の足。
灯りの輪を上方に向かって移動させると、そこには忍者ハットリくんのお面を被りながら首を吊った「ともだち」。
きっと、怖さと驚きで腰が抜けたような、そんな気分。

先日、映画「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」を観に行ってきました。
上の記述は、それのワンシーンです。
「ともだち」とは世界の支配者の通称で、映画では最後にその正体が明らかになります。


なお、この短歌の作者の市川周さんの解説は、こちら

題詠2009鑑賞(046:常識)

「046:常識」(TB~167)。

046:常識(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
従ってやるほど価値も見出せぬ創造主(自称)作った常識


なぜなら、創造主(自称)は弱いからですw
でも、民意が動くと力になります。

わずか20年余り前、「常識」はオゾン層を破壊するフロン・ハロンを排除していました。
代替の熱媒として二酸化炭素が採用されるなど、その頃、温室効果ガスというものはまったく注目されていませんでした。
現在では、
「地球は温室効果ガスにより温暖化に向かっているため、二酸化炭素の排出を抑制すべきである。」
というものが世の「常識」とされています。
先進国が中心となって地球環境問題に取り組んでいますが、この「常識」は科学的に証明されたものなのでしょうか。

この「常識」は、以下の4点に分けることができます。
①地球は温暖化に向かっている。
②地球温暖化の主要因は、温室効果ガスによるものである。
③二酸化炭素は、温室効果ガスとなり得る。
④地球温暖化を抑止するためには、二酸化炭素の排出を抑える必要がある。

このうち、④は①~③が「正」であった場合の対策系です。
そして、①~③のうち科学的な裏付けがあるのは③だけなのです。
①と②は、科学的な証明も反証もできていません。
でも、自分たちの庭で起こっている出来事なので、「ちょっと危ないんじゃないの?」と思わせるだけで、民意を動かすには十分なのです。
そりゃ、海面が上昇して多くの種が滅亡するのですから。
これを政治や金儲けに利用しない手はありません。

私としては、化石燃料枯渇のほうを問題視しているのですが、まぁ、石油代替エネルギーの普及等、対策系が似通っている部分もあるので静観しているところです。
でも、本音では茶番だと思っています。

科学的に証明できないことに全世界が取り組むことの落とし穴は、今の環境対策を実施しても、海面上昇が抑えられる保証が無いということです。
人類には、自然をコントロールする能力は無いのです。

(KARI-RINGさん、重いテーマになってしまってごめんなさい(笑)(←笑ってるしw))

題詠2009鑑賞(045:幕)

「045:幕」(TB~167)。

045:幕(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
紅い血でひとを裏切る劇をみて幕間にきみの小指を噛んだ


私の題詠blog鑑賞記事では、主に私の心が震えた周波数の歌を選んできました。
でも、本日の石畑由紀子さんの歌では、私の右手小指が震えてしまいましたw
その理由は秘密ですw

小指の思い出 (伊東ゆかり)
作詞 有馬三恵子・作曲 鈴木淳

あなたが噛んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い 
そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの 
私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い

あなたが噛んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる 
そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね 
そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる

あなたが噛んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 
誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい 
ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ

題詠2009鑑賞(044:わさび)

「044:わさび」(TB~171)。


044:わさび(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
「もうええわさびしい老後やろうけど長所の捏造なんてできひん」


僕は、僕の話をちゃんと聴いてくれる「ともだち」が欲しかっただけなんや。

短所しか見ぃへんもんには、長所はぜんぜん見えてへん。
履歴書に長所を書いても、信じてくれへん。
そんなんと居たら、僕は喋らんようになって、時間をかけて心の凍った人間に近づくんや。
走りたい、喋りたい、泣きたい、笑いたい、さびしい・・・

そやけど、「ともだち」がいるちゅうことがわかったんで、もうええねん。

題詠2009鑑賞(043:係)

「043:係」(TB~171)。

043:係(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
おたがいのおはなしを聞く係です役割あれば生きやすいから


今週は多忙な日々を過ごしました。
夜遅くまで仕事をしていたかと思うと、昼の日なかにぽっかりと空白な時間が生じたり、不規則な5日間でした。
今週は5人のチームで仕事をしたのですが、一週間で成果を出すには、準備もさることながら5人が息を合わさなければなりません。
しかしながら、5人の構成といえば、
水 : 3カップ
油 : 1カップ
界面活性剤 : 小さじ1

3日目の朝、私の右側にいた"水"の3人が、こそこそと方向性の定まらない作業をしていました。
私の左側にいて、仲間はずれにされていた"油"は業を煮やし、ついに爆発しました。
私は、この事態を収拾するには、知識経験共に豊富な"油"の機嫌を損なうのはマイナスであると考えました。
宴会係の役割を担った私は、お互いの話を聞き、二方向に言葉を翻訳し、10分後に作業会をすることを提案しました。
そして、作業会までの10分間は、"水"の3人はたたき台の文案を作成し、"油"は私に思いの丈を喋り続けました。
作業会では、"油"は私に話をしたことにより落ち着きを取り戻し、チームとしての意見をまとめることができました。
私は、"水"と"油"を混ぜ合わせる"界面活性剤"として今回のチームに呼ばれたことを実感しました。
こういう仕事は、得意ですw
そのようにして我々は、今週の作業を完遂することができたのです。


さて、前置きはこれぐらいにして、羽うさぎさんの歌。
短歌のわたしの前には、1組の男女がいるという状況でしょうか。
仲裁にしても、第三者として見届けるにしても、なんだか損な役回りです。
それこそ役割が明確でないと、やってられません。
犬も食わなかったり、馬に蹴られたりw
でも、お節介の血が騒いでしまうのですよね(笑)

題詠2009鑑賞(042:クリック)

「042:クリック」(TB~178)。

042:クリック(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
十五分の楽曲に一度しかないシンバルのやうにNOをクリック


ドヴォルザーク作曲交響曲第9番作品95「新世界より」第4楽章。
新大陸を加速する蒸気機関車を思わせる重厚な音楽が始まって1分半ぐらい経過した頃、全曲を通じてただ一度だけシンバルが打たれます。
しかも、ちゅーとはんぱな音量で。
作曲家の意図は謎とされていますが、ホールの45分間の喧騒のなかで楽譜で指定されたただ一度のために出番を待つシンバル奏者。
そこにはどんな葛藤があるのでしょうか?

私は、典型的な「NOと言えない日本人」です。
霊験あらたかな掛軸や壺を勧められても、きっと断ることはできません。
人の話を疑うことはあまりありません。
誰の話でも信じてしまうので、そのような人はいつも騙されていると思うでしょうが、不思議と騙された経験も無いのです。
おそらく、私は鈍いので、相手は騙したつもりでも本人が気づいていないだけなのでしょう。
もちろん、せちがらい世の中なので、私の周囲にも悪意を持つ人たちは居ます。
でも、なぜか、そのような人は私から離れて行くのです。
それは、私が極めて臆病なのと、真っ直ぐなのと、何かに守られているからだと思います。
このような私は友好的なのか好戦的なのか、自分が良く分かっていませんw

この先、私には一度だけ、運命で指定された「NOと言うべき瞬間」が来るのです。
でも、おそらく言えないと思います。
そのような機会が到来しても、クリックひとつできない男だと思っています。

題詠2009鑑賞(041:越)

「041:越」(TB~176)。

041:越(みぎわ) (たづたづし)
若さゆゑの自惚れつらつら浮き上がり腰越状は哀しき手紙


鎌倉時代(1185~1333)
我々の時代は、鎌倉幕府は1192年に源頼朝が将軍になって成立したと教わり、「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」と覚えたものでした。
今では、1185年の平氏滅亡(壇ノ浦の戦)を以て鎌倉幕府の成立としているようです。

義経(1159~1189)
源頼朝の異母弟。
義経は、平氏討伐の立役者であるにもかかわらず、頼朝の怒り・不信を買い、鎌倉入りを許してもらえませんでした。
その際、鎌倉腰越・満福寺に留め置かれた義経が、頼朝の側近大江広元に託した書状が腰越状です。
腰越状では、平家の一族追討の武勇の数々が自惚れともとれるのですが、すべては平治の乱で亡くなった父・源義朝の汚名を晴らすためとされ、兄弟として会いたいという一心で書かれたものでした。
自分には野心は無く、叛意のないことも示したのですが、結局義経は鎌倉入りを許されず京都へ引き返すこととなりました。
その後、京を追われた義経は奥州平泉に逃れ、正妻(郷御前)と4歳の女子を殺害した後自害して果てます。

堀江貴文(1972~)
バブル崩壊後の景気低迷のなか、一時期年収が数百億円あったとされるホリエモン。
彼は、「金があれば人の心でも買える」と言い放ったのですが、その真意は、「お金を稼ぐことが自信になる」というものだそうです。
「自分を含む多くの人は劣等感を持ち、金を稼ぐことにより劣等感が無くなり自信がつく」というのです。
彼は、フェラーリを購入した時点でもう物欲は無くなり、車も家も要らないようになったそうです。
「僕は人が嫌がることをしてまでやろうという気持ちはまったくない」(ホリエモン)

DILI(昭和~)
私には、物欲、金銭欲、名誉欲など、ありません。
食欲、睡眠欲、性欲も失せました。
オラには、世界のみんなからちょっとずつ貰った元気の詰まった「元気玉」、これさえあれば他に何も要りません。
そして、目標は「世界平和」。
目標達成に向けて、何の努力もしてませんし、何の実績もありませんけどw

静御前(生没年不詳)
しづかは、京を落ちた義経と吉野で別れ、京へ戻る途中で捕らえられて鎌倉に送られます。
鎌倉でしづかは義経の子を産み、その子を泣き叫んで離そうとしなかったのですが、結局頼朝側に取り上げられ赤子は由比ヶ浜に沈められました。
「吉野山嶺の白雪踏み分けて入りにし人の跡ぞ恋しき」
【通釈】吉野山の嶺の白雪を踏み分けて姿を隠していったあの人(義経)のあとが恋しい

国鉄7100形蒸気機関車(1880~)
7100形はピッツバーグのH・K・ポーター社で8両が製造され、1~6号機は、「義經(よしつね)」、「辨慶(べんけい)」、「比羅夫(ひらふ)」、「光圀(みつくに)」、「信廣(のぶひろ)」、「しづか」と命名されました。
このうち、「義經」と「しづか」 は1952年(昭和27年)に復元され、東京で再会を果たしました。
その後も「義經」は大阪で、「しづか」は北海道で保管され、たびたび再会イベントが行なわれています。
義経号(レプリカ)

題詠2009鑑賞(040:すみれ)

「040:すみれ」(TB~179)。

040:すみれ(春待) (三感四音)
すみれ色アメジストリング欲しがりし君は来月十六となる


私が十代の頃には、パワーストーンのような洒落たものはありませんでした。
NHKの「ちりとてちん」で、正典さんが雑貨屋の店番をしている糸子さんに、おもちゃの赤い指輪をプレゼントしたような風景が日常でした。
糸子さんは3月生まれなのですが、7月の誕生石の玩具は終生の宝物になったのです。

さて、アメジスト(紫水晶)は2月の誕生石です。
効能は、
・心を平穏に保ち、安らぎと癒しをもたらす。
・恋に酔って溺れないように冷静を保ち、人を正しく判断し、真実の愛を得る力となる。
・家族や恋人や友達など、大切な人との絆を深める。
とのことです。

なお、紫色の苦手な人には、透明に近いラベンダーアメジストなどがお薦めです。

題詠2009鑑賞(039:広)

「039:広」(TB~181)。

039:広(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
青空は曖昧模糊と広がって僕は生きてる理由を無くす


人間って、中心から離れてゆくにつれて輪郭が曖昧になる青空のようなものです。
人間って、水平線に近づくにしたがって蒼が不明瞭になる海のようなものです。
海と空をわたしとあなたとした場合、青を基調としていて似たようなふたりなのですが、両者が接する水平線は本来の自分というものから少し色褪せた所。
そこでは、自分自身から離れた曖昧な状態同士で接しているため、誰かを必要とし誰かから必要とされるなどの生きる理由がぼやけてしまいます。
お互いの青を理解し認め敬うことができたら、互いにもっと成長できるはずですけどね。

海は空の青を映しているだけ。
そう考えればきっと、生きるのが楽しくなってくるはずです。

(なお、本日の記事は科学的には突っ込みどころ満載なのですが、この世界は謎が多すぎですw)

題詠2009鑑賞(038:→)

「038:→」(TB~186)。

038:→(月下  桜) (*月下  桜 の 世界*)
二秒後にぶつかってしまう緑の人→        ←緑の人


緑の人と云えば →この人でしょうか?

題詠2009鑑賞(037:藤)

「037:藤」(TB~187)。

037:藤(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
藤棚をさ迷う蝶に追いかけるぼくと君との視線重ねる


『愛するとは、互いに見つめ合うことではない。二人で同じ方向を見ることだ。』
会えない夜(サン・テグジュペリ) より

友達でも、恋人でも、夫婦でも、同じ方向を見ることが大切だと思います。
二人で同じ目標に向かってゆくこと。
夢や望みを話し合い、悩みを受け止め、理解し一緒に考え、互いを支え応援すること。
会えないことがあっても心のどこかがつながっていれば良くて、
心がつながっていさえすれば、二人は永遠に続くのです。

藤の花言葉は、「愛に酔う」、「至福の時」、そして、「決して離れない」。

題詠2009鑑賞(036:意図)

「036:意図」(TB~182)。

036:意図(花夢) (花夢)
意図的に嫌いになろうとしてみたら涙みたいに星が流れた


あのひとのことを諦めようと努力してみたけれど、いろんな想いが流星群のように溢れ返ってしまって・・・。

--------------------------------

私は人を嫌うことができません。
なぜならそれは、大きなエネルギーを必要とするからです。

今から十年以上前、私は職場で苛めに遭っていました。
それは、いわれの無い難癖をつけられるというもので、苛め側も周囲の人も苛めとは気づかないようなものでしたが、私にとって大きな負担となっていました。
専門外なのに人の仕事に感覚的にケチをつけてくるという、お節介タイプのものでした。
最初は、まともに対応して、こちらも勉強して反論をしていました。
でも、相手は、少し学術的センスに欠けた感覚論者でしたので、私の意見が通っても通らなくても、私の方が消耗するばかりでした。
次に、彼のことを嫌いになろうとしました。
そうすると、彼の嫌な部分ばかりが見えてきて、彼に話しかけられようものなら一週間ぐらい残るようなダメージを受けるようになりました。
その後、彼のことは相手にしないようにしました。
しばらくして、私は仕事に対する意欲を無くしました。
自分に対する自信というものも、失せました。

さて、ここで何故私は小さな苛めから心を病むようにまでなってしまったのでしょうか?
それは、私は彼から「嫌われている」と思ってしまったからです。
実際はそのようなことは無かったのかもしれませんが、そう思ってしまった段階で私の負けだったようです。
自分のことを嫌っている人に対しては、何をするにしても多大なエネルギーを必要とします。
嫌うにしても、無視するにしても、仲良くするにしても。
一番良いのは、物理的に距離を取ることです。
でも、同じ職場に居れば、そうもいきません。
そのような場合は、自分の仕事に集中することです。

私は、彼と廊下ですれ違って普通にあいさつができるようになるまで、5年かかりました。

以来、私はどのような人であれ、「好き」になるようにしています。
人間関係で、最もエネルギーを必要とせず、得るものも多い付き合い方。
でも、異性に対しては「好き」なんて連発するものじゃなくて、同性限定です(笑)

題詠2009鑑賞(035:ロンドン)

「035:ロンドン」(TB~183)。

ロンドンバス

035:ロンドン(チッピッピ) (うたよみブログ)
お土産に買った玩具のロンドンバス甥っ子遊ぶ「にちりん」とともに


甥御さんが喜んで遊ぶ姿が目に浮かびます。
男の子は乗り物が大好きです。
一部、大人になっても変わらない人もいますがw

さて、歌中における「にちりん」とは、JR九州の真っ赤な電車のことでしょうか?
九州鉄道記念館には国鉄色に戻された「にちりん」が保存されていました。

にちりん国鉄色

これの真っ赤なのが走っていて、とても人気が高かったのです。

なお、JR九州には"赤い「みどり」"という特急もありましたw

題詠2009鑑賞(034:序)

「034:序」(TB~188)。

034:序(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
別たれるひとときのみにふと過ぎる 『来世で逢おう』絆の序文が


『来世で逢おう』には、絆の意味と、別れの意味があります。
絆の意味は、当事者にしか分からないこと。

~前世の私へ~
お元気ですか?・・・
ご無沙汰してます・・・?
何てあいさつすれば良いのかわかりませんが、とりあえずこんにちは。

あなたが生きていた頃から何年が経ったのかわかりませんが、あなたとあのひととの間で交された約束を果たしたことを報告します。
あなたたちは、心の深い所で通じ合っていたのでしょうね。
ずっと仲良く過ごすことができたのでしょうね。
死ぬ間際にあのひとに看取られながら、『来世でも逢おう』と言ったこと、
約束は果たしました。
西暦2008年、皇紀2668年の日本という国で、私たちは再会することができました。
でも、
それだけでした。
もうちょっと違った約束はできませんでしたか?
いや、過去や未来を変えてはならないという時空法は承知しているのですが。
せめて、『来世でも一緒になろう』と言ってもらえたら・・・

もう、いいのです。
過去は振り返らないことにしました。
私は、あなたのあのひとの生まれかわりのあの人と約束をしました。
『今度生まれかわったら、絶対に、一緒になろうね』って。
                        ~現世の私より~


題詠2009鑑賞(033:冠)

「033:冠」(TB~196)。

033:冠(あみー) (正直なたましい)
くさなぎのくさは草冠に早い、つよしは岡のみぎにりっとう

面白い歌ですw
「草」とか「剛」とかは、書けると思います。
ほんとに教えてほしかったのは、知ったところでどうってこともないのですが、「なぎ」っていう字はどういう漢字?ということなのでしょう。
知らないなら知らないと言えばいいのでしょうが、強がったり、背伸びしたりしてしまうのですよね。
次の機会があれば、
ゆみ偏にまえのかたなで「」。
って、教えてあげましょう。

題詠2009鑑賞(032:世界)

「032:世界」(TB~196)。

032:世界(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」
プテラノドン「ハロー 静かな宵越しと ハロー 世界の逆回転」


201X年X月X日0:00AM 地球は逆に回転すると言われています。
aさんから「あとn時間後に地球が滅亡する」と告げられたとき、あなたならどうしますか?
私の答えは決めています。

題詠2009鑑賞(031:てっぺん)

「031:てっぺん」(TB~195)。

私の仕事は、人々を元気づけることです。
でも近ごろは、自分自身に元気が無いためか、なかなか期待どおりの成果を上げることができません。
ある人は、全然元気の無い顔で「充分元気を貰えた」と言ってくれます。
世界平和にはほど遠いと感じている今日この頃です。

しばらくは短歌の観賞もできない状態だったのですが、少しお休みを頂いたので数日前から観賞記事をまた書くことにしました。
本日鑑賞したお題は、「てっぺん」。
今の私には「どん底」のほうが似合っているのか、あまり心が震えません。
でも、短歌の力は私の想像を超えていました。


031:てっぺん (みぎわ) (たづたづし)
「ひともとの桐が野原に聳へをりてつぺんの花を風がくすぐる」


風景が心の中に広がりました。
とても清々しい気持ちを受け取ることができました。
ありがとうございます。

かなり復活しましたが、人混みと渋滞が苦手なので花火大会には行きませんw

題詠2009鑑賞(030:牛)

「030:牛」(TB~207)。

030:牛(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
後ろから牛が来てます失った思い出だとか背負っております

ひとは誰も、背後にウシを連結しています。
3歩歩めば、ウシも同じ間隔でもれなく付いてきます。
走って逃げても、振り向けばそこにウシw
で、そのウシがいつも自分では見ることのできない私の背中を見ているものだから、私以上に私のことを良く知っていたりします。
嫌だなぁ。
そんなのが嫌なので、私は滅多なことでは振り向きません。
でも私には、あなたの背中も、あなたの背後のあなたのウシも見えてしまうのです。
自分のことでさえわかりたくないのに。

題詠2009鑑賞(029:くしゃくしゃ)

「029:くしゃくしゃ」(TB~206)。

029:くしゃくしゃ(ノサカ レイ) (のーずのーず)
「幾たびも くしゃくしゃにした約束を君は果たして天国へゆく」


この生まれ故郷に近い老人ホームに入って26年。マスミはこの春、116才になった。
独りでお茶を飲みながら、若い頃のことを思い出して過ごすことが多くなった。
遼さんが亡くなってからもう60年以上経つ。
「そろそろ私にも、約束を果たしてあげる時がきたのかな。」

わたしは今から80年前に遼さんに出会った。
せっかちというか、おっちょこちょいな人だった。そこがわたしと似ていたので、惹かれたのかもしれない。
会って2回目に食事に行ったときに遼さんは突然、
「君と出会って良かった。」
と、言ってくれた。
遼さんに何が見えていたのかはわからなかったけど、数ヶ月後にわたしも同じ気持ちになって、同じことを遼さんに言った。

わたしたちは、会っていろんな話をした。
話をすればするほど、わたしと遼さんとは考え方や感じ方や生きざまなど、いろんな面で似ていることが分かった。
遼さんは手を握ってくれることすらあまりなかったけど、わたしは遼さんと過ごす時間が幸せだった。
そういえば、遼さんも2回目に会った時にすでに、
「マスミちゃんが近くに居てくれるだけで、ぼくは幸せな気分に浸っている。」
と、言っていた。
おかしなひとだったw

わたしは、わたしのことをわかってくれる人を求めていたのかもしれない。
遼さんは、わたしの話をちゃんと聞いてくれたし、それ以前に考え方が複雑なところまでそっくりなので、わたしの考えを説明する必要も無かった。
わたしが何か言おうとすると、最初のひとことでわかってくれた。
すべてを受け容れてくれた。
ある時、わたしは遼さんに、
「わたしと遼さんとは、前世で縁があったような気がする。」
という話をした。
遼さんも、あまりにも似ているので驚いていると言っていた。
そして、
「生まれかわったら、一緒になろう。」
と、言ってくれた。

この、破ることも果たすこともできない約束が支えとなって、わたしは生き続けることができた。
この約束は、何百年後かわからないけど、絶対に・・・。

題詠2009鑑賞(028:透明)

「028:透明」(TB~211)。

028:透明(うたまろ) (五と七と五と七と七)
価値を越え透明なまでに稀有な意味 愛する人に出会えたことは


ひとつの出会いにより、ひとは永遠の生きる勇気を得ることができます。
運命の出会いというものが、あると思います。

題詠2009鑑賞(027:既)

「027:既」(TB~166)。

027:既 (斉藤そよ) (photover)
ついくせで羊をさがす ふたりとも 既に手にしているというのに


あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。
(ルカの福音書15章4節)


2年余り前に購入して1/5ぐらい読み進め、挫折してそのままになっていた聖書を久しぶりに開きましたw
当該の部分は、迷える子羊を救うことができたときの喜びを示すものです。
でも、癖で羊を探すのは神様と相場が決まっていて、この歌における羊は「迷える子羊」とはちょっと違うようです。


次に、羊と言えばご存知、眠る時に柵を軽快に飛び越えるのを数えるものw
羊を数えるうちに心地良い眠りに誘われるのですが、924匹目の羊を数えた後、次の羊がやって来るまでちょっと間が開いて、925匹目はどこだとさがすw
でも、これではまだ眠っていない状態なので、「既に手にしている」の説明ができません。


羊のイメージを、"ふわふわの温かさ"としてこの歌を読んでみました。
すると、「羊」の文字が「幸」に見えてきました。
ふわふわの温かい気持ちを感じることができました。
がんばれふたりww

題詠2009鑑賞(026:コンビニ)

「026:コンビニ」(TB~170)。

026:コンビニ(都季) (31pieces)
「真夜中のコンビニみたいな人ですね」君の笑顔の真意が読めない


「わたし」と かけて、「真夜中のコンビニ」と とく、そのこころは、

・ とても明るい。(鳥羽省三さんはこべさん)
・ きみが好き。 (じゅじゅ。さん木下奏さん
・ いつでも買いに行ける。(詩月めぐさん天国ななおさん
・ 妖怪。(駒沢直さん梅田啓子さん
・ こう見えて、お尻フェチなんです。(久哲さん
・ 一緒にいて安心できる。(ふみまろさん
・ みちしるべ。(青野ことりさんnnoteさん
・ 生きがい。(O.F.さん
・ 無機質。(フウさん
・ あなたのことよりも「ウコンの力」ください。(陸王

さて、笑顔の真意は、どれでしょうか(笑)


解説記事の可能性に挑戦するだけのために勝手リンクをさせてもらった方々、ありがとうございました。
皆様の心のこもった歌が無ければ、本日の記事は成り立ちません。
この場を借りてお礼申し上げますw
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。