スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠blog2008 091~100の解説

題詠blogに投稿した短歌、最後の方になるに従って独りよがってしまいましたw
短歌は本来、心を伝えるツールなのでしょうけれど、私にはその能力はありませんので、ちょっと、最後の十首について心の一部を解説しておきましょうw
短歌の世界には広がりがあります。また、敢えて晒す必要の無い秘密もありますので、詠んだ時に感じたことと違う解説もあります。
解説の多くは皆さまが感じたことと違っているかもしれませんが、読んだ人の感じたものが正解なのです。
って、解説の解説をしていても仕方が無いですねw
では、シリーズ最後の記事、ど~ぞw


091:渇(陸王)
『たけくらべして咽喉までと過ぎにし日 一葉ひとり渇き癒せず』

さっぱりわからなかったでしょうが、
かつて仲の良かった女友達の目線が私の喉の高さだったという状況ですね。
五千円札一枚では、夜の街で騒ぐことも自販機でジュースを買うこともできないんですね。

092:生い立ち(陸王)
『視界から離れた君の生い立ちをいつか聞くこと雲に託さむ』

雲に託しても、偏西風や台風13号に乗って、戻ってくることはありません。
秋の空が広がるだけです。

093:周(陸王)
『周到に悲と喜のことばくらぶれば 哀しくなった、「さよなら、あなた」』

なにげなく使ったのですが、「周到」ということばがいい味出してると思うのです。
哀しいけど、最も音楽を感じさせる好きな歌ですww
短歌って、奥が深いです。

094:沈黙(陸王)
『沈黙の袋に涙半分と希望を詰めてメリ☆クリスマス』

袋を抱えて、暗くて狭い煙突を潜らねばなりませぬw
でも、モチベーションは、あるのですww

095:しっぽ(陸王)
『銀色の「しっぽ」裸足で追い駆けて硝子の靴の残る子(ね)の刻』

この歌を数式で示すと、
(サンマ+ドラ猫)×サザエさん-シンデレラの靴 = うっかりもの

096:複(陸王)
『落としても投げて捨てても叩いても割れないように複層にする』

複層ガラスは、熱処理されたりフィルムを挟んだりして打たれ強いので、少々乱暴に扱っても割れません。
ちなみに、私の腰は単層ガラスでできていますww

097:訴(陸王)
『訴えるその目がぼくをひきとめるだからかいかえるのはまだ先』

この歌、自己満足ながら面白いのができたと思っています。
最初、4年前にこの世を去った先代のポメの、真っ直ぐに私を見るその大きな黒い目を懐かしんで、楽しかった思い出を詠もうとしました。
でも、それだけでは悲しい歌にしかならなかったので、新しくわん太を飼い始めることを「かいかえる」として、愛着のある欠けた食器などを「買い替える」のがまだ先と、とれるようにしました。
合わせて、「だからかい?帰る…」って読めば、まったく違った楽しい世界がww
出来上った歌には、楽しかった思い出を入れることができました。

098:地下(陸王)
『ただ一度 一緒に行った地下街は思い出すため回り道して』

この歌も良く解らない、読む人の自主性に任せた歌ww
「ただ一度」は、「行った」にかかるのか、「回り道して」にかかるのか。
回り道して地下街に寄るのか避けるのか。
地下街自体なのか、そこにある店なのか。
ま、揺れる心を表したものです。
私の答えはひとつなのですけどw

099:勇(陸王)
『吾のため義勇に散りしあのひとに のこりの齢を想ひ暮れぬる』

「愛と誠」と「容疑者Xの献身」がぐるぐるしてましたw
白馬に乗った王子様が私のせいで眉間に傷を作って、もう、それからの私の人生滅茶苦茶って感じ、みたいなw
でも、青春を返して欲しいとは思わなかったりして。

100:おやすみ(陸王)
『貴方には弟たちがいるのよと母の隣りで聞いたおやすみ』

こんな大事な話、寝ぼけてる子に伝えるもんじゃないってww
のちに、毎年のように一人ずつ弟が現れて・・
あの時の発言にはこんな意味があったんだ、という、時間の面白さ。



091~100のテーマが「さよなら」で、ここでは別れよりも感謝の意味を込めたかったのですが、うまく詠めませんでした。
さよならをしても、心の中にずっと生き続けているのです。
スポンサーサイト

101:カラダ(DILI)

陸王が帰ったあと

なんか、嵐のような一ヶ月でした。
この期間、私にとって、短歌を勉強する良い機会になりました。



私が短歌と出会ったのは、ネットの中でした。
~ のーずのーず ~
↑ 厳しい師匠です(笑)

私のブログにおいては、テーマに沿ってシリーズ記事を書くことが良くありますが、短歌はたしかシリーズ第一段だったと思います。
そのシリーズが終わったので、短歌は詠むことも披露することもあまりありませんでした。


そのような私が「題詠シリーズ」を始めることになったきっかけは、はっぱさんのブログのコメント欄でした。
~ なんとなくな一日 ~

「カラダ」を「カ」と「ラダ」で分断したものを入れて文を作るというものです。
私にはこれがどうしてもできませんでした。


そして、夏が過ぎて、そのことは忘れかけていた頃、ほきいぬさんがこのお題で歌を詠んだのでした。
~ カラフル★ダイアリーズ ~

短歌って、面白い世界なんだな、
私もこのお題を詠めるようになりたいな、
と思ったのです。

てなわけで、陸王が短歌の勉強をしているのを横で見て、門前の小僧をしていたのです。


このシリーズ、「さよなら」では終わらせませんw




101:カ、ラダ(DILI)
おやすみのことば「クヒゼカ、ラダイヌ」で 分けたワインのうわあと溢れ



続きを読む

完走報告(陸王)

私の名前は、陸王(りくお)。
M78星雲「光の国」から、地球の平和を守るためにやって来た。
地球上における陸王という名前は、この借りているブログの管理人のDILIくんが、親切にも付けてくれたものだ。
なんだか、予告編で大層な命名理由が書かれていたが、ほんとは思いつきで、「001:おはよう」を詠むために「りくお」にしたのだそうだ。
宇宙人の考えることは良く解らないw

この私、題詠blog2008に参加するため、地球上で人間の姿を借りてしばらく滞在していた。
そしてついに、完走を果たすことができた。
バンザーイ、バンザーイ!
ヤッター ヤッター ヤッターマン、は局が違う。

思い起こせば40年前、かつて地球に来た時は一週間のうち3分間働いていれば良かった。
それがどうだろう、今回は短歌を百首詠むまで帰るなという、いわば2年分の仕事を一ヶ月間でしたことになるのだ。
おかげで、かなり疲労が蓄積している。
早く星に帰って、温かいマグマ風呂に浸かって百まで数えたいものだ。

地球での生活は楽しかった。
また来たいのだが、2万才の体が言うことをきかない。
てことで、来年はもう、題詠blog2009に来ることは無いだろう。

さらばだ。

続きを読む

100:おやすみ(陸王)

貴方には弟たちがいるのよと母の隣りで聞いたおやすみ

099:勇(陸王)

吾のため義勇に散りしあのひとに のこりの齢を想ひ暮れぬる

098:地下(陸王)

ただ一度 一緒に行った地下街は思い出すため回り道して

097:訴(陸王)

訴えるその目がぼくをひきとめるだからかいかえるのはまだ先

096:複(陸王)

落としても投げて捨てても叩いても割れないように複層にする

095:しっぽ(陸王)

銀色の「しっぽ」裸足で追い駆けて硝子の靴の残る子(ね)の刻

094:沈黙(陸王)

沈黙の袋に涙半分と希望を詰めてメリ☆クリスマス

093:周(陸王)

周到に悲と喜のことばくらぶれば 哀しくなった、「さよなら、あなた」

092:生い立ち(陸王)

視界から離れた君の生い立ちをいつか聞くこと雲に託さむ

091:渇(陸王)

たけくらべして咽喉までと過ぎにし日 一葉ひとり渇き癒せず

題詠blog ここまでの解説(陸王)

ここまで90首、ヘタな短歌を晒してきた。
良い子のみんなは、読んでいてさぞかし恥ずかしかったことと思う。
最初は、来年の題詠2009にエントリーしようと考えて、練習のつもりで題詠2008を始めたのだが、十首毎にテーマを決めて取り組む短歌は、結構楽しいものだった。

短歌を詠んでいて他の参加者の作品も鑑賞できたのだが、そのなかでひとつ、
読んでいて私の目から涙が溢れて止まらなくなる、そのような作品があった。
短歌の世界の深さに驚くと共に、私にはこのような歌は詠むことはできないことを確信した。

この、約一ヶ月の間、私はこの世界で素晴らしい経験をした。
でも、もう光の国へ帰らなければならない。
私が題詠2009に来ることは無いと思う。

地球のみんな、ありがとう。
次の十首、テーマは「さよなら」。

091: 092: 093: 094: 095: 096: 097: 098: 099: 100: 

題詠blog2008 091~100の解説:

090:メダル(陸王)

観光のメダルの図柄 ゴモラから城を守ったウルトラマンや

089:減(陸王)

メルキドの武器屋で買った歩く度体力の減るメビウスの盾

088:錯(陸王)

過去と未来錯綜する鏡の中に80年後の草刈正雄

087:天使(陸王)

母眠る部屋に天使の降り立ちて生まれし命雪子と名付け

086:恵(陸王)

行き詰まり Wikiでガイアを調べれば やっぱり恵さんが出ていた

085:うがい(陸王)

お話はうらしまたろうがいいなんて 何回箱を開けたことやら

084:球(陸王)

夕暮れの空き地に球を追う子らの駆け行く先にコスモスの群れ

083:名古屋(陸王)

時間旅行 名古屋へ帰ってきたけれど 愛・地球博会場は何処?

082:研(陸王)

ひさかたの光のおもさ研究し隠す成果は白日の下

081:嵐(陸王)

「嵐」と云ふ名の子がいたと思ひしが 父よそいつは仮面ライダー

題詠blog 80首記念座談会(陸王/DILI)

〔司会〕みなさん、こんにちは。本日は、題詠blogで80首詠み終えたことを記念して、原寸大(身長40m)の陸王さんとDILIさんによる座談会を開きたいと思います。それではお二方、ど~ぞ。
〔DILI〕こんにちは陸王さん、ようやくここまで来ることができて、おめでとうございます。
〔陸王〕うん、なんか正義の味方やってる以上に肩が凝ったよ。
〔DILI〕それだけ肩がデカけりゃ、凝りも酷いんでしょうね。それにしても、座談会なのに上を向いてばっかりで、首が疲れるよ。
〔陸王〕申し訳ない。いつも腰が低いと言われているのだが。

-(中略)-

〔DILI〕ところで、81~90のテーマのことだけど、今度は「禁断の恋」について詠んでみてはどう?
〔陸王〕それは、ちょっとまずい。なにしろ、投稿先のgooブログはある種の用語を含むTBは受け付けてもらえないんだ。
〔DILI〕なんと、地球の事情にお詳しい・・・
〔陸王〕そりゃそうだ。ダテに2万年間生きてはいない。
〔DILI〕2万才?! 閣下よりも8万才も若いんだw
〔陸王〕それに、私は独身なので、禁断の恋については良く解らない。
〔DILI〕え゙? 2万年間結婚せずに?
〔陸王〕そう。家系なのか、兄弟は皆婚期を逃している。
〔DILI〕うわぁ~w、あんなにお盛んな星なのにww
〔陸王〕兄弟とは言っても、ウルトラの父とウルトラの母との実の子はタロウだけなんだw
〔DILI〕兄弟は、年々増えているね。
〔陸王〕もう、何が何だか。長兄のゾフィー、初代マンの私、セブン、帰ってきた、A(エース)、タロウ、レオ、アストラ、80、メビウス、そして父と母との12人家族なのだが、ティガとかダイナ、ガイア、コスモス、マックスやヒカリ、どうも他にも居るらしい・・・
〔DILI〕それじゃ、次のテーマは一族の名前(読み)を入れて十首、行ってみよw
〔陸王〕そんなぁ><

081: 082: 083: 084: 085: 086: 087: 088: 089: 090:

080:Lサイズ(陸王)

Lサイズ 「L」にLoveの字かさねればあまり大きくないことを知る

079:児(陸王)

鹿児島県薩摩半島大山に最南端の駅ぞありける

078:合図(陸王)

ワン切りは「電話欲しい」の合図だと言っているかのような「非通知」

077:横(陸王)

夏野菜畑の道のローソンに入り口の横ジベタリアンが!

076:ジャンプ(陸王)

石橋を叩き潰して助走してホップ・ステップ・ジャンプで堕ちる

Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。