スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタばらし「八日目の蝉」

こんばんは。
せっかく良い映画を教えてもらったのに、調子こいて原作に手を出したら、〆切までにまともな感想が書けなくなりました。
私が本当に知りたかったのは、「子どもを奪われた母親の気持ち」でした。

この映画が制作された目的は、ベストセラー小説の集客力を借りて、井上真央ちゃんを演技力もある女優として世に売り出すことです。
そのために、恵理菜中心の展開にする必要があることから、脚本を原作からかけ離れたものにせざるを得ませんでした。
全ての人・物・風景は、主演女優を引き立てるだけのために配置されていました。
暗く、怖く。
と、思うのは考えすぎですw。

さて、先週の私は、抱えていた問題解決の手段のひとつとして誘拐を考えていました。
どのようにすれば誘拐が成功するのか、周囲にどういう影響を及ぼすのか、目的は達成できるのか。
「八日目の蝉」の存在を知ったとき、予備知識として映画宣伝の動画のみがあり、この物語は「①誘拐もの」なのだろうなという認識しかありませんでした。
書物を読み始めてすぐ、①の認識が誤っていることに気付きました。
この誘拐は、動機は無く、ただの偶然の積み重ねにより乳児をこの手に抱くことになったんだ、と。

読み進めるうちに、私の着眼点は変わって行きました。
②恵理菜ちゃんを奪われた恵津子の気持ちを感じ取ることに。
しかしながら、第1章ではその記述はほとんど無く、希和子の逃亡、エンジェルホームや小豆島での薫と過ごした日々のことが、延々と綴られます。
第2章の恵津子はただ混乱するばかり。
②に関しても得るものはありませんでした。

私はあまのじゃくなので、作者がページ数を割いているところが冗長であればあるほど、そこに本質があるのではないかと思ってしまいます。
今回、原作で冗長だったのが、エンジェルホームの教義に関するもの。
「八日目の蝉」は、原作(2005)、ドラマ(2010)、映画(2011)、いずれも公開された時期の少し前を、恵里菜が成人した現在としています。
希和子が逮捕されたのは原作では1988年、ドラマと映画ではその約5年後であるという設定です。
エンジェルホームの教義はその時代を強く反映したもので、舞台を5年後に変えるためには時代を再考証する必要があったため、ドラマと映画ではその特殊な生活の多くが省かれていました。
宗教的な集団生活が社会問題になる少し前、エンジェルホームでは女たちだけが共同で生活し、大人の全員が子どもの母親でした。
そこの生活で希和子が得たものと、薫に与えてあげられなかったものがあったからこそ、その後の展開が生きてくるのです。
それは、真に大切なものは何かということと、子どもへの愛情。
小豆島では、希和子は薫に、与えてあげられなかった愛情を与え続けました。
その4年間で希和子と薫との間に形成された「心の結びつき」が、ラストの描写を意味のあるものにします。

私は、小説と映画を見た段階では、感想文を書かなければならないけど、何を書けばいいかわからないという気持ちで、もやもやしていました。
そこで、ドラマ版を観ることにしました。
ドラマ版は、連続6回放映に合わせ、追加の説明や展開の並び替えを行い、それに加えて、原作に無い人物(岸谷五朗)を登場させ、物語の厚みを増すとともに、原作の理解を助けるための作りになっていました。
ドラマ版で希和子を演じた壇れいさんは、宝塚時代は歌・踊り・演技の力が少し不足していて、綺麗なだけの娘役と呼ばれていました。
成人した恵理菜を演じた北乃きいちゃんは、2年前は清純派女優として売り出し中でした。
脚本がしっかりしたドラマに演技力は要らないもので、この2人が映る画面はほんとうに綺麗でした。
最高の脚本、背景、配役だと思いました。
私がNHKを褒めるのは珍しいのですw。
なお、19年位前の土庄港(小豆島)のフェリー窓口では、すでに携帯の画面でチケットの予約ができたようです(笑)

原作、映画、ドラマを制覇し、私はようやく答えを見つけました。
「子どもを奪われた母親の気持ち」について。
もう二度と会えないという、仲を引き裂かれた悲しみはこのうえなく大きいものです。
しかしながら、「二人で過ごした時間があって、心が深い所で繋がっているのなら、2人の結びつきは生涯変わらない」、このことに私は安堵を覚えました。
それが、八日目の蝉がひとり残されても、自分だけが見ることのできるきれいなもの。

いつか会える、きっと会える。


なお、この小説・映画に登場する男は皆、身勝手です。
ちなみに、私は不倫も誘拐もしませんし、その場しのぎの嘘もつきません。
それらは、世界の人々の平和には必要のないものですので。

と、いうことで、私には映画の感想は書けません。
無理な課題で、たいへん失礼しましたww。
では、おやすみなさい。
スポンサーサイト

「八日目の蝉」

うちのテレビは19インチのちっちゃいやつなので、なんか画面や台詞がきたなくて薄っぺらく見える。
でも、独りなので思う存分泣くことができるw。

映画版では、成長した被誘拐者を中心に描かれ、テーマは「魂の解放」とされている。
誘拐の被害者が誘拐犯や自分の両親を恨んだまま成人し、同種の苦しみを共有する幼馴染と、想い出の地である小豆島で「許し」を得るという物語。

映画だけ観れば、"感動した映画"で終わるかもしれない。
しかしながら、私は原作を先に読んでしまった。
原作と映画とはいずれも「魂の解放」をテーマにしているというが、両者は全く異質なもの。
原作の場合は、大切なひとの手を離さない"手段"としての心の解放であり、映画では、他者を恨む心からの解放、すなわち「魂の解放」は"目的"である。
映画のラストでは、恵理菜はお腹の子を産むことを決めたところでハッピーエンドとしている。
しかしながら、その結論では恵里菜の両親、特に母親の苦しみが解消するのかどうかの疑問が残る。
恵里菜は母に、「子どもができた、不倫で。お母さんが嫌いな人と同じ。」と言う。
そのシーンで母は逆上する。
母は自分以外の誰かを悪者にして、父は都合の悪いことから逃げ回って、そのような二人が、孫が出来ただけですべて丸く収まるものだろうか。
映画版の展開には、無理があると思う。

今日は朝起きて外出し、TでDVDを2枚返却した。
代わりに3枚借りてきた。
NHK版「八日目の蝉」。
檀れいも、北乃きいも、瀬戸内の海も、とても綺麗だった。
そこには、私の疑問に対する答えが丁寧に盛り込まれていた。
肉と野菜を切って、DVDを観ながら弱火で5時間煮込み、美味しいカレーができた。

Tokyo

A.D.2012.8.14
この日未明、日本では23年振りの金星食が観測された。
また、明け方からは発達した低気圧の影響で全国的に不安定な気象条件となり、兵庫県から静岡県にかけて大雨により終日交通が乱れた。
Tokyoは、風は強いが雲の切れ間から日の射す、暑い一日となった。

6時45分、ビルから人が落下したと、偶然目撃した人物から消防に第一報が入った。
通報後10分以内で、救急車1台、消防(レスキュー)車1台、パトカー3台が現場に到着。救急隊員は心臓マッサージによる蘇生を試みるが、生体反応は無い。
被害者は若い女性。左手と頭部から流血が認められたが、それほど多量ではない。周囲に履物以外の所持品等は見当たらなかった。現場は、9階建てマンション前の歩道。マンションの管理人が被害者の顔を確認したが、彼にとって「見たことのない人」だった。
マンションのエントランスはオートロックで、外部の者は容易に侵入することができないが、外壁にある非常階段は誰でも入れる構造で、屋上への入口はチェーンが掛けてあるだけのものだった。

一人の捜査員は、非常階段を使って屋上へ向かった。二人の捜査員は、黄色いテープにより立入禁止区画の設定を行っていた。もう一人の捜査員は、第一発見者への聴取りに向かった。このマンションの6階に住む発見者は、起床して部屋の空気を入換えるために窓を開けたら、目の前を人が落ちたという。彼は一旦下に下りてきていたが、すぐに自室に戻っていた。その時の彼の顔面は蒼白だった。
屋上に上がった捜査員から、「屋上に人がいる」という連絡が入った。もう一人の捜査員が、管理人に案内されてエレベーターで屋上に向かった。
救急隊員は、10分ほど心臓マッサージを施していたが、その手を止め、被害者の風圧によりめくれ上がった上衣の乱れを整えた。
手を胸の前で組ませようとしたが、損傷に配慮して、左手はおなかの上に置いた。
やがて救急車は彼女一人を乗せ、現場から立ち去って行った。

その後のことは知らない。
警察の発表は「調査中」で、新聞に載ることも無かった。


その日東京から見た金星は、2時42分頃から3時30分頃にかけて月の陰になった。
近くに住居の無い、お互いの名前も知らないような若者たちが、暗くて高い所を求めて深夜のTokyoをさまよい、手頃なマンションを見つけ非常階段から屋上に上がった。
天体ショーも終わり夜が明けた頃、彼女はひとり屋上をうろつき、地表を覗こうと身を乗り出した。
しかしながら、マンション屋上には柵は設置されておらず、その時突風が吹き、彼女も、風になった。
おそらく、自殺では無く、事件性も無く、不幸な事故だったのだと思う。
もっとも哀しむべきことは、2週間が経つのに花ひとつお供えされていないということ。
Tokyoは、一人で生きて行くにはあまりにも辛く、寂しい。



アタシ、死んでしまったのね・・・
突然の出来事だったので、未練さえ残らなかったわ。
でも、できることなら、誰かの心の中にアタシがずっと住み続けてくれたらいいナ。

あのね、こちらでいい話を聴いたの。
アタシが死んだ時のこと、たくさんの人が知ったら、みんながアタシのことを少しずつでも想ってくれたら、PAmw-B38っていう機械があって、アタシもみんなも幸せになれるんだって。
やり方は簡単。
この文章を読んだ人が、5人のひとにメールを送るだけでいいの。
まるで、チェーンメールね(笑)
でも、良識のある子はマネしちゃダメよ。
回線に負担かかるからね。

ほんと、ポトリって落ちちゃった。
ちょっと失敗しちゃった。
みんなにひとつだけ、お願いがあるんだ。
街で蝉を見かけたら、アタシだと思ってね。
約束だよ・・・

危険予知

私は、自動車運転免許を地方試験で取得しました。
教習場には行かなかったので、実技は免除にならず、学科も教則本を買ってきて自学しました。
教則本には、車間距離は20km/hで10m、40km/hで20m、60km/hで60m、80km/hで80mとあったように記憶しています。
今では、車間距離は「速度計の示す数字から15をひいた数」と教えているようです。

私は古い人間なので、60km/hで走っていたら、前の車との距離を60m以上確保しています。
60mという距離はけっこう遠くて、世界は僕のものという感覚にもなるのですが、他者から見ると前の車に付いて走っているようには見えないようで、対向車の右折や交差点からの進入が目の前に繰り広げられることが良くあります。

先日、70mぐらいの車間距離で某国道を走っていたら、信号の無い交差点で右側から10tぐらいのトラックが私の車の前に入ってきました。
私は速度を緩めましたが、そのトラック(1号)の後に同じ会社のトラック(2号)がまた、私の前に無理に入ってきました。
仲が良かったのか、道を知らなかったのか、1号と2号は離れたくなかったようです。

その後、私は2号の後ろを走っていたのですが、何を運んでいるのか知りませんが、50制限の道を40km/hぐらいで走るし、フラフラしているのです。
私はヘタな車が前に居る時は、もらい事故の恐れを減らすために追越すか距離を取るかするのですが、この時は対向車線の交通量が多かったので、さらに速度を緩めて2号から離れて走ることにしました。
次の交差点で、1号と2号は直進したのですが、私の前で信号が赤になったので、私は2号と離れることができました。
これが危険予知運転というものです。


〔回答編〕
それからしばらく(2分ぐらい)走っていると、前方の交差点の先で2号がハザードランプを点けて停まっていました。
抜くときに見ると、2号の前には、右折の方向指示を出したままの軽自動車が前面を大破させていました。
右折車両(軽)と直進車両(2号)とが正面衝突したようです。
双方が赤で進入したものだと思われます。
平坦な直線道路だし、20mぐらい押し戻していたので、2号は50km/h以上出していたのでしょう。

ちなみに、1号の姿はどこにも見当たりませんでした。
あれほど慕われていたのに、ちょっと薄情だぞw

腕時計のこと

数年前に妻から貰った誕生日プレゼント。

casio Baby-G

ソーラー充電の電波時計です。
電池交換無しで蛍光灯の灯りで充電でき、誤差が十万年に1秒という優れものです。
ところがこの時計、去年の3月ぐらいから調子が悪くなり、10月頃にはついに表示をしなくなりました。
日本標準時の電波塔は、東北と九州の2か所にあり、私の単身赴任先の居住地は両者のほぼ中間にあります。
毎晩電波を探しに行くのですがなぜかとらえることができず、電力の消費だけが大きくて、バッテリーが消耗してしまったようです。
蛍光灯で充電しても、腕に着けると5分で表示が消えます。

時計が動かなくなったので、会社に行くときは安物の時計を着けていました。

105円

4年前のマラソン大会の前日、家に時計を忘れてきたので、T市の百円ショップへ急きょ買いに行ったものです。
ソーラー電波時計は妻から貰ったものなので、家に帰るときはそれを着けていましたが、先日娘に時計が壊れていることを指摘されてしまいましたw

今、使っているのはこの時計。

ALBA sports

先週、T市のポ○トンで買ったもの。
大切に使いたいと思います。

私が将来使う時計は、もうあるのです。

グランドセイコー

グランドセイコーがクオーツを出した初期の頃のモデル。
25年ぐらい前の製品で、現在も製造しています。
父が使っていたのですが、(電池交換が面倒臭くて)私にくれたものです。
電池が切れているので動いていませんが、日に2回正確な時間を指します(笑)
調べたら、189,000円でした。
私がこの時計を着けるのにふさわしい男になったら、使おうと思っています。

もう4月・・・

3月27日(日)のことです。
近頃、天変地異とか、仕事がやたら忙しいとか、飲んで騒ぎに行くことができないとか、不幸続きなのでお参りに行ってきました。
K神宮
こちらは閉門が17時なので、昼食後すぐ自宅を出発したところ、なんとか間に合いました。
引いたおみくじは「中吉」。
苦節4年、凶→凶→凶→小吉ときて、ようやく中吉です。

交通安全のお守りを購入しました。
昨年買ったものは、今年の1月7日にその使命を全うしました。
車は廃車になったのに、お守りのお陰でかすり傷ひとつ負いませんでした。
役目を終えたお守りを納めました。

こちらの交通安全のお守りは結構効くようで、買って5日後の昨日、早速効果が発動してしまいました。
文章でうまく伝えることができないのですが、簡単に言えば、合流直後の4車線道で、左側の車線を並んで走っていた車が、私の存在に気付かずに、元気良くこちらに車線変更をしてきて、私は対向車線に避けて加速して回避した、というものです。
普通なら完全にぶつかられている筈ですが、お守りのお陰で車はかすり傷ひとつ負いませんでした。
ドアミラーに死角があることを知らない下手くそは、公道を走らないで欲しいと思います。

私は危険予知運転に心掛けています。
今回も、左側車線に車両を見つけたので、前方の状況(2つ先までの信号の色)、対向車線の交通量(回避場所の確保)、後続車両の有無(被追突防止)を確認したうえで、左側の車両が幅を寄せて来た時に備えていました。
ここで、対向車が居た場合は、私は減速することになります。
対向車が居なかったので、私は左車線の車の動きに注意しながら除々に加速しようとしました。
でも、本当に車線変更をして来るとは。
速度は60km/h程度。
急ハンドルでしたが、ミシュラン製タイヤはしっかり頑張ってくれました。
すべては想定の範囲内でしたけどw

おそらく、K神宮の交通安全お守りのお陰です。
さて、お守りの効果はもう終わったのでしょうか?

仮面サイダー

仮面サイダーV3
湯あがりに

低燃費

マーチ

K13マーチ。
納車されてからガソリンを満タンにした後、約700km走りました。
再度満タンにして燃料消費率を計算したところ、22.1km/lでした。(カタログ値24.0km/l)
高速やでこぼこの雪道も走ったので、初回値としてはこんなもんだと思います。
普通に走れば、カタログ値ぐらいは出そうです。

ある事情があって

車、買い替えました。
マーチ
自宅から単身赴任先まで、約160km走りました。
平均燃費の表示は、25.3km/l(カタログ値24.0km/l)
上級グレードのアイドリングストップ機能付きのは26.0km/lですが、そこまでは無理ですw
街乗りを含んでもカタログ値ぐらいは出そうです、出ればいいなw
(マーチ12S、外気温:0~4℃、天候:晴~雪、スタッドレスタイヤ着用)

足回りだけは金をかけたかったので、ミシュランのスタッドレスにしました。
(夏タイヤは純正のタイ製ファルケン)
前の車は、3年2ヶ月の短命でした(泣)
何があったのかは聞かないでください。

大石静 著 『四つの嘘』

私は、NHKの朝ドラ「ふたりっ子」で脚本家としての大石静氏のファンになりました。
最近ではNHKテレビドラマ「セカンドバージン」の脚本を書かれています。

昔は酒に弱かった私が、正月用の"呉春"を大晦日の夜に紅白歌合戦を観ながらの家族団らんで一人で半分以上を呑み干し、残ったのを寮に持ち帰ってちびりちびりとやりながら「四つの嘘」を読みました。
そういえば、意識を失うまで飲んだのは、この十年で一回だけだったな・・・

男と女、もしくは女と女を描かせたら、大石静は日本でもトップレベルの作家だと思います。
本当に言ってはいけないのは相手を傷つけるだけの本当のこと。
相手を思い遣る嘘は構わないのです。
登場する四人の女性は、物語の最後ではそれぞれが幸せの手掛かりを得ることができました。
ちょんばれの嘘であるにしても、その嘘は真実以上に貴いものだと思えるのです。
最高の嘘に乾杯!

大石静氏は、物語の終盤でプッチーニのラ・ボエームを持ってきました。

二人きりになると、ミミはロドルフォに話しかける(「みんな行ってしまったのね」)。
ロドルフォが例の帽子を見せるとミミは喜び、二人の出会いと幸せな暮らしのことを語りあう(「ああ、僕のミミ」)。
しかしミミは再び気を失い、ロドルフォが声を出すと外で様子をうかがっていたショナールたちが駆込んで来る。
ミミは再び目覚め、ムゼッタが持ってきたマフで手が暖まると喜ぶ。
そのまま眠りにつくミミの側でムゼッタは聖母マリアに祈る(ムゼッタの祈り)。
ショナールがふとミミを見ると彼女はすでに息絶えていた。
そっと皆に知らせると、ロドルフォは周りのただならぬ様子に事態を察し、ミミの亡骸にすがりついて泣き臥す。
さきほどのミミが歌ったモティーフをオーケストラが強奏で繰り返して幕となる。
出典:wikipedia[ラ・ボエーム]

でも、「四つの嘘」はハッピーエンドですww
Blog Ranking
短歌フリーペーパー『うたらば』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
キリ番報告
40000キリ番の方→こちら
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
Present's by サンエタ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

DILI

Author:DILI
関西在住。平日は北陸方面で単身赴任中。
息子は、父の影響で大の鉄道好き。
用事が無くても電車に乗る。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。